DMMのペニーオークションで落札できた体験談とペニオク比較人気一覧

2010-09-02 4-03-36.jpg

先日のペニオク初体験記事ではいったんあきらめたかのような書き方になりましたが、あれから10時間後、お目当てのNEX-5ダブルズームレンズキットをなんと8,037円で落札できてしまったので体験談を書き残しておきます。

DMMオークション

実際の落札価格はもう少し高い

画像にもあるように

落札金額8037円

ポイント合計16,030円

ということで投資した金額は合計24,067円です。

2010-09-02 4-10-19.jpg

それでもこのニューモデル(流通価格80,000円前後)を手に入れるには安すぎる金額。70%オフです。

本当に欲しかったのでラッキーでした。

まさにビギナーズラックというやつです。

だいたいの想像で試したのですがペニオクは指値なのか…の記事のとおりちょうど落札可能になる価格帯が存在するようです。

あとは競合の人たちがどの程度ポイント消費したところで息絶えるか?を読み取る恐るべき心理戦に突入します。

本気で欲しい商品があれば挑戦するべきでしょうが、それでもかなりギャンブル性は高かったです。途中で2回泣きました。

ペニオクのシステムについて

ペニーオークションが動作するシステムが普通に販売されています。その結果、最近はペニオク業者がわんさか生まれてきているのです。

つまりペニオクのシステム自体はどこも同じものを使っている。当然自動で入札しまくるサクラBOTも存在するはずです。

しかしながら、先日の記事の想像が外れていなければ1円オークションなどで落札しやすい金額を計算することも可能なのかもしれない。

運営元がそれなりに利益確定したあとが人間対人間の勝負

0円でスタートして1円や5円ずつ落札額が上昇していくペニオク。

1入札には70円のポイントが1ポイント必要。つまり100回入札したら落札できなくても7,000円の損失になるわけです。

商品自体に100回入札で100円値上げしたところでほかの参加者から見ればまだまだ激安の域を出ていない商品価格。

ペニオク運営元がさまざまなコストを鑑みてポイント収入をどのあたりに設定しているのか想像することが参加するユーザーの心得になります。

80,000円の商品を落札する例

1円上昇に1ポイント70円が加算されるとして単純計算で1200円の落札価格を越えたあたりからが人間対人間の勝負どころとして考えたほうがいいでしょう。(今回の場合7000円くらいから激戦でしたが…)

参加してくる人間が少ないほうが落札できる可能性はあがります。

つまり今回のDMMペニーオークションは参加者が異常に多いので苦しかったということになるのでしょうか。

どちらにせよ、運営元の利益確定後に落札されているはずなので過去の落札商品の金額を参考にするのが賢明ということになります。もちろん他社の運営するペニオクでの落札価格も比較対象になるでしょう。

感覚的にいうと

1円オークションなら

5,000円超えたあたりからウォッチリストにいれて勝負

という感じですね。

ライバルたちの自動入札のポイントが息切れして手動入札が増えてきたら参入する感じです。

今のところ必勝法はこんな感じです。

ただしDMMオークションでの話です大手ですし。

ペニーオクション比較用リンク

ペニオクを簡単に比較できるようにリンクを張っておきます。今回僕が利用したのはDMMオークション。あのDMMが運営しているとあって一応信頼して参加しました。ただ、参加者が多すぎてポイントを損失するケースが多いのも事実。もう少し参加者が少ないところが狙い目かもしれませんね。どのみちサクラがいる前提で計算してチャレンジするべきでしょう。

ペニオク比較人気一覧

どこの業者も1回の入札に1ポイント(70円~75円)必要になります。支払ったポイントは返ってきません。入札に適した価格を読み取ることが重要になります。

  • 楽々落札?最強オークション「楽札」
    1コイン(ポイント)50円となっているので実際の落札にも投資額は少なめになる傾向がある。競合はほどほどに多い。自動入札で勝負をかけたいところ。
  • ポケオク
    商品充実度が高い人気のポケオクサイト。DMMと同様のシステムをいれている雰囲気。オープンしてまだ間がないので競合は少なめと思われる。
  • ワールドオークション
    最近始まったばかりで画面もパっと見た感じ怪しい。ただしアカウントが「終了」とか「最強ポイント」とか心理的に攻撃をうけるものがない半角アルファベットなので意外と安心感があるのかもしれない。
  • DMMPオークション
    1ポイント70円で1000円ごとにポイントを購入できる。クレジットカード必須なのが難点かもしれない。参加者が多いので運営元に対する疑心は不要だが落札に際しては相手が多すぎて苦労する場面も多い。

ほかにもたくさんペニーオークション業者はありますが、まずは1箇所で落札金額を見極め参加者の少ないペニオクを狙っていくのがいいかもしれません。

ペニオクはギャンブルそのものなので気をつけてください

ペニーオークションの落札後の商品配送

2010-09-02 4-23-25.jpg

DMMのようなシステムの場合(どこも同じですが)、商品自体をペニオク業者が在庫しているわけではない。

商品発送はamazon経由で送られてくる。

今回もNEX-5の納品はamazon経由で佐川急便。なんと落札後翌日に届いたので本気で驚きました。ヤフオクよちも楽天ショッピングよりも早い、さすがアマゾンです。

以上、非常に落札に精神力がいるペニーオークションですが、激安で常時落札されているだけあって参加者が増えると大変かもしれませんね。FXで利益確定するより難しいです。ギャンブル性が高いのでいきなりたくさんのポイント購入は控えましょう。

まずはお試し程度で。。

週末はペニオクで会いましょう。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク