開放型と密閉型の違いオーバーイヤーの心地よさ【レビュー】audio-technicaオープン型ヘッドホン ATH-AD900X

2015-03-25 3-23-08

娘の電子ピアノ練習用に開放型のヘッドフォンがいいなとオーディオテクニカのオープン型ヘッドホン ATH-AD900Xを。

というか本当は自分用。

前回入手したゼンハイザーのMOMENTUM密閉型ヘッドフォンが思いの外好みの音ではなかった。

そして自分は耳が立ってる方なのであれは長時間聴くには辛い。

オーバーイヤーじゃないと耳も痛いしね。

自分は耳がでかいのでゼンハイザーはオンイヤーにしかならなかった。

しかもあの日ブログ書いた直後に壊れた。

アンプ経由で大音量再生したらジジジジというノイズが出てご臨終。

こういうのは注意書きしといて欲しい、アンプ経由で使わないでねとか。。

やはり長時間音楽聞くなら開放型ヘッドフォンが最高

今までは半密閉タイプを長らく使ってたけど最近やたらとスピーカーで音楽聴くようになって、どうしても密閉型とかのこもった音が嫌で嫌で仕方ない。

いくら高級機を視聴してもこもってる。(個人の好みだけど好きじゃない)

10万円クラスのモニター用で高いのはたしかにすべての音が分離してしっかりと音圧あるけどDTMするわけじゃないんであの密閉のしんどさはやっぱり長時間音楽聴くには辛い。吐きそうになるから。

密閉型だとDTMで作品作ってもいちいちスピーカーと音の出方の違いチェックするの大変だったりする。

学生時代の過去の苦い思い出がよみがえる。

開放型はとにかく自然で心地いい音が聞こえる。

2015-03-25 3-23-29

耳の周りをすっと囲んでくれるオーバーイヤーのパッド部。

ベロア地っぽい起毛のイヤーパッドが心地よく長時間の音楽鑑賞も全く苦にならない素晴らしいヘッドフォン。

ウイングサポートというのかな?この頭支える部分もめちゃナチュラルで心地いい。

このaudio-technicaオープン型ヘッドホン ATH-AD900Xは53mmドライバーという大きなスピーカーユニット搭載で見た目は大きい。

しかしその分音の広がりはカナルタイプにも密閉型タイプにも絶対に実現できない音場感がある。

簡単にいうと

良いスピーカーで聞いてる感じに一番近いのが開放型ヘッドフォンのメリット

ということになる。

と思う。

2015-03-25 3-23-52

ATH-AD900XはシリーズでATH-AD100XとかATH-AD2000Xという上位モデルがあるので視聴してきたけど、小生の耳では電気屋で聴く限り大きな違いは感じ取れなかった。

iPad Air2に接続して聞くと

わずかに中音域が重なる楽曲などでの解像感は上位モデルのほうが優れてる感じはしたけど高音の伸び、低域再生の分厚さなどは同等だと感じた。iPhone5sよりiPhone4sのほうが音圧がある、さらにiPadAir2のほうがより明快な音になる。このへんは再生端末のDACとアンプ性能による。

でも直挿しでも最大音量まで使わなくても済むくらい大きな音が出る。

クラシックからロック、ポップス、R&Bなんでも来いな感じ。

開放型ヘッドフォンは基本的には家の中で使うもの。

2015-03-25 3-24-18入力1000mWいけるタイプだからアンプ接続でも許容力ある。

大音量にしたらゼンハイザーは1日で壊れたけどこれは壊れないはず。

自分は主にアナログアンプに接続して使うのでBASS TREBLEをトーンコンロールするとこれまたかなり重圧感のある低音が開放的に出る。

大人数の管弦楽なんか聞くとまさに高級スピーカーで大音量再生をしてる感じ。

もちろん高音も伸びるし中音域のボーカルなんかもうまく音離れして聴きやすいです。

コードが3メートルなんでソファで寝転がって聴くときはアンプから届かないのでiPhoneに繋いで聞いたりiPadに繋いで聞いたりする。

寝転がっても耳が痛くならない所が良い。

家の中で使うことをメインによく出来てるヘッドフォンだと思う。

フチの太い眼鏡かけながらでも自然にフィットして痛くないしスゴイ。

音漏れもしれてるので大音量で真夜中でも楽しめる。

ポタアンとの相性もいいはず。

というかできればアンプ経由で使うべき。

けっこうなポテンシャル感じるヘッドフォンです。

開放型ヘッドフォン素晴らしい。

当然、音漏れはするけど、スピーカーで小音量再生するよりはかなり小さい音。

10分の1くらいのレベルかな。

2015-03-25 3-24-47総じていいヘッドフォンだと思う。

音質はフラット

ピュアサウンド方向なので全体的にきれいな音がする。

開放型といえば赤毛だと思うので最初はAKGの712Proを探しに行ったけど近くの量販店では売ってなかったのでヘッドフォン業界では最強のコスパを叩き出すと有名なオーディオテクニカで品定めした。

密閉型もすごくよかったけど外出時に使うことはまず無いので遠慮なく開放型を選んだ。

値段もこっちのが断然お得だったしケーブルは片方だしがよかったのでその中でかこれが最上位モデルだったためこのATH-AD900Xを選択した。

Amazonのレビュー呼んでても赤毛とそんなに大差なさそうだしね。

ハイレゾも余裕だし。

長時間の音楽視聴、

寝転んでの音楽鑑賞

電子ピアノのなどのレッスン用に

文句なしの一品じゃないでしょうかね。

めちゃ気に入ったでございます。

スポンサーリンク



関連記事

4芯の太いスピーカーケーブル交換の効果

スピーカーケーブルを4芯の太いのに交換した効果レビュー中低音がクリアでハッキリとした

愛用のミニコンポSC-PMX9のリミテッドエディションSC-PMX9LTDに付属する4芯スピーカーケ

記事を読む

NorthCrownゲーミングキーボードレビュー

NorthCrownゲーミングキーボードのレビューと青軸に静音ゴムリングWASDキー交換など日記

最近PCゲームにハマっておます。 ゲーミングデバイスがいろいろ届いてるので少しずつ環境

記事を読む

JBL4312M2(BK)口コミレビュー

JBL4312M2レビュー♪ミニコンポSC-PMX9Sのスピーカー交換とサブウーファー追加

パナソニックのミニコンポSC-PMX9Sと外品スピーカーJBL4312M(BK)今日は独り言のように

記事を読む

VAIO PRO13 Touchpadを軽くする

VAIO PRO13のタッチパッド感度が悪いのをMacBook並に軽くする方法

先日、VAIO PRO13を購入直後にレビュー書いたのですが かなり不満に感じていたT

記事を読む

ホテル浦島口コミレビュー

初めてのホテル浦島と忘帰洞&インターネット回線についてEMOBILEは余裕でつながりWiMAXは圏外でした

以前から一度行ってみたかった和歌山県勝浦温泉に浮かぶホテル浦島 大阪市内から車で5時間~6時間

記事を読む

RCAケーブル音質比較

RCAケーブルを比較3000円前後のおすすめケーブルで音質調整しまくったレビュー

オーディオやってると気になるRCAケーブル。 XLR(バランス)ケーブルの接続もやってますが、

記事を読む

Airplayが途切れる

Airplayがすぐ切れるやたら途切れる場合の唯一の対処法~音楽よ止まらずに流れてくれ

以下にいろいろ書いておりますが 2016年2月に改善した方法がありますのでよろしければ

記事を読む

iPad miniスタンド

iPad miniやNexus7のスタンドに最適Anker角度調整タブレット用スタンド

最近は寝転がったりしてKindleの電子書籍を読んだりWEB閲覧やyoutube鑑賞をする

記事を読む

段ボール箱スピーカー

オーディオ機器をスチールラックへ&段ボール箱スピーカーと諸々オーディオ日記

ぎっくり腰で動けなくなって1週間、前回よりも回復が早く外出でのMTGなんかにも早い段階でいけるように

記事を読む

XQ1レビュー

XQ1レビュー1ヶ月使用してみると慣れてきて手放せなくなった

最近このコンデジを持ってない日は無いといっていいほどいかなるシーンでも携帯しているデジカメXQ1.小

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



7.1chサラウンドヘッドフォンの解説
7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みとゲーミングヘッドセットの選び方USBか3.5mmジャックどっち?

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みと選び方USBか3.5mmジャ

iTunesイコライザー設定ヘッドフォン編
ヘッドフォン用のiTunesイコライザー設定オススメSHURE SRH1440でJAZZの場合

先日、iTunesのイコライザー設定について書いたのですが、自分で見て

144Hz対応DellゲーミングモニターS2716DG 27インチWQHDのレビュー
144Hz対応DellゲーミングモニターS2716DG 27インチWQHDのレビューPUBG用のディスプレイ

じゃん! 買っちゃった。 ゲーム用の144Hz対応

iTunesのイコライザーについて
最強iTunesのイコライザー設定は部屋次第スピーカーユニットの性能グラフを見て決める

久しぶりのオーディオ日記です。 最近、問い合わせフォームや知人か

お尻が痛くならない椅子を求めてDXRACER ゲーミングチェアのレビュー車のシートをイメージするなら期待しない方がいい

普段はソファとかテキトーなところに座ったり寝転んだりしてノートPCを開

→もっと見る

PAGE TOP ↑