今なら無料で使えるAmazonオーディブル評価はこちら

MT5をインストールしてアフィリエイトテンプレートを使ってみた。

MT(ムーバブルタイプ)に特段興味があるわけではないのですが、テンプレートの開発元との調整もありMTブログでテンプレート入れていろいろ実験しているところです。

今日はMT5をインストールする手順を簡単に紹介します。

2009-12-18 16-29-08.jpg












今回はMTOS5を使いました。

※MTOSとはムーバブルタイプのオープンソースで無償で使えるウェブシステムです。

使用環境の合うサーバーでデータベスを作ってからMTOSの中身を全部アップロードします。

以前のバージョン同様MTOSのフォルダ内にある(本体のmt.cgiがある場所をmtフォルダとする).cgiとなっているファイルはすべてパーミッションを705とかサーバーにあわせて属性変更します。

2009-12-18 16-29-39.jpg

MTOSのファイル群

属性を変更したらmt.cgiあるいはmtcgiのあるフォルダへアクセスします。

2009-12-18 16-30-19.jpg

以前のMT4.xxとはちょっと違う画面になりますがほとんど同じです。

2009-12-18 16-30-50.jpg

最初にシステムチェックがあって

2009-12-18 16-31-14.jpg

次にデータベースの設定になる。

MT5では推奨Mysqlとなっています。個人的にもMysqlのほうが使い勝手がいいです。

2009-12-18 16-32-15.jpg

データベスの設定が完了すると

2009-12-18 16-32-38.jpg

メール送信システムの設定。

ここではsendmailを使ってますが一部のレンタルサーバーではsendmailが使えなくて不便だったりします。(例)チカッパは使えない。 hetemlは使えるのに。2009-12-18 16-34-08.jpg

 設定も最終段階まできました。
MT4同様の内容をMT5でも入力するよう求められます。

2009-12-18 16-34-55.jpgウィザードに従って入力していってください。
サイト名やURLは後で変更もできますが、できるだけ変更しなくて済むようにしたいところです。

2009-12-18 16-36-25.jpg

2009-12-18 16-37-18.jpg

MTOS(MT)のインストールが終わると実際にMTへログインします。
以前とは違う管理画面ですね。
ウェブサイトとブログというのがありますが、基幹になる階層を決めることをウェブサイトを作るということで理解すればいいのかな。わかりにくいです。
ブログを作るというのを選択すれば以前同様に指定した階層へブログ構築されます。

あとは記事を書くなり好きなようにすればいいのですが、今回は古いブログ(MT4.11)から記事をエクスポートしてMTOS5へインポートしてみました。
2009-12-18 23-45-35.jpg

なかなかキレイなレイアウトで更新が楽しく生るアフィリエイトテンプレート。

MTOS5にも対応しているのでショップライクな見栄えのアフィリサイトや人気ランキングなんかを表示させたいサイトなんかでは便利なウィジェットが用意されてます。

MTに慣れてない人だとちょっと手こずるかもしれませんが、こういうテンプレート使ってるとだんだんMTに慣れてくるような気もしますね。

MTアフィリエイトテンプレート