XQ1レビュー|小さくて軽い初のFUJIFILMコンデジ画質はまあまあ

公開日: : 最終更新日:2017/06/04 カメラ, スナップ写真, デジカメ, レビュー , , , ,

XQ1

個人的に初のFUJIFILMデジカメ。 XQ1を購入した。

使用1か月後のレビューはこちら

とにかく毎日いかなる時もカメラ持ち歩いてるので小さくて軽いカメラは必須。持ち歩きはEOS5D2に始まりAPS-Cやら何やらどんどん持ち歩くカメラが小さくなっていく。最近はパナソニクのGX1に14mm単焦点つけて不動のメインにしてるけど、接写などによく使う愛用のコンデジはPowerShot G11。しかしながら長年使ってると沈胴式レンズにホコリが入って近接撮影に支障が出だした。修理すれば使えるんだろうけど背面のダイヤルも調子悪い。

何年ぶりかにコンデジを物色し、センサーサイズ1インチのSONY RX100シリーズとPowerShot S200、そしてFUJIFILMXシリーズを比較してみた。

価格の問題もありコストパフォーマンスのいいFUJIFILMのXF1を購入したが、見た目はいいんだけど電源ONに時間が掛かる。SONYもCanonもコンデジの起動は遅い。

遅すぎて子供撮影や街角スナップでは個人的に使いものにならない。古いG11は起動速いのにSシリーズは新しくなっても起動が遅い。

今回のコンデジ比較で自分が重視したポイント

  1. 電源ONで起動が速いこと
  2. センサーサーズは1/1.7インチ以上
  3. 価格4万円未満
  4. 重量(とにかく軽いことを再優先)
  5. 小さい子と(サイズ)
  6. Wi-Fiスマホ連携
  7. できれば画質が良いこと

といった7項目

その結果FUJIFILM XQ1を購入。

RX100M2はNEXシリーズと同様起動が遅すぎて使えない。画質の面はNEXで十分だし、RXはこの3つのモデルで比較すると重たい。画室は一番いいけど重くて遅い、そしてやや高価なのでダメ。

PowerShotのSシリーズはS90くらいまでのCCdセンサーならいいんだけど裏面照射のCMOSになってからjpegのシャープさに欠けるので好みじゃない。軽くて小さくてすごくいいんだけど起動が遅いS90以降の全モデル。

FUJIFILMはXF1を買ってみたけど起動が面倒(ダイヤル回して電源ON)なので即売却。

後継機種のXQ1、これ起動がめちゃ速い。電源ONでスグ撮れる。本格的一眼レフほどではないけどコンデジの中では一番速いんじゃなかろうか。そして軽い。バッテリー、SDカード込で200g。価格もこなれて安い(3万円前後)。

ということでXQ1を選択。

最近はいつも胸ポケットに忍ばせて持ち歩いている。

画質はイマイチ(G11に比べるとローパスレスのわりに解像感が無い)

ダイナミックレンジはコンデジの中ではまあまあだけどCCDのG11を使い続けてるので晴天の屋外以外では画質でPowerShotには勝てない感じ(同じようなセンサーサイズでCCDと比べるとノイズがひどい)

画像処理が進んでもこういうのって低価格ではなかなか埋められないんでしょうね。

やっぱCCD時代のPowerShotG10やG11、G12は名機だと今だに思う。

というか最近のコンデジはレンズをF1.8とかワイドを明るく振ってるせいで風景写真で解像感なくなってるモデルが多いと感じる。草むらや木々の葉をカチっと撮りきるカメラは今のところ無い。なんというかどのカメラも線が太い。シグマのmerrellの画質が好みだがあれは重いし遅いし。。コンデジはローパスレスだとかF1.8とかもいいけど普通に風景をしっかりと解像出来るレンズつけてほしいなと思う今日このごろ。

画質には不満が残るけどまあ、最近のモデルでは唯一満足度が高いXQ1。

とにかく小さくて軽い!

XQ1はとにかく小さい

起動が速い、軽い、小さい、安い、画質はそこそこ。

そんな感じ。

画質求める時はマイクロフォーサーズの軽いシステムで撮るとして普段持ちはXQ1にするというのが最近の自分スタイル。

撮影サンプル

次に買い換える時の画質サンプルとしてフルサイズでアップしておきます。

※ブラウザにもよりますが右クリックから画像だけミルなどすればフルサイズの画質をご確認いただけます。

DSCF0263F4.9 ビビッド

DSCF0272F1.8 ビビッド

ズームのチェック

DSCF0310広角端 F4.5 ISO100

DSCF0311F4.9 ISO100

光学望遠端

DSCF0312F4.9 ISO100

デジタルズーム最大倍率

DSCF0313  超解像デジタルズーム最大倍率

ボケの雰囲気

DSCF0383F3.6 ISO100

前ボケ

DSCF0384背景ボケ F3.6 (白昼は開放で撮影出来ないため)

DSCF0406開放F1.8接写の雰囲気

ちょっと残念なところ

シャッターズピード1/4000とスペック表にあるのに晴天白昼で開放F1.8で撮影するとSS1/1000までしか出ない。なので晴天昼間は絞り込んで撮影するしか無い。

Wi-Fiでスマホ転送できる機能があるが転送用アプリのほうがまともに動作しない(iPhone)のでFlashAIRを使ってる。

とはいえ、これだけ手軽に軽快に写真をパシャパシャ撮れる高性能コンデジはなかなか他にはないと思う。

いろいろ使い切れてない部分もありますが、動画も手軽に撮れるしiPhone並に軽い。XQ1、しばらくは相棒にしようと思います。

サブ機とかブログ用に軽くてそこそこ画質のデジカメ探してる人にはオススメです。

スポンサーリンク



関連記事

Apple MusicをAirplayでDAC接続して高音質再生ますます便利になるネットワークオーディオ

なんだか今日からApple Musicが始まったようで、、。 毎月アルバム100枚ずつ購入して

記事を読む

no image

バリアングル液晶で撮影しやすいプロの技|俯瞰(ふかん)と煽りのテクニック

俯瞰とは…?これ俯瞰撮影のサンプル。 高いところから見下ろすことです。つまりヤフオク

記事を読む

no image

ネオ一眼とやらDMC-FZ150という型落ち高倍率ズームデジカメを使ってみたレビューです

PanasonicのDMC-FZ150というセンサーサイズはコンパクトな1/2.33型 見た目

記事を読む

RCAライン入力切替器にマスプロAVセレクターVSW41を導入してアンプ&スピーカーを好みのジャンルで聞き分ける

LUXMAN L-590AXが来てその価値を見極めるべく今手元にあるデジタルアンプ、真空管ア

記事を読む

VAIO Pro13MK2レビュー

VAIO Pro13 MK2レビュー買い替え初代モデルよりも頑丈で雑に扱えて助かる

お気にリのVAIO PRO13(初代)が一年半ほどの使用でCPUファンから異音が発生。 その後

記事を読む

ホテル浦島口コミレビュー

初めてのホテル浦島と忘帰洞&インターネット回線についてEMOBILEは余裕でつながりWiMAXは圏外でした

以前から一度行ってみたかった和歌山県勝浦温泉に浮かぶホテル浦島 大阪市内から車で5時間~6時間

記事を読む

バルで飲んだサングリア

バルで飲んだサングリアSUNTORYロゼが美味しいサイコー

最近はまってるお酒といえばサングリア 近所のディスカウントで安いワイン(750ml 3

記事を読む

no image

Powershot G11とスピードライト580EXⅡ|430EX2ワイヤレス多投光

※写真:Powershot G11 スピードライト580EX2と430EX2ワイヤレス投光 pho

記事を読む

USBパワーコンディショナー

AV機器の音響性能がアップするという希少USBパワーコンディショナーの効果レビュー

パナソニックのブルーレイDIGAの最上級モデルとピュアオーディオSC-PMX9LTDに標準で

記事を読む

LUMIX G7に14mmF2.5とワイコンの画角テスト

LUMIX G7と14mm/F2.5にワイコンDMW-GWC1装着テスト動画と写真

ワイコンつけて映像がどんなものか?テストしてみた。 結論は動画の最後で言ってますが、、

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



7.1chサラウンドヘッドフォンの解説
7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みとゲーミングヘッドセットの選び方USBか3.5mmジャックどっち?

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みと選び方USBか3.5mmジャ

iTunesイコライザー設定ヘッドフォン編
ヘッドフォン用のiTunesイコライザー設定オススメSHURE SRH1440でJAZZの場合

先日、iTunesのイコライザー設定について書いたのですが、自分で見て

144Hz対応DellゲーミングモニターS2716DG 27インチWQHDのレビュー
144Hz対応DellゲーミングモニターS2716DG 27インチWQHDのレビューPUBG用のディスプレイ

じゃん! 買っちゃった。 ゲーム用の144Hz対応

iTunesのイコライザーについて
最強iTunesのイコライザー設定は部屋次第スピーカーユニットの性能グラフを見て決める

久しぶりのオーディオ日記です。 最近、問い合わせフォームや知人か

お尻が痛くならない椅子を求めてDXRACER ゲーミングチェアのレビュー車のシートをイメージするなら期待しない方がいい

普段はソファとかテキトーなところに座ったり寝転んだりしてノートPCを開

→もっと見る

PAGE TOP ↑