2012-11-12 16-04-52.jpgWindows surfaceの米国版を触らせてもらいました。

OSは日本語になってます

このWindows8タブレット、触れてみた最初の感想は

「重いw」

という感じです。(重量的に)

 

Windows surface動作チェック Windows8タブレットはこんな感じ

とりあえず、触ってる様子をyoutubeに動画でアップしてます。

WindowsのマークがiPadなんかでいうところのホームボタンみたいな役割。

パソコン版のWindows8と何ら変わりないOSのインターフェイスです。

タッチ感はどうか

ちょいレビューですが、

タッチ操作はめちゃスムーズです。

iPad慣れしてる人でもスムーズに感じるくらいグラフィックもなめらかなんじゃないでしょうか。

ただし、今までのWindows同様の「デスクトップ」モードの際はタッチで操作するにも狙うべきポイントが小さすぎて使いにくく感じるかもしれません。

タブレット向けのUIモードで使い慣れるべきなんでしょうね。

重く感じるガタイとキーボードの存在

最初に手に持って、付属の画面カバー兼キーボードの存在が??となりました。

従来のパソコン的に使うのであれば必要かもしれませんが

iPadとかAndroidのタブレットに慣れた人だと画面操作での入力のほうが便利に感じるかも知れません。

デフォルトでExcelとかWordのプレビューアプリがインストールされてますが

個人的には、この小さな画面で表計算とか編集したいとは思わないなあ。

iPadやAndroidタブレットの使い勝手のよさは動画サービス見たり、webを寝転んで見たりするときに「ありがたさ」を感じやすいんで、このカバー兼用キーボードって使わないだろうなあと思った。

全体的に見て、ぱっと手にとった瞬間の

「重いなあ」という印象が強く、

現時点ではまだWindows8やSurfaceそのものをうまく活用出来るシーンが思い浮かばない。

しかしながら、ラップトップでのWindows8がものすごく普及したりしたらWindowsタブレットもすごく便利な環境ができたりするのかも知れませんね。

今はまだ未発達なだけで

実はスゴイ!

のかもしれない。

【スポンサードリンク】


手軽な防音対策方法
近隣への迷惑な音を少しでも和らげる方法
マンションでの近隣迷惑になる防音対策