ディスマスDIS|MAS百科事典言葉アフィリエイトの登録方法と成果の出る方法

DIS|MASディスマスアフィリエイトという新しいタイプのアフィリエイトが出来ました。

言葉アフィリエイトといって、webページのテキスト内にDISMAS百科事典の情報ページへリンクするリンクコードを埋め込むタイプのもの。ディスマスというのはwikipediaの情報を活用したwebサービスなので言葉の種類は日に日に増加していくものです。

少しわかりにくいでしょうか?

これ、例えるなら無料ブログのSeeSaaなどを使って場合に自動的に記事内の特定キーワードにリンクが生まれるのと同じです。

言葉アフィリエイトDISMASディスマス登録審査は無し

とりあえずメールアドレスでアカウントをつくるだけで即アフィリエイトを開始できます。

サイトの提携申請も不要なのでどこでもアフィリエイトタグを貼れる手軽さが注目を浴びています。

http://www.dismas.jp/

アフィリエイト報酬を得るには

DISMASアフィリエイトの管理画面で専用のリンクコードを自動生成します。
例えばブログ記事を書くのであれば、全文をリンクメーカーに貼り付けることでディスマス百科事典内のページ下リンクが生成されるため簡単です。

管理画面

2010-09-20 10-17-20.jpg

※自動で生成されるディスマス百科事典へのリンクも自分の好みで減らすことができる。長い文章などでは調整したほうがよさそうだ。

どんなサイトが成果を出しているのか?

テキストリンク形式で特別記事リンクを利用される場合、文章中のリンクはある程度数をしぼった方が効果的なようです。DIS/MASメンバーズプログラムの特別記事リンクは基本的に百科事典記事へのリンクになりますので、文章を特徴づけている固有名詞や、一般には知られていない専門用語などに絞ってリンクを挿入したほうが、重要なリンクに注目が集り、成果が上がりやすいのかもしれません。
リンクメーカーを使用した場合、文章によっては大量の特別記事リンクが挿入されることがありますが、リンクメーカーの編集エリアで不要な特別記事リンクは削除できます。

そのほかには、DIS/MASメンバーズプログラムの特別記事リンクが百科事典記事へのリンクということもあり、物語性が強い日記などの文章よりは、趣味・健康・スポーツ・科学・IT・歴史などを取り扱った学問性や専門性の高い文章の方が成果を上げているように見受けられます。これは文章自体が百科事典記事と親和性が高まりやすいことや、特徴的な固有名詞や専門用語などがバランスよく挿入されやすいことが要因かもしれません。

DIS|MASディスマス百科事典アフィリエイトより

ということで、今までで一番簡単なアフィリエイトの誕生です。

実際の活用方法 言葉アフィリエイト

実際にameba、Seesaa、FC2、ジュゲムなどの無料ブログで試してみましたがクリックで報酬が発生するということでアクセスの多いページを主体に過去記事なんかに活用すると面白いかもしれません。言葉アフィリエイトということでテキストさえあればOK。過去記事は有効活用したいですね。

成果報酬の単価は1クリック0.1円とかの水準だと思われますが、日記ページやブログなんかで気軽に大手ブログシステムのようなテキスト広告を挿入できるサービスなのでページビューが多い少ないにかかわらず試してみたいサービスです。

参考:
DIS|MASディスマス言葉アフィリエイト登録

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク