オススメ伊勢うどん~伊勢神宮35年ぶりくらいに行った時の日記

公開日: : 最終更新日:2017/06/01 レジャー, 食べ物 グルメ ,

ここ数年、個人的に三重県へ来ることが多い。

なので伊勢エリアにもたまにドライブで来る。

そんな三重県通になってる今日このごろ、

妻が前々から伊勢神宮へ行きたいと行ってたので連れてってあげた日記。

35年ぶりの伊勢神宮は記憶とはえらい違いだった

小学校6年生の頃、修学旅行で行った伊勢神宮と夫婦岩。

記憶では「友情」と書かれた2個に分割できるハート型のペンダントを購入してクラスメートと分かち合った記憶がある。

そんなクラスメートとも小学校卒業以降音信不通で。。

それくらい大昔に来たことが有る伊勢神宮周辺。

車を止めて周辺を散策する。

実に35年ぶりの伊勢神宮周辺散歩。

だいぶ景色が違ってるようで

うっすらとした記憶だが、

海沿いの道で古い民宿が立ち並んでたような記憶だった。

 

少なくとも当時、こんなポップな生き物はいなかった。

 

大昔から観光名所なのはわかってるけど

すごい観光地になってるのね伊勢神宮周辺。

おかげ横丁という通りです。

春休みの平日を利用して混雑を避けたつもり。

それでも平日にもかかわらず人は多かった。

土日祝日はめちゃ混んでます。

古めかしい建造物が多く、さながら映画村の様だった。

とりあえず観光を楽しみつつ散策しようとすると

伊勢うどん

そう書かれたのれんを発見。

伊勢うどん「ふくすけ」にて一服

伊勢うどんってどんなんやろか?

そう思って近づいた。

外国人観光客に紛れながら

お店に近づいてのれんをくぐり

気がついたら

ビールとカマボコが目の前に並んでいた。

帰りの運転は妻に任せることにした。

伊勢うどん、

どんなんが出てくるんやろか?

と空腹を抱えながら伊勢うどんを想像しつつ、瓶ビールに伸びようとする手を止める。

とりあえずメインと一緒に飲まなな。。

そして待つこと数分、

おおー、これが伊勢うどんかぁ、、

注文したのは「手打ち伊勢うどん」というもの。

普通の伊勢うどんよりも太いやつ。

山梨かどっかの「ほうとう」のパクリか?

妙に太いうどん

味や食感はどうかな?

食べてみると、

  • ぶっかけうどんのような少なめの出汁、
  • かなり濃い味で甘みと昆布とカツオ出汁の効いた風味(甘みがいい感じ)
  • そこにぶっとい麺をいれただけ
  • ネギがいい薬味になってビールに合う。

伊勢うどん

とぅるん♪

と喉を通る太い麺。

初めて食べたけど、めちゃ好きな食感と味。

いいもん食べた。

腹を満たして参道方面へ

近所まで一人ドライブは何度か来てるが、伊勢神宮の参道を歩くのは35年ぶりということになる。

35年前には無かったであろうものばかり

神宮が近いということもあってか、

銀行のATMにおみくじがついてる。

わざわざ横を歩く人に聴こえるようなトーンで

「何百万円当たるんやろか?」

そう言いながら通り過ぎる人が多かった。

ここは関西エリアということだ。

この五十鈴川カフェの横を通り抜けると五十鈴川に出られる。

京都の鴨川沿いのように川沿いの腰掛ける人が多くいた。

京都っぽい雰囲気、花見小路のようだ。

いや、これが日本の江戸時代とかの雰囲気なんでしょうか。

数寄屋造りの建物が多く風情を感じるものの、

名だたる酒造メーカーの出店と思える店舗が目立つ。

みんな金儲けしにきてるんやなあ。。と

35年前のような純粋無垢な目では見れない。

なんだかんだ名前つけて儲けとるなあ。。

酒屋の看板見るたびに思う40代の自分。

観光事業ってけっこうな売上たたくんでしょうね。

まあ、そんなしょーもないこと考えながら伊勢神宮までたどり着いた。

ちなみに伊勢神宮の駐車場、

Googleナビで誘導してもらうと神宮の真正面のこの駐車場まで行くことになるのですが、

ここはよほど運が良くないと停めれません。

だいたい、いつ見てもこのへんでクルマは駐車場待ちのため進入できなくなってます。

※だいぶ手前の交差点で停められる一般車両たち。

 

いざ、伊勢神宮参拝へ

神宮=日本で唯一の神社

なんだそうです。

神社参拝のマナーは過去に自分でまとめてあるのでそれ見て参拝した。

とりあえず右側通行です。

樹齢100年超えと思える大木があちこちで天に向かって伸びている。

さすが神を祀る場所。

大木に囲まれる参道はひんやり気温が低い。

何とも言えないマイナスイオンがあるのだろう。

参道を歩き、本殿へ

写真はここまで。

これ以上先でカメラ使用は厳禁。

だけど、

外国人はお構い無しで写真撮りまくる。

それが今の日本の現状ですね。

 

ワタシ、字ぃヨメマセ~ン♪

 

これで何でもオッケーなのだ。

 

さて、

35年ぶりの伊勢神宮の参拝も終わり、

五十鈴川でひとやすみ。

けっこう歩いて観光地を楽しんだ。

せっかく伊勢まで来たのだからと、

ちょいと足を伸ばし

伊勢といえばここ、

みたいなスポットへ

夫婦岩。

35年前、

ここで夫婦になる人と一緒に来るとは想像もしてなかったことでしょう。

周辺の寂れっぷりとは裏腹に

なんとかこの先も夫婦仲良く過ごせるといいなあと思う次第です。

オススメの伊勢うどんを探す

えっと、

何を備忘録しておきたいか書くの忘れてた

伊勢うどん、

今回のドライブで大発見で大好物になった。

帰りに三重県内のパーキング2箇所で食べたけど、個人的には記事内にある伊勢神宮エリアの「ふくすけ」というあのお店の麺と出汁が一番お気に入りだった。

今まで4種類ほど購入してみたが、「ふくすけ」のような極太麺には出会えてない。

 

なかなか当たりが見つからない伊勢うどんの通販です。

通販でなかなか好みのが見つからないので見つかったらここにリンクしときます。

YouTube始めました!詳細はこちらに


スポンサードリンク



関連記事

no image

日清インスタントラーメン発明記念館で工場体験オリジナルカップヌードルを作ってきた

日清のカップヌードルをスープと具材でオリジナルに組み合わせて、工場での製法の手順に追って自分だけのマ

記事を読む

志津鮨(阪神尼崎)でフルコースと「笑い」いただきました料理がとっても美味しいお寿司屋さん

知る人ぞ知るお店というのはあるもので、、。 いつも素敵なお店を教えてくれる知人が食べログとかで

記事を読む

no image

サッポロ一番KINGCUPを食べてみた〜太麺キング盛りでお腹いっぱいになる

    サッポロ一番KINGCUPと日新スープヌードル(カップヌードルと同じサ

記事を読む

鞍馬の紅葉

京都鞍馬寺の紅葉散歩2016年秋の写真日記LUMIXG7

2016年11月の後半に京都方面へドライブした際の紅葉観光写真   妻

記事を読む

no image

まぐろ問屋の地図です|JR寺田町徒歩3分~井川丸大阪のマグロ専門店

マグロ専門店といっていいのかまぐろ問屋井川丸というお店ができました。 そしていってきた。マグロな

記事を読む

no image

ネスレ楽天eショップでキットカットが53%オフ|37年ぶりリニューアルをネットショップ限定で

ネスレ日本のネットショップで楽天市場内にあるネスレ楽天eショップ。 ここでキットカットのセットが現

記事を読む

淡路島カフェ クラフトサーカス

淡路島の海沿いカフェCRAFT CIRCUS(クラフトサーカス)へ行った日記

4月に家族みんな揃ったので近場ドライブ行った時の日記。 妻が淡路島に海沿いのカフェがあると言う

記事を読む

no image

壱銭洋食て知ってはりますえ?外国人観光客に人気|京都のB級グルメどすえ

京都へようこそ。昔懐かし屋の壱銭洋食でございます。 京都B級グルメの元祖やゆわれて、今や店内は国内

記事を読む

no image

梅田のダーツバースローランドカフェSlowland cafe|大人の男女が集う団体予約可能なBar

大阪梅田お初天神近くの隠れ家的バー、Slowland cafe(スローランドカフェ)。店内の至る所

記事を読む

丹波篠山の岩屋ボタン鍋

丹波篠山の猪鍋 岩屋に行って来た赤味噌出汁のボタン鍋めちゃ美味しい

丹波篠山にあるボタン鍋(猪鍋)が美味しいと有名な岩屋さんへ 大阪からだと中国自動車経由

記事を読む

YouTube始めました!詳細はこちらに


スポンサードリンク



YouTube始めました!詳細はこちらに


スポンサードリンク



三輪そうめん白龍レビュー
三輪そうめん山本「白龍」を食べたレビュー~そうめん好きになったかも

こんな木箱に入った高級なものを食べました。  

LUMIX G7に14mmF2.5とワイコンの画角テスト
LUMIX G7と14mm/F2.5にワイコンDMW-GWC1装着テスト動画と写真

ワイコンつけて映像がどんなものか?テストしてみた。 結論

Youtubeはじめました。

最近、ブログ書く回数が減ってきました。 その理由のひとつがyou

伊勢うどんと伊勢うどん
オススメ伊勢うどん~伊勢神宮35年ぶりくらいに行った時の日記

ここ数年、個人的に三重県へ来ることが多い。 なので伊勢エリアにも

亀八食堂 三重県のB旧グルメ
昭和の居心地、亀八食堂のホルモン焼きを食す三重県のB級グルメナンバー1のお店

B級グルメと言う表現がいいのかどうか知らないけど、鈴鹿方面でサーキット

→もっと見る

PAGE TOP ↑