MacとWindowsでお気に入りIDパスワードまで完全同期インポートもエクスポートももういらない!

2011-03-09 11-49-03.jpg

すげーっす。無料で出来て便利なんです!

WindowsからMacに環境をお引っ越し中なのですが、結局のところ、ブラウザでいろいろやることが多いからIEとかクロームで普段使ってるブックマークとかIDパスワードなんかが引っ越しできれば、8割型新しいパソコンで満足できる環境になる。

昨晩からIT実践会で教えてもらった究極のブラウザ環境お引っ越し方法をせっせとくみ上げていった結果。

WindowsでIE使ってたときとは比べ物にならないくらいすてきな環境がMacに出来上がったので忘れないようにメモしておく。




XmarksとLastpassでお気に入りやIDパスワードをクラウドで完全同期

XmarksとLastpassというサービスがあって(今は同じ会社が運営しているようだ)これらを各ブラウザにインストールするだけ。無料です

これですべてのPCですべてのブラウザでお気に入りやIDパスワードがお引っ越しによくあるエクスポートやインポートの作業をしなくても同期して移行できる。

つまり自動でお引っ越しできるんです。

手順

1.XmarksをWindows(古いパソコン)の普段メインで使うブラウザにインストール。
(僕のIEではCSSの動作が不安定でポップアップされるメニューなどが完全に表示できず進行できなかったのでFirefoxで作業を進めた)

途中でXmarksのアカウント作成があるのでID無い場合はここで作成する。ここで作成したすべてのお気に入りやIDパスワード管理専用画面へのIDパスワードは忘れないように注意!

2.Xmarksのインストールが完了すると自動的にLastpassのインストール案内ページ(英語)が開く。

ここでLastpassもインストールします。

Windows用のXmarksとLastpassをインストールすればIE8とFirefoxにアドオンとして一括でインストールされたっぽい。

3.続いてMac(新しい引っ越し先パソコン)で使うブラウザ(SafariやGoogleクローム)にXmarksとLastpassを同じようにインストール。
(なぜかMac版Googleクロームでこの作業を進めると日本語のページでわかりやすかった)

4.インストールが完了すれば同期しますか?といったメッセージウィンドウが立ち上がったりするので全部推奨される方向へボタンをクリックすれば膨大なお気に入りやIDパスワード群がXmarksの管理画面内に表示されるようになる。

環境導入手順は以上。

そんなに難しくない。むしろ簡単だと思う。

もちろん複数のWindowsPCやMacなどパソコンの種別は問わない。

Linuxもいけるようだった。

アンドロイドやiPhoneなどのスマートフォンアプリも用意されている。

引っ越しどころか、

この作業をすれば以降は

全てのインターネット接続デバイスでお気に入りの移行などという作業とお分かれ

無料の同期サービスって嬉しい!

ロボフォームオンラインの管理IDパスワードも全てインポート可能

これがスゴイ。

今までロボフォームでIDパスワードを管理していたので、また1アカウント購入しないといけないのか…とうんざりしていたけど、LastpassをインストールしたブラウザからLastpassのアイコンをクリックすれば設定が可能だ。

ロボフォームなどのIDパスワード管理ツールが入ったブラウザで以下の作業を実施

  1. Lastpassアイコンをクリック
  2. ツールをクリック
  3. インポートをクリック

するとロボフォームのほか各種IDパスワード管理ツールの名前がずらり。

該当するIDパスワード管理の名前にマウスをもっていけばエクスポートとインストールの手順まで表示されるしくみ。

すばらしいです。

対応ブラウザ

  • インターネットエクスプローラー IE7 IE8
  • Firefox (win Mac)
  • Googleクローム(win Mac)
  • Safari

などでした。詳しくはXmarksの公式ページで確認してみてください。

Xmarks http://www.xmarks.com/

Lastpass https://lastpass.com/

Lastpassについて詳しく書かれた記事

http://www.lifehacker.jp/2008/09/lastpass.html

http://mozilla-remix.seesaa.net/article/107981670.html