Ustream producer PROを使ってライブ

USTREAMってご存知でしょうか?

youtubeの動画公開とは違ってライブ中継をメインに提供できる動画配信サービスです。

現在は英語のサービスですが近く日本語対応になるそうです。

Ustreamの使い方

Ustreamにアカウントを作れば誰でもライブ配信可能です。

配信方法はパソコンに接続したカメラで撮影する方法とiphoneで撮影する方法があります。

ライブ配信を実験的にやってみるとわかるのですが、通信回線の速度とパソコンのスペックによる配信映像の画質の違いが発生します。

基本的に現時点での普及端末ベースにおけるライブ配信用の動画サイズは640×480のVGAサイズくらいがちょうどいいかもしれません。

Ustreamからダウンロード販売されているUSTREAM PRODUCER PROというアプリケーションを使えば動画配信サイズやフレームレートを調整することができます。

無料版ではスタンダードな容量で配信できるので一般的には有料版を使わずともライブ配信ができるということになります。

ところで、

iphoneでUSTREAMを閲覧したい場合

有名な人のアカウントでの配信はiphpneのUSTREAM VIEWERで見つけることができますが、一般人(私のような)のライブはiphoneでは閲覧できません。

これには理由があります。

iphoneや携帯電話端末でUSTREAMでの検索結果に反映させるために、まずUSTREAMへの申請が必要になります。

このため、USTREAMでPC以外の端末からも(主にiphone)閲覧してほしい場合USTREAM VIEWERで閲覧可能になるよう申請を済ませておく必要があります。

一応僕も申請してみましたが、どうもこうもないライブを配信しているだけなので(現時点ではね。。)どうなることだかわかりません。

myライブ i6i6

http://www.ustream.tv/channel/i6i6


Live video by Ustream

結果出れば報告します。

どこかで^^。

話は戻って

USTREAM PRODUCER PROを使えばわりとキレイな動画を配信できますが

pcのスペックが響くときもあるのっでSD画質のhighクオリティまでの範囲で撮影するのがいいかもしれません。

さて、今現在ライブ実験をしながら記事投稿してますが、

USTREAMとtwitter

どう活用すればいいのか模索r中です。

何かいいアイデアがあれば教えてください。

 Ustreamなどの有効な活用方法がITスペシャリスト達によって情報交換されているIT経営実践会もノウハウたっぷりです。