「 オーディオ 」 一覧

クリスマスソング人気曲リスト~クリスマスに恋人や好きな人と聴きたいJAZZやPOPSヒット曲オススメiTunesのプレイリスト

こんにちは大尾田です。 前置き長くて申し訳ないのですがクリスマスソングに対する個人的な思い出を少し。。 中学生のころから洋楽聞き出して中3の頃かな?ワムのLast Christma

続きを見る

3年目のレビューゼンハイザー HD 598はメガネ顔の僕でも耳、頭痛くない疲れない高音質ヘッドホン

※この記事は知り合いが書いたものです。 管理人の僕からするとかなりコモッた音に感じます。   こんにちは、オーディオ素人です! オーディオ製品に関しては素人です 機器に

続きを見る

デスクトップにKEF KHT2001サテライトスピーカーなのに意外とオーディオ用に高音質でオススメ

タイムドメインスピーカーに興味もってエクリプスのタマゴ型スピーカーとか視聴したりしてたのですが、たまたま通りすがった中古オーディオショップでこのKEF  KHT2001というタイムドメインのスピーカー

続きを見る

SMSL SA98Eのレビュー中華デジタルアンプで狭い部屋ならではの高音質デスクトップミュージック

現在のオーディオ環境を書き残しておきます。 自宅ではなく仕事部屋でのレビューになります。   私のオーディオ部屋はワンルームマンション まさに一人暮らし専用設計みたいな狭い部

続きを見る

狭い部屋に合うデジタルアンプSMSL98eと小さいスピーカーKEF HTS2001.3【デスクトップオーディオの部屋】

しばらく自宅兼事務所として家で音楽聴いてたけど、あまりにも動かなすぎて健康を害したので、何でもいいから用事作って外に出ようと思った。 ちょうどそのタイミングで、以前うちの仕事手伝ってくれ

続きを見る

SHURE SRH1440レビュー高音が煌めくヘッドフォンで楽器音を明瞭に聞き分けるオープンエアーの利点

感想を先に言いますと、めっちゃ好みの音です。 サイコー これほどスピーカー再生に近い音を出すヘッドフォンが他にあるのでしょうか? めっちゃ高音が煌めく感じで低音から中高音まで解像感高

続きを見る

海水浴や旅行に連れて行きたくなる高音質モバイルスピーカーBOSE SL3

今年の夏休みはあまり出かけなかったけど、 2回ほど海へ行った際ビーチサイドで、ホテルの部屋で いい音で鳴ってたスピーカー。 BOSE SOUND LINK 3(以前のレビュー

続きを見る

JBL D123とFOSTEX FT600で完成したマルチアンプシステムのメモ

JBL4312Bmk2にLE5-2を換装した時点でスピーカーはゴールかなと感じてたが、D123を入手してからまた迷いが出た。 手持ちのどんなスピーカーでもウーファーでも出せない軽い低音。

続きを見る

夏の終わりに聴きたい曲~金曜ロードショー主題歌FRIDAY NIGHT FANTASYピエール・ポルト

スピーカーの高音がかなり金管楽器に対応出来るようになったのでサックスやトランペットが使われてる楽曲を最近よく聞くようになった。 で、 どうしてもあの曲が聴きたい。 あの曲、、。 金

続きを見る

JBL D123アルニコフルレンジ12インチユニット入手して悩む日々

最近、古いJBLの音が好きだと自分でわかってきた。 いい音するユニットで音楽聴きたい。好みの音で鳴らしたい。 そうなると好みの音が出るユニットに興味が出るわけでLE5-2でアルニコマグネッ

続きを見る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



USキーボードで@マークと¥マークを入力する方法Google日本語入力
USキーボードで@マークと¥マークを入力する方法Google日本語入力アンダーバーだけちょい面倒

忘れないようにメモしておきます。 辞書登録とかいろいろ試したけど

中国製激安1,000円未満イヤホン聴き比べ評価バランス音質VStudioJP他全3種比較

1,000円未満のイヤホン聴き比べ企画第二弾です。 前回のパナソ

パナソニックRP-HJE150-Gイヤホン音質比較カナル型【1000円未満】おすすめ
イヤホン音質比較カナル型【1000円未満】パナソニックRP-HJE150-Gおすすめポイントはバランスされた音質

今愛用しているイヤホンはSHURE 535SE LTDです。父ちゃんは

Rock with Youカバー曲まとめ
Rock with Youカバー楽曲まとめ4曲厳選クインシー・ジョーンズ他

中学生の頃からマイケル・ジャクソンが好きで洋楽にハマり、当時お気に入り

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章 書評レビュー
ネットで「女性」に売る谷本 理恵子 (著)の書評と参考になるレビュー

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則 K

→もっと見る


PAGE TOP ↑