MTのウィジェット検索機能がエラーで動かないからGoogleカスタムサーチをいれた

デル株式会社

MTの検索機能が動かない。エラーが帰ってくる。

こういうレンタルサーバーって多いんじゃないでしょうか。

ちなみにヘテムルとチカッパで同様のエラーが頻発します。




MTの検索でエラーが出るので代替検索機能を追加

ヘテムル、チカッパで発生する同様のエラー原因は重いから

ムーバブルタイプ(MT)をヘテムルやチカッパで運営すると記事数が30個超えたあたりから再構築やサイト内検索でタイムオーバーのエラーが発生する。

  • また、投稿時のテキスト入力の際にも反応が遅くタイプミスが起こりやすい。
  • 場合によってはコメント投稿時にもタイムオーバーのエラーが出る。
  • コメントやトラックバック承認での再構築でもエラーが出る。
  • 記事更新でも落ちる(チカッパ)。

などなど、サーバーに負荷がかかる動作のたびにエラーが出る。

サイト管理も面倒だし、閲覧してくれる人にも迷惑がかかる。

最近、このブログでもサイト内検索を利用いただいていることが多くなりエラー回避のためMTの検索機能ではなく代替案としてGoogleカスタムサーチを思いついた。

Gopogleカスタムサーチの導入について注意事項

MTって文字コードがUTF-8になっているので、Googleアドセンスの管理画面から検索用ボックスのタグを生成する際は文字コードの変更を忘れないように注意。

2010-09-26 2-28-11.jpg

言語を日本語に設定

文字コードをCMSの設定に合わせる。

地域は日本 カスタムチャネルは別になんでもいい。

セーフサーチは一応オフにしておく。(アダルトネタ無いので問題ないかと…)

MTに導入する際のインサート位置も迷いますができるだけ同系統の記事を検索していただければと思い、各記事の一番上に表示されるようにしてみた。

インデックスのメインページ→バナーヘッダーの下の方に入れれば全ページで表示される。

MTからWordpressへの移行も検討したが…

実は最近のWordpressってすごい便利なのです。

テンプレートのインストールや変更もワンクリックで出来るし、バージョンアップも管理画面でワンクリック完了。

素晴らしいです。しかも最近のWPのテンプレは種類が著しく豊富になっていてカッコイイのが多い。

で、ローカル環境でXAMPPにWPいれてMTをそのまま移行してみた。

2010-09-26 11-20-18.jpg

※このブログみたいに写真が多いブログはWPのこのテンプレート使うとカテゴリーごとに最新記事が表示されてサムネイル付のインデックスが形成されるニュースサイトっぽい雰囲気にできる。これ、お気に入り。

素晴らしいです。MT管理画面からエクスポートしたエクスポートファイルをWPの管理画面からMT,Typepad形式のインポートファイルを読み込むという機能を使えば一発ですべてのブログ記事がWPに移行できます。

ただし、画像ファイルは元のMT管理フォルダ内にある。

URLはWPの生成ルールによるパラメータ

問題はこのURLを同一にできないということ。.HTML形式に表示するプラグインもありますが、MTで記事生成時に生み出したファイル名がバラバラなので難しい。

まあ、最近のGoogleの性能見ればMTからWP移行でURLをいちいちあわせなくてもスグに再インデックスされて移行前と同等の検索順位にもなるのですが、それでもSEO的なことを意識すれば過去記事が一旦ミラー生成されてしまうのは問題有りかなとも思う。(同一フォルダ上で移行する場合)

あと、テンプレートいじるのも最近のワードプレスの新しいものは複雑なのでどれをベースにするか迷う。

また、ブログのPVが増えてきた場合WPはページ表示のたびにサーバーにページ生成の動的負荷がかかるけどMTは検索以外では閲覧者に遅いと感じさせるような負荷は少ないというメリットもある。

ということで一旦MTからWPへの移行はやめておく。

なんにせよ、ヘテムルとチカッパという共用サーバーでは最も重くて遅い種類のものを使っているとこういう面倒な時期がいずれやってくる。個人的にヘテムルから同等の価格帯での共用サーバーへ移行する場合コアサーバー を使っている。

月間ページ転送量ではヘテムルのほうが有利(300GBを目処)に対してコアサーバーは150GB(プランA).

月間50万PV超えないレベルならコアサーバーでいいんだけど。

目標だけは大きく月間100万PV(あと30倍くらいかww)なのでしばらくはヘテムルで我慢する。

コアサーバーだと同等の記事数でも何の問題もなくMTの検索機能も使えるしヘテムルで再構築に40分かかるサイトがコアサーバーなら2分程度で完了したものもある。

エックスサーバー系は当たり外れもあるけど性能はいいはずですよ。

コアサーバー



パソコン工房「インテル第8世代Coreプロセッサー搭載ゲームパソコン」