SIGMA50mm F1.4 EX DG HSMの前ピン状態をマイクロアジャストで克服

SIGMA50mm F1.4 EX DG HSM 開放にて。

シグマの50mm単焦点レンズSIGMA50mm F1.4 EX DG HSM

実はこちらのレンズがEOS5D MK2と相性が悪くて困っていた。

普通にレンズ装着して撮影してもまったくピン度が合わない症状。

実際にあわせたピントよりも前のほうにぴんとが合う前ピン状態だった。

EOSにはマイクロアジャスト機能というものがあるため1mmから20mmまでいろいろ試してみたけど被写体までの距離によっては5mm後ろへもっていったり限界の20mmまでもっていったり。

絞りを絞るとマイクロアジャストが逆効果になったり。

気難しいレンズなのでしょうか?

でも、APS-CのEOS 50Dに装着すると特に問題なくピントが合う。

とりあえず、だいたいのシチュエーションで焦点がなんとか合う後ろへ5mm(+5mm)で記憶させて使っている。

EOS 5DMK2などのマイクロアジャストの調整方法

2010-07-29 23-52-48.jpg

MENUボタンを押してカメラマークの拡張機能調整のグループにAF,ドライブの調整機能があります。

2010-07-29 23-53-06.jpg

こちらのカスタム(拡張機能)メニューでAFマイクロアジャストメントというのをダイヤル回して見つけます。

2010-07-29 23-53-21.jpg

レンズごとに調整というのを選んで

あとは目盛りごとに撮影してチェックするしかないでしょうね。

レンズのあたりハズレもあるだろうし、カメラ本体の固体差もあるのかもしれない。

こういうのも楽しみの一つかもしれないデジカメの世界。

頑張ってピントあわせしましょう。