デスクトップにKEF KHT2001サテライトスピーカーなのに意外とオーディオ用に高音質でオススメ

公開日: : 最終更新日:2017/09/23 オーディオ, レビュー , , ,

タイムドメインスピーカーに興味もってエクリプスのタマゴ型スピーカーとか視聴したりしてたのですが、たまたま通りすがった中古オーディオショップでこのKEF  KHT2001というタイムドメインのスピーカーに似たエンクロージャースピーカーを発見。

この半球体エンクロージャーがなかなかのすぐれもの

2015-12-16 17-30-18

内部での逆位相を打ち消す球体スピーカーエンクロージャーの実力はなかなかのものでKEFの特許ユニットでもある同軸ユニットの特性をうまく使えるよう作られてると思う。

KEF特許のツイーターとウーハ-の音響芯を一点にした『Uni-Q』の点音源構造による完璧ともいえる位相特性、超高角度放射特性により、各チャンネルの音は自然な感じで融合され、繋ぎ目のないスムースな三次元再生がなされています。

フルレンジならではの音像定位と2ウェイ化による音の粒立ちの良さ、音離れのよさを融合した同軸ユニットならではの定位感と各楽器音の分離のよさが実現されてる。

ユニットそのものの実力は知れてると思います

自分はJBLの古いD123やJBLのホーンスピーカーなどの超高能率ユニット(能率100db程度以上)が好きなので普通に市販されてるメーカーものの現代のスピーカーは100万円超のものも多く視聴したけどまったく好きに慣れるものはなかった。現代スピーカーの市販品ではFOSTEXの手作りバックロードホーン(8cmユニット)が好きかな。

そんな感じの音の好みなので高音出過ぎ、低音ボンつきやすい現代スピーカーは好みじゃないのです。

しかし、KEF  KHT2001はサテライトスピーカー用として設計されてるせいか、高音は出すぎず、低音も出すぎない。なので狭い部屋でも低音がボンつかずJAZZのウッドベース音がかなり自然な音に聞こえやすい。

全体的には音の分離はいいんだけど、どちらかというとまったりマイルドな音に聞こえるスピーカー。

見た目はそんなに好きじゃないけど音だけでいえばなかなかいい感じです。

2015-12-16 17-30-34

純A級アンプや真空管アンプのような出力の低いアンプとは相性悪いです。よけいこんもりこもった音に聞こえます。AB級やD級のパワフルなアンプとはなかなか相性いいです。アンプの再生特徴でパワーによって透明感高めてるものと組み合わせると70年代くらいのレガシーなオーディオサウンドに近い表現が可能です。

2015-12-16 17-30-51

一応、LUXMAN L-590AXや真空管アンプなどとも接続してた時期がありますが相性悪かったです。この仲夏デジタルアンプ SMSL SA-98E(160W×2)との相性は抜群です。(部屋が狭い環境のデスクトップなのでなおいい感じなのかもです)

スペックメモ

Model 型式 HTS2001.3
Design デザイン 2-way bass reflex satellite
Drive Units 駆動部 100mm (4in.) Uni-Q array with 19mm (0.75in.) aluminium HF
Crossover Frequencies クロスオーバ周波数 3kHz
Sensitivity (2.83V/1m) 感度(2.83V/1m) 88dB
Frequency Response (+/-3dB) 周波数特性(+/-3dB) 80Hz – 27kHz
Maximum Output 最大出力 104dB
Input Impedance 入力インピーダンス 8 Ohms
Magnetic Shielding 磁気シールド Yes
Internal Volume 内部容積 1.5 litres
Power Handling 出力 100W
Weight 重量 2.0kg (4.4lbs)
Dimensions (H x W x D)
外形寸法(高さx幅 x 奥行)
228 x 130 x 150 mm (9.0 x 5.1 x 5.9 in.)

http://www.kef.com/html/jp/showroom/home_theatre_speakers/KHT2000.3/fact_sheets/Speakers/HTS2001.3/

製造はすでに終わってるモデルになるのかな?中古でさがせばたまに出てくるけど、5本一組とかより2本でオーディオ用におすすめです。

デスクトップオーディオでタンノイのReveal402とかかなり気になるものもあるのですが、このデジアンとスピーカーの組み合わせもなかなかものです。

 

スポンサーリンク



関連記事

ホワイトノイズの原因探求と対策

オーディオ機器間でのホワイトノイズ原因と対策チャンデバいれたらRCA経由でひどいノイズが深夜に目立つ高能率スピーカーの罠

昨日までの音響調整ではチャンデバ使って TEAC UD-501 → XLRでL590AX

記事を読む

段ボール箱スピーカー

オーディオ機器をスチールラックへ&段ボール箱スピーカーと諸々オーディオ日記

ぎっくり腰で動けなくなって1週間、前回よりも回復が早く外出でのMTGなんかにも早い段階でいけるように

記事を読む

おすすめイヤホンの代表格SHURE SE535 LTDレビューとにかく高解像で高音が綺麗&低音楽器もそつなく鳴らす

やたらとあちこちでオススメされてるイヤホンの人気商品SHURE SE535。 前から気になって

記事を読む

ONKYO LST-10レビュー

ONKYO LS-T10狭い我が家で重宝するホームシアター用テレビ下置きサウンドバーのレビュー

BOSE Soundlink3で音に目覚めてしまい、いつしかテレビ本体から出る音に不満を覚える自分。

記事を読む

iPhone6sに買い換えてよかった元4sユーザーのお気に入りはGoogleマップナビの渋滞情報

iPhone4sをかれこれ3年以上使ってました。 形もサイズもお気に入りでここ最近の1年はただ

記事を読む

B&W CM5チューニング

CM5分解チューニング4KHzクロスオーバーが気になって吸音材詰め込んでみた

オーディオにハマると機材に不満が出るもので、限られた予算の中でいろいろ試したくもなるもので。

記事を読む

7.1chサラウンドヘッドフォンの解説

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みとゲーミングヘッドセットの選び方USBか3.5mmジャックどっち?

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みと選び方USBか3.5mmジャックどっち? ゲーム用で

記事を読む

FOSTEX FE83Eエンクロージャー評価

FE83Eフレンジ8センチユニット一発バスレフスピーカーの実力に驚愕

スピーカーの音をいろいろ試していると高音がきつくなりすぎてだんだん耳が痛くなってきました。

記事を読む

LUXMAN L590AXレビュー デジタルアンプと比較

Lepy LP-2024A+初めての中華デジタルアンプと純A級LUXMAN L-590AXのレビューどちらも素晴らしい高音質で驚いた

LUXMANの純A級アンプL-590AXが届くまでの間に、ちょっと経験しておきたい音があった

記事を読む

SONY RX100M5レビュ960fpsの実力

SONY RX100M5レビュー自撮り液晶と高画質960fpsスーパースローが欲しくて買いました

コンデジも含めてデジカメをもう買うことは無いと思ってたのですが、YouTube始めてから自撮りにハマ

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



オーディブログ記事まとめ
オーディブログのレビューまとめ愛用してきたオーディオ機器の一覧

オーディオにハマり、ひどく散財したけどいい音が出る環境は残りま

ICOSの蓋ツメ折れとサポートの対応
アイコス蓋のツメ折れ閉まらない故障でサポートセンターの塩対応にやむなくDAISOのゴムバンド使用

現在、タイトルのまんまの状況でございます。 IQOSサポートセン

Pioneer RAYZ SE-LTC3Rノイズキャンセリングでいい音するイヤフォンの試聴レビュー

買ってないものをレビューするのはイヤなのですが、 ちょっとイイも

伸縮式テーブル脚のレビュー
IKEA伸縮式のテーブル脚でPCデスクの高さ調整すれば腰痛もおしり痛もサヨナラ

今回買ったのはこのIKEAのOLOV伸縮式のテーブル脚です。

7.1chサラウンドヘッドフォンの解説
7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みとゲーミングヘッドセットの選び方USBか3.5mmジャックどっち?

7.1chヘッドフォンのサラウンド仕組みと選び方USBか3.5mmジャ

→もっと見る

PAGE TOP ↑