NEX-5レビュー写真で見る通常露光とオートHDR比較撮影サンプル|晴天手持ち

SONY NEX-5 E18-55mm オートHDR手持ち 撮影モードA F9.0 18mmワイド端

手持ちHDRも十分可能なNEX-5の連写性能

連写性能が高速モードで秒間7枚。HDR用に3枚連写する速さが十分なので手持ちでもHDRにブレが少ないところがメリット。

サンプル写真で通常撮影とオートHDRの比較ができるよう数パターンをMSNにアップしてます。

HDRなし。それなりにダイナミックレンジは広い。さすがAPS-Cといった感じ。

オートHDRオン 器用に露光をあわせる人間の目で見た印象に近い。

α550の2枚合成から進化したNEX-5のオートHDRは±3EVで6EV幅の中で3枚撮影して自動で合成される。

ここまでハイダイナミックレンジの写真がサクっと撮れてしまうと少し悲しい気持ちさえ感じてしまう。

デジタル一眼の風景写真はこういった絵作りに進化していくのかもしれない。

ちなみにNEX-5ではオートHDRに設定しておくだけで普通に測光した写真とHDR写真の2枚が保存されるので常時オートHDRオンで使い倒せる。

10枚ほど通常撮影とオートHDR撮影のものを比較できるようにアルバム化しました。

逆光、順光、露出差の大きいものなど適当に手持ちでスナップしてます。

NEX-5購入検討中の方の参考になればと思います。

ええカメラですわ。マジで。

※flickrの無料だと要領不足なのでMSNにアップしてます。

スポンサーリンク