今あるクラウドコンピューティング少し触れてみませんか?

クラウドコンピューティングという言葉を最近よく耳にします。

言葉自体はグーグルが作り上げたようなものですが、世の中のコンピューターは個人個人の所有マシンにハイスペックを求めず、処理は集約したコンピューターの集合体で行うという仕様のことです。

まあ、僕たち個人レベルで何がありがたいかというと、こういうサービスでハードディスクに保存していたものをWEB上に上げておくことで機器の買い替えなんかでファイルの移動とか面倒なことが減るということくらいかな。

。。

。。

いえいえ、そんな程度ではないですよ。

今までパソコンの買い替えでオフィスソフトなんかを買い換えたりと厳しい出費とかもあったと思いますが、さまざまなアプリケーションもWEB上で動くようになるので個人レベルでソフトの買い替えというのもなくなってくる部分が多いみたいです。

現時点でそのようなクラウドサービスの一部をあげるとすればGメールやYahooメール、あるいはWindowsライブメールなどのような無料のメールサービスがいい例かもしれません。

これらのサービスを使って先ほどのパソコン買い替えの例に例えるなら

パソコン買い替えで、メアドの設定をエクスポートしてインポートするという手間が省けます。

これってWindowsXPからvistaへ、そしてWindows7へ。

それぞれの年代で方法が若干違ってるんですよね。アウトルックエクスプレスからWindowsメール、Windows Liveメールというふうにクライアントソフトが変わってるので苦しみましたよ個人的に。

メールクライアントソフトにいちいち各メールアドレスを設定するのってかなり面倒。

メールアドレス

メールアカウント(メールサーバーログイン用ID)

パスワード

POPメールサーバーのアドレス

SMTPサーバーのアドレス

さらにポートの設定が必要だったり。。

面倒ですよね。

こういったものをGメールで送受信すれば設定自体もメアド、アカウント、パスワードくらいで使えます。

これは助かりますよ。

今あるクラウドコンピューティングともいえる無料のメールサービス。

速いうちからなれるために使い始めてみてはいかがでしょうか。