ジンフィズGin Fizzはバーテンダーの裁量を試すことができる超スタンダードなカクテルだという話

公開日: : 最終更新日:2017/09/26 うんちく , ,

beef_eater.jpg

画像:カリカリのトロトロに冷やされたビーフィーター(BEEFEATER DRY GIN)肉食のオッサンという意味です。

今から20年位前。バブルの終焉に近い頃の物語です。

いろんな街にカフェバーやダイニングバーが生まれ夜な夜な大人の男女がお酒と会話を楽しんだ時代がありました。

ディスコやクラブで派手なファッションが流行する中アルコールを提供するBar(バー)も様々なアイデアを取り込み、料理を売りにしたり、映画「カクテル」に象徴されるようなパッションなカクテルを提供することで注目を浴びるお店が目だった時代。

その中でも日本には、スタンダートで老舗のバー。いわゆるオーセンティックバーというまじめで堅い雰囲気の世界がありました。

しかし、時代背景もあってか本格派寄りのバーテンダーの業界でも、カクテルの独創性を競うカクテルコンテストなどが開催され、全国の有名Barから多くのバーテンダーが参加しました。

オリジナルカクテルを発案し審査員が味を見定め独創性や味のバランス、そして細やかな客への気配りなどが配点され見事チャンピオンになったバーテンダーの所属するお店は雑誌の取材などで繁盛したものです。

個人的な印象では、そのコンテストは接客の質を問うものではなかったように記憶している。派手さと洗練度が評価されていたのではなかろうか。あくまでもPRの権利争いだったようなイメージだ。

そういう華やかな世界のバーテンダーはモテモテでバブル期を象徴する一過性の天下を感じるご職業に当たっていたのかもしれません。そんな時代の記憶です。

ではジンフィズのお話です。

本来まじめで質素な業界である日本の(オーセンティック)バーの世界で、派手なパフォーマンスを好まないある小さな町のバーテンダーが言っていたカクテルの話があります。

ジンフィズこそ、その店の姿勢を表すカクテル

ジンフィズが一番難しい…とも言っていたような気もする。。

GIN FIZZ…それは12オンス程度のタンブラーに程よい氷とジン、そして砂糖を加え炭酸で割るカクテル。

そんな簡単でスタンダードなレシピのカクテル。

非常にシンプルで古臭いカクテルの名前だ。(昭和60年代で古いカクテルとして若者には好まれなかったカクテルだが昭和50年代には大人気のカクテルで古いバーテンダーはジンフィズについて同じような表現をする人も多かった)

当時の40代~50代の大人が時折その名前を注文する程度で大衆顧客を無作為に集めるチェーン店や派手な集客を行うカクテルバーでは非常に扱いが低いジンフィズ。

今で言うところのチューハイレモンのような扱いか。。

味もけったくれもない。そんなポジションの超がつくほどスタンダードなカクテル。

ある街のバーテンダーは言いました。

ジンフィズをおいしく作れるバーこそ最高のBarだ。

当時の僕には意味がわからなかった。

どういう意味か尋ねると

バーはお客様一人ひとりにあったサービスを提供できる場所だ。

常連のお客様でも一見のお客様でも会話やしぐさの中に今の状態に合うお酒を提供できるヒントが必ず存在する。

そういったお客さまの状態(食後であったり食前であったり、辛口好みの常連であったり、甘口好みの女性だったり)をできる限り察知する接客を心がけている。そしてお客様一人一人に合った一杯を提供する。

と語った。つまり

一環してお客さまの空気を読んでいる

というのだ。

面倒くさい話だ。

実際に注文が入ったときのこと…

バーテンダーは今からそのシンプルなジンフィズというカクテルを作る。

ベースになるジンの選択が始まる。

ドライ目のビーフィーターか?あっさり目のボンベイサファイアか、はたまたタンカレーのような辛口さっぱりにするか。

砂糖の量は食後ならやや多めに、食前なら控えてレモンを多めにするか。

炭酸の量は氷の大きさは…。

レシピを超えた調整(サービス)を提供するのです。

(※ちなみにこの店ではお酒を一杯提供するたびに氷を包丁でカットしていた。まるで豆腐のように氷をカットする姿は職人そのものだった。)

そのように、たった一杯のカクテルを提供するだけ。

その行為の中で、そんな目に見えない気遣いを誇りに思っている、やや頭の固いバーテンダーだった。

同時にこれが彼の信念でもあった。

バーテンダーいわく、

こういう気持ちのもとに作られたお酒を提供できるスタッフの存在するお店こそが

良いバーである。

そう語った。

彼のサービスへのこだわりは、もちろん多種多様なほかのカクテルについても同様だった。

ストレートやロックのウィスキーにいたるまで注ぎ方やゲストの目の前に置くまでの丁寧な演出すら忘れない。派手さこそ持ち合わせていないがそんな頑固で無骨なバーテンダーだった。

決して万人がそのような堅苦しい厳かなサービスを望んでいるわけではない。

当時の僕は反論的に思ったものです。

しかし、派手さを売りにする商売もあれば堅実の奥深さを追及するサービスもあるのだと、その姿をただ横で眺めていた。

接客業という仕事。その基本はサービス(召し使える)という言葉の語源をどのように再現するのか。

ビジネスゆえ表現の違いはあれど、こういったまじめ路線で継続するお店はなかなか利益が着いてこない。

しかし、自分だけの時間

そして美味しいお酒

これらを忠実に体感できる酒場を探す人も世の中には存在するのだろう。

バタバタと閉店するバーが多い中、小さな町に生まれたあの店はすでに営業20年を超える老舗になった。

ジンフィズ。

最近めっきりその名前を聞かなくなったカクテル。

今度、どこかのバーで頼んでみようかと思う。

流れる時間を贅沢に過ごせる。

そんな自分好みの店を探すために…。

ジンフィズのベースにオススメのドライジン

ビーフィーター
スタンダードながらもドライで切れのあるジン

タンカレードライジン
ドライを極めたいならタンカレー

ボンベイ・サファイア
透明感のある飲み心地とドライテイストの融合

ゴードン
スタンダードで味わい深いドライジン

■時代背景の参考資料 映画 カクテル トムクルーズ主演。

スポンサーリンク



関連記事

男は黙ってサッポロビール|就職難の現代と20年ほど前の日本の面接

男は黙ってサッポロビールCM。昭和45年、今から40年も昔のことだったんですね。

記事を読む

ファミマの恵方巻

恵方巻と太巻き、巻き寿司の違いを調べてみた【節分】

日本では2月の節分になると「鬼は外〜」の豆まきというイベントに加え、その年その年で縁起の良い方向を向

記事を読む

たこ焼き器 家庭用

たこ焼きにワサビ入れると美味しい(ソースたこ焼き)

春休みで子供が家でたこ焼きを作ってたため、ついでにちょっといただいた。 「この中に当たりあるで

記事を読む

娘にボンボンベッドの名前の由来というか語源を聞かれたので答えたった

2015年7月21日海の日、関西地方は晴天でした。 夏休みの習慣的行事で子供を連れて福井県若狭

記事を読む

IWCメカニカルフリーガークロノグラフ

IWCメカニカルフリーガークロノグラフ15年オーバーホールなしで正確に時を刻む愛用の機械式腕時計

1998年に新婚旅行で妻に買ってもらった腕時計IWCのメカニカルフリーガークロノグラフ。当時、流行も

記事を読む

神社とお寺の違い|覚えておきたい23個の参拝マナーQ&A風まとめ

テレビでやってた内容でお寺と神社の違いとマナーをやってたのですが、確実に忘れそうなのでまとめ

記事を読む

魚の骨がのどに刺さった時の対処法まとめ|自己責任でとる方法

魚の骨って本当に突然刺さりますよね。 魚の骨がのどにささった場合、基本的にはは病院にい

記事を読む

Tバズルの解答写真です|The Tというホテルや旅館にある木製パズルの答え

閲覧注意   せっかっくのパズルですから安易に回答を見るより考え抜いて

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



オーディブログ記事まとめ
オーディブログのレビューまとめ愛用してきたオーディオ機器の一覧

オーディオにハマり、ひどく散財したけどいい音が出る環境は残りま

ICOSの蓋ツメ折れとサポートの対応
アイコス蓋のツメ折れ閉まらない故障でサポートセンターの塩対応にやむなくDAISOのゴムバンド使用

現在、タイトルのまんまの状況でございます。 IQOSサポートセン

Pioneer RAYZ SE-LTC3Rノイズキャンセリングでいい音するイヤフォンの試聴レビュー

買ってないものをレビューするのはイヤなのですが、 ちょっとイイも

伸縮式テーブル脚のレビュー
IKEA伸縮式のテーブル脚でPCデスクの高さ調整すれば腰痛もおしり痛もサヨナラ

今回買ったのはこのIKEAのOLOV伸縮式のテーブル脚です。

7.1chサラウンドヘッドフォンの解説
7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みとゲーミングヘッドセットの選び方USBか3.5mmジャックどっち?

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みと選び方USBか3.5mmジャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑