禁煙パイポ喫煙歴26年のヘビースモーカーです。

禁煙といえば禁煙パイポ

昭和に生まれ育った自分の印象ではこれが一番お手軽な禁煙グッズではないかと思う。

昨日近所のコンビニで購入 3本セットで268円

タバコより安い。

2014年5月14日

早く起きて清々しい五月晴れの朝

いつものように寝起きのタバコ一本を吸おうと思うが箱の中身が空っぽ。

朝起きて箱の中身がなくなってる=タバコやめとけという神のお告げ

何度となくこういうこと考えてしまってたけど、今回は行動に移してみた。

まずは行動ということで手軽にGETできるパイポをコンビニで購入。

パイポ購入から4時間後

結局また煙が欲しくて喫煙を再開した。

初の禁煙活動は4時間で終了。

タバコやめるくらいなら最初から吸わないと決めていたが

20歳から喫煙を始めて周囲では30代、40代でタバコを辞めていく人も多い。

個人的にはタバコは一生吸い続けるつもりだったけど、最近体調も芳しくなく年齢のせいか体力も衰えている。運動不足だし。

単純に体力面の低下を意識しだすと体力面でマイナスになるであろう喫煙にもならかの対策が必要と考えてしまう。

1日の平均喫煙本数40~50本(2箱ちょい)

自分の喫煙本数は平均して1日40本、お酒飲むと60本超えるときもある。

完全に吸うことが習慣になって20年以上の時を経ている。

今さらタバコやめるのもどうかと思うけど、最近吸いすぎて美味しく感じない時も多い。

いっそ病院で禁煙治療をうけるかと考えたけど

病院が嫌いなので足が遠のく。

病院での治療は喫煙者独特のニコチン依存を対処するものらしい。

さらに禁煙治療は2週間に1度くらい病院へ通わないといけない。

これも面倒くさがりの自分には無理。

病院ではコンサル受けて禁煙パッチやガムをくれるらしい。

じゃあ通わずに同じ禁煙パッチやガムなんかを使えばニコチンへの依存は弱まっていくはず。

ニコチン依存というのは自覚はないけどネットで診断してみると自分の場合完璧に依存症のようです。

あ、

タバコ吸ってしまうオレ

これ書きながらまたタバコに火をつけてしまった。

周囲を見ていてもパソコンの画面見ながら作業してタバコ吸う週間がある人ってタバコやめるの無理だと思う人が多い。

完全な禁煙活動は無理でも少しずつ変えていく行動を

自分のことはよくわかってる部分もあるので

いきなり完全禁煙なんてやっても禁断症状出て余計な方向へ走ってしまうかもしれない。

いきなり病院行っても面倒なので薬だけもらって通院は絶対にしない性格。

一般的な方法で26年の喫煙習慣から抜け出すのは容易ではないはず。

ならば考え方を変えてみて

ニコチン依存は薬で抑えられるみたいだけど、咥える習慣に対する咥える依存症は治りにくいのではないかと勝手に想像。

ガム噛んだり歯磨きしたりで口元の寂しさを紛らわせてください。

なんて禁煙サイトに書いてたりするけど

そんなの絶対無理

ヘビースモーカーはニコチン依存と同等かそれ以上に咥え依存症なのです。

そう

咥えん坊将軍なのです。

なので

咥える行為への依存をタバコではなく禁煙グッズでごまかして

咥える依存症を残したままニコチン摂取量を少しずつ減らす作戦

これをヘビスモな自分の最初の禁煙活動と位置づけて初めてみようと思う。

ということで

続くかどうかとかどうでもよくて

禁煙グッズと喫煙をおりまぜながら生活してみるとその先どうなるのか?

というのを

たまにここに記録していこうと思う次第です。

個人の日記ブログなのでまた何年か先に読み返してみると面白そうだなと思っての挑戦です。

序章 END

【スポンサードリンク】


手軽な防音対策方法
近隣への迷惑な音を少しでも和らげる方法
マンションでの近隣迷惑になる防音対策