IEが遅いWindows7とvistaで原因を探ってみた

IE(インターネットエクスプローラー)の動作が異常に遅いと感じていました。

いろんなプラグインを導入しているのでIE単体ならそんなに遅くないとは感じていたものの原因がわからないままFirefoxを使ってみたりIEを使ってみたりでどっちつかず。

原因はわからないけど、ひとつ気になっていたのがGoogleツールバーとの相性。

新品のパソコンならサクサク動くIE。

いつもパソコン購入と同時にGoogleツールバーを導入する僕。

この時点で使い勝手はよくなるのですが動作が遅くなることも体感できる。

ツールバーがなくなるのはいやだけど今回あえてGoogleツールバーIE用をアンインストールしてみた。

アンインストールはコントロールパネルからプログラムの削除で実行可能。

結果は。。

かなり快適にはなりました。

テキストボックスの入力で処理反応が遅れて誤字脱字の連発だった状況も改善。

MTでブログ書くのにブラウザ上では入力出きないしTwitterでも入力に処理が追いつかない症状がでっぱなしでしたが、今のところ改善された。

理由はわからないけど

IE8とGoogleツールバーの組み合わせが良くないのかもしれない。

MicrosoftかGooglか?

どっちに原因があるのかとかもわかりませんが

IEにGoogleツールバーとかいろんなツールバーを入れていると動作や入力の反応が著しく低下することは他にもあるようです。

今日はとんでもなく動作が遅かったので一時的にツールバーを削除したけどやっぱりGoogle検索を常時使えるのと別のアクションを取り入れて使うのとでは利便性が違うので今後も悩みのタネです。

どうもIE慣れしているのでFFとか使わないのはどうなんでしょうね。

スポンサーリンク