「 レビュー 」 一覧

FE83Eフレンジ8センチユニット一発バスレフスピーカーの実力に驚愕

スピーカーの音をいろいろ試していると高音がきつくなりすぎてだんだん耳が痛くなってきました。 JBLにはホーンつけたりアルニコユニットで中高域強めたりと。 バックロードホーンでは10

続きを見る

RCAケーブルを比較3000円前後のおすすめケーブルで音質調整しまくったレビュー

オーディオやってると気になるRCAケーブル。 XLR(バランス)ケーブルの接続もやってますが、 XLR(キャノン)ケーブルだと音が変わらないから面白くないんです(笑)。 やっぱり機器

続きを見る

ピュアモルトスピーカー s-pm300の音が聞けるお店タブレス コーヒーベーカリー南堀江

いつもランチやくつろぎタイムで愛用してるカフェがありまして、そこのお店の天井から吊るされてるスピーカーが以前からずっと気になってました。 天然木の無垢材みたいな外観でやたらといい音で60

続きを見る

スピーカーのエージング時間をかけずに大音量で低音ブイブイゆわしてみたFOSTEX FE103-Sol

エージングとはスピーカーユニットがへたること[/caption] スピーカーエンクロージャーが経年劣化するころ 個人的にエージングとはそういうものだと思っております。  

続きを見る

AirPlayが途切れる原因を発見WZR-S1750DHPの5GHzで改善ルーターを変えれば一発で治りますよ

BUFFALOのWi-FiルーターWZR-S1750DHPです。 2.4GHzと5GHz帯域を使い分けできるとても便利なLANネットワークです。 かれこれ半年ほど使い続けてますが、

続きを見る

トーンコントロール使うのは邪道なのか?ピュアオーディオでの使い方を考える

一般的なオーディオ用のアンプには高音と低音の調整ツマミ(トーンコントロール)がついていたりしますよね。 オーディオ機器に興味があるようで無いような頃は とりあえず高音強めとくか、、

続きを見る

FE108Sol用エンクロージャー吉本キャビネットのベアホーンで初めてのスピーカー箱自作

見た目が気に入って購入したFOSTEX FE108EΣ用のエンクロージャーを探してて、いろいろ物色した結果、FE108-Sol用のバックロードホーンエンクロージャーを購入した。 ただし、

続きを見る

FE103-Sol 16ΩとFOSTEX P1000-BHのレビューもうちょっとエンクロージャー大きいほうがいいかも

職場のデスクトップに組んだオーディオはスピーカーがFOSTEXの小型バックロードホーンP1000-BKとユニットP1000Kの組み合わせ。 トライオードのRubyとなかなか好相性で暖かみのあるい

続きを見る

FOSTEX FE108EΣとPark Audio DCU-F131Wハセヒロバックロードホーンエンクロージャー自作キットのマッチング

書き残しておかないと忘れるのでメモしておきます。 いつもどおり毎日スピーカー工作(といっても自作ではありませんが)をしております。 今月の覚えておきたい作業メモ ハセヒロバックロードホーンエ

続きを見る

トライオードRubyのレビュー初心者にも優しい真空管アンプの音ヘッドフォンアンプとしてもナイスです

買っちゃいました! 2台目の真空管アンプ。 真空管アンプ初心者でも電気物理苦手な人でも手軽に楽しめるバイアス調整不要の真空管アンプです。 このアンプは明るいところでも

続きを見る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



中国製激安1,000円未満イヤホン聴き比べ評価バランス音質VStudioJP他全3種比較

1,000円未満のイヤホン聴き比べ企画第二弾です。 前回のパナソ

パナソニックRP-HJE150-Gイヤホン音質比較カナル型【1000円未満】おすすめ
イヤホン音質比較カナル型【1000円未満】パナソニックRP-HJE150-Gおすすめポイントはバランスされた音質

今愛用しているイヤホンはSHURE 535SE LTDです。父ちゃんは

Rock with Youカバー曲まとめ
Rock with Youカバー楽曲まとめ4曲厳選クインシー・ジョーンズ他

中学生の頃からマイケル・ジャクソンが好きで洋楽にハマり、当時お気に入り

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章 書評レビュー
ネットで「女性」に売る谷本 理恵子 (著)の書評と参考になるレビュー

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則 K

Logicool G502高速スクロールマウスのレビュー
Logicool G502高速スクロールマウスのレビュー金属製センターホイールの実力ゲーミング以外で使ってます

マウスがなかなか使い慣れなくて、トラックボール使ってみたり、マルチタッ

→もっと見る


PAGE TOP ↑