TAMRON A09撮影サンプル

F5.6 SS1/125 EOS5DMK2 TAMRON A09

ピントはAF使用、亀の石段あたりへオートフォーカス(無限遠状態)でパンフォーカス撮影。

とてもシャープな印象のレンズ。解像もF5.6なのでわかりにくいけど、等倍でみれば山の細かいディテールまで映っている。

夕暮れ時で絞りきれなかったけど手持ちでここまで写せる。

5Dmk2のMサイズで撮影してるがkのレンズならLサイズ(2100万画素)でもしっかりと描写できそうな印象。

フルサイズ用ズームレンズの中でも最も人気が高いレンズというのもうなづける。

A09で夜景撮影

京都の夜景

露光時間30秒 F8 EOS5DMK2 TAMRON A09 三脚使用

ピントは五重塔に合わせた無限遠パンフォーカス。

いいレンズです。

もうLレンズは必要ないかも。

おまけ

EF85mm F1..8で夜の散歩

格子戸の向こう側

格子戸の向こう側

開放F1.8手持ちなので少しブレてます。

格子戸越しのお茶屋さんの中。

 

 

掲載写真はflickrで等倍確認できます。

レンズ描写のサンプルになればと思います。

関連記事 タムロンA09 SP AF28-75mm F2.8 TAMRON

 

【スポンサードリンク】

手軽な防音対策方法
近隣への迷惑な音を少しでも和らげる方法
マンションでの近隣迷惑になる防音対策