デジカメのCFやSDなどメモリーカードのデータ復旧|ファイル異常を脅威の復元力で修復できる方法と料金

結婚式の写真が消えたデータ復旧

結婚式や子供の入園式あるいは一生に一度しかないようなシーン。こんな思い出が詰まったメモリーカード(CFカードやSDなど)から写真が全部消えてしまったらどうしますか?

デジカメで撮影したのはいいけれど、そのまま操作を間違えてファイルやデータを全部消してしまった。。

カードが異常です!とかアクセスできません

なんて出た日には遠い目であの日を思い出すしかないのでしょうか。。

まずはデジカメのデータ保存方法で対策

知人のデジカメなどをたまに触らせてもらうと驚くことにパソコンのハードディスクに保存することもなければオンラインストレージに保管もしていない。特に携帯電話の写真データなどはほとんどの人がケータイの中に入れっぱなし。

そのままデジカメの中にSDカードが入ったままで3年分くらい写真が溜まっているということがあります。

この状態でカメラの操作を間違えたらデータも全部消えてしまいます。もちろん水没とか落下衝撃でも危険です。メモリーカードそのものは水や落下では壊れなくてもカメラが異常を起こしてデータ消滅なんてこともありえますよね。

デジカメデータを復旧する人の悪い例

先に書いたとおりデータ復旧の必要がある人というのはデータの保管場所が悪い(というか機械を信頼しすぎ)。

あまり気にしていないというのが現実なんでしょうね。CDに焼いたりDVDに焼いたりという人も多いはずですがパソコンのHDDに保存してパソコンが壊れたらどうしよう?という意見も聞きます。

少なくともCDやDVDに残すかpicasaやフォト蔵、flickrのようなオンラインアルバムに保存して非公開に設定しておけば家族だけの大事な写真をそれなりの大きさで保存できるほか、インターネットでどこからでも見ることができます。

2010-08-23 16-04-53.jpg

※大切な子供の写真がなくなってしまった~!ということのないように…。

もちろんL版程度の写真印刷ならこの保管データでも十分キレイに現像できるんです。

写真データの保管方法に注意を払うことがデータ削除や消失から身を守る最大の方法ですね。

それでも普段使うデジカメのデータってある程度写真がたまらないとSDやCFカードからメモリーを抜いたりしないというのも事実ですね。その写真データが残っているうちにカメラの異常やメモリーカードの障害が起こってしまったらそうすればいいのでしょう。

はい、業者に復旧してもらうしかないです。

デジカメの写真データSDカード CFカード USBメモリーからデータ復旧

パソコンのハードディスクのデータ復旧業者が存在するようにデジカメのカードからデータ復旧を専門にしている業者もあります。

2010-08-23 16-27-42.jpg

こちらの業者さん かのハリウッド俳優ショーンコネリー氏も利用したことがあるそうです。

デジカメのデータ復活 PCKIDS

デジカメのデータ復活を専門にしているとあって対応しているメモリーカードの種類も多い2010-08-23 16-14-30.jpg

  • メモリースティック
  • コンパクトフラッシュ
  • SDメモリーカード
  • マルチメディアカード
  • スマートメディア
  • xDピクチャーカード

と市販のコンパクトデジカメから一眼レフ、あるいは様々なストレージに付属したカメラに対応したメディアまで網羅している。

脅威のデータ復旧率92.3%

2010年8月時点で多くの復活作業を行っている同社ではデジカメの写真データを元に戻せる確立が90%異常ということだ。

プロカメラマンの世界ではデータの保護というのが重大なワークセグメントでもありプロ使用のカメラにはCFカードスロットとSDカードスロットのように2枚のデータカードを差し込めるようになっている。

それは結婚式や繰り返しの無いイベント撮影において1回のシャッターでデータを記録するという写真撮影における撮影データの2重保存を可能にし撮影データのディフェンスに力を入れる必要があるという理由からきているものだ。

プロの写真家ではないにせよ、せっかくの旅行や入学式、結婚式のようなイベントは一般の僕らでも撮った写真は消さないように注意している。

それでも操作ミスやなんらかの事故で消えてしまった写真、あるいは故障してしまったデジカメのカード。

これらを9割がた復旧できるのであれば、最後の望みとして助け舟を呼んでみるのも悪くない。

お金も写真も大切に… データ復旧料金 21,000円

データを消さないようにするにはデジカメの取り扱いはもちろん、普段からのこまめなデータ保管作業は怠らないようにしたい。

それでも予期せぬ事態になった場合は少々痛いが21,000円で

人生における大事なメモリーを取り戻してみてはいかがでしょうか。

僕らも仕事でミスったら助けてもらいます。(自己責任やな~)

痛いですね。復旧サービスはあくまでも最終手段

もし自分で復元したいのならDiskDigger

DiskDiggerというフリーソフトがあります。ただし取り扱いが難しいのでパソコン苦手な人は要注意です。

僕は今もHDDへどんどん保存していってますが、イザというときのために

大切な思い出はぜひともpicasaやflickrなどオンラインで保存しておきましょう。

スポンサーリンク