USキーボード変換メモWindows10コントロールパネルの設定と備忘録

USキーボードをメインで使い出すと、やっぱりWindows側の言語設定もちゃんとUSキーボードにしておくほうが便利っぽい。

先日、アンダーラインやアットマークの変換方法メモしたけど、あれはキーボード設定が日本語キーボードでの話。

また忘れそうなので備忘録

頑張ってブラインドタッチでブログ書く練習(笑)。

Windows10コントロールパネルでの設定

コントロールパネル

まずはコントロールパネルを開く。

コントロールパネル開いたら時刻と言語の設定をクリック

時刻と言語の設定を開くとこういう画面

ここで左側メニューの地域と言語をクリック

地域と言語を開くと日本語(Windowsの表示言語)というのが出てくるのでこちらをクリック。

クリックすると「オプション」というのが展開されるのでこちらをクリックする。

オプションをクリックすると日本語 言語のオプション設定画面になる。

ここで出て来る左側のメニューで

ハードウェアキーボードレイアウトを変更する。

「レイアウトを変更する」をクリックすると

  • 日本語キーボード(106/109キー)
  • 英語キーボード(101/102キー)

の変更、選択が可能になる。

ここで英語キーボード(101/102キー)を選ぶとUSキーボードがUSキーボードとして使えるようになる。

USキーボードに変更して変わるキー

これも慣れるまでの備忘録

USキーボードに変更するとUSキーボードに刻印されたとおりの記号を使えるようになる。(当たり前だけどw)

まず、

半角、全角の切り替え(Google日本語変換)

Altキー+左上の`~キー同時押し

MSのIMEでも同様だけどGoogle日本語変換でも同じく切り替え可能。

円マーク|¥

ここ

バックスペースキーの下、エンターキーの上

Shift+これ(¥) で|になる

アットマーク@

アットマークは数字の2の位置。

Shiftキー + 2 で@アットマーク

シングルクォーテーション、ダブルクォーテーション

日本語キーボードの時はShift+7だったけど、これまた位置が大幅に移動する。

シングルクォーテーション、ダブルクォーテーションはエンターキーの左横。

Shift+’ でダブルクォーテーション そのままクリックでシングルクォーテーション。

以上備忘録。

ちょっと勉強に、、とPythonで遊んでみたところ、キーボードはやっぱりUSのほうが楽ちんかも、、と思った次第です。

プログラミングとか全く未経験でもわかりやすい言語のPython。

超初心者向けのKindle書籍を見つけてしまい、なかなかわかりやすくて勉強になります。

大画面でKindle書籍開きながら勉強してますw

Kindle書籍パソコン版

プログラミングに触れることでブラインドタッチ上達しないかな?

みたいなただの興味本位です。

でも読み出して1時間程度でじゃんけん程度のランダム処理はスグできるようになる。プログラミングも便利な時代になってるんですね。。

これ書いたひと、ほんとド素人の気持ち考えてくれててスゴイ方だなと思った。内容はPython2.7ベースだけど、Python3.6の最新でも特に違和感なく学べますよ。

昨日まで

Python = フィトン

と読んでた僕でもわかるレベルの初心者向けです。

ちなみに

Python = パイソン

と読みますw

僕はタイピング練習に、、と初めてみましたが、

人工知能とかAI開発に興味ある人はPython人気らしいです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする



スポンサーリンク