コンパクトデジカメの画質はデジタル一眼をも凌駕する領域がある|Powershot G11 vs EOS5D MarkⅡ

画質サンプル1

Powershot G11画質サンプル

画質サンプル2

EOS5D MarkⅡ画質サンプル

被写体をテキトーに身近にあるものにしてますが、この写真(flickrで大きく確認可能)はコンデジで撮った物?デジイチで撮った物?わかりますか?

※ホコリがついてますね、スイマセン。

コンパクトデジカメの最高画質ならシャープさで一眼レフにも負けない

先程の画像、ぱっと見てどっちが一眼でどっちがコンデジか分かる人はかなりデジカメマニアな人でしょう。

ホワイトバランスが違うのと最高画素数が違うので一概に比較はできない部分もありますが、そのへんはご了承ください。

要はパソコンで見た場合の見た目で比較してみた一例です。

では、

1枚目の写真がコンパクトデジカメのPowershot G11

2枚目がEOS 5DMK2で撮った物。

撮影方法は

Powershot、5DMK2ともスピードライト430EX2を装着

Powershot
SS 1/200 F4.0 ISO80 ホワイトバランス カスタム

ピントは面倒なのでオートフォーカスで画角は35mm換算で50mm付近。

5DMK2
SS 1/200 F11 ISO800  ホワイトバランス3900K

レンズ EF50mm F2.5コンパクトマクロ マニュアルフォーカス

といった感じ。

5DMK2のISO感度はLでも1600程度でもこの明るさなら合焦部分のシャープさに違いは出ない(ストロボ使ってるので)

レンズはEFレンズの中でもことシャープさにかけては右にでるものがないといわれるほどシャープな描写を見せるコンパクトマクロ。絞りも画質低下(回折現象)が起こらない限界のF11まで絞っている。

この条件で写真の合焦部分を比較するとコンデジも一眼も差が無いように感じる。

※合焦部分に違いがあります。EOSはフィルターのKENKOテキストあたり。G11はレンズの24mmテキストあたりになってしまった。テキトーな部分もあるのでご了承くださいね。

画質って何?

画質っていったい何なのだろう。。

最近思う。

個人的にはシャープな画質(輪郭がクッキリしたもの)を好むのでコンデジが好きだ。

一般的にはふんわりボケ始める一眼レフの高価なレンズの画質を高画質というのかも知れない。もちろん、絞り込んでパンフォーカスで風景撮ったときのシャープさと滑らかさ加減は良いレンズと大型センサーのデジイチが格段にいいに決まっている。

ボケの発生具合の画質やセンサーサイズによるノイズの出方などの画質比べはここではしていない。

それぞれの持てる条件をある撮影場面に合わせただけだ。

このようなマクロ域(近接撮影)で被写体の全体をシャープに写し切る場合ならコンデジのほうが有利だ。

センサーが小さいため合焦部分前後の描写もクッキリしがち。

対して一眼のほうは絞り込んでもかなり合焦部分近くからボケ始める。

近接撮影で小物をぼかさずに撮りたい場面があって

余計な色収差とか目立たない被写体ならコンデジで撮影したほうがいい場面もたくさんあるかもしれない。

まあ、こんだけ絞ってたら収差も出にくいけどね。

コンデジはスゴイ!

所詮コンデジの画質なんか知れてるで!

と以前どこかのカメラマンに言われたけど

デジタルの世界ではいろんな機能が進化しているので

知らないうちにスタンダードな撮影方法も変わってるのかも知れないですね。

コンデジ恐るべし。

ただし、ISO感度100未満の設定が出来るものに限りますね

なんだかんだ行ってもコンデジはISO100超えるとノイズがでやすいのでこういった80とか50のISO感度が出せるコンデジで外部ストロボを使えるコンデジなら一眼と互角だということです。

ISO感度80で外部ストロボも使えてマニュアル露出可能なPowershot G11恐るべしといったところでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク