Eye-fiダイレクトモードでiPhoneに写真転送できるようになった

Photo 4月 20, 2 32 07 午後.jpgEye-FiダイレクトモードでiPhoneにデジカメ写真があっという間に転送されるところ。
ついに来ましたeye-fiアップデートとiPhoneアプリによるダイレクト転送機能。

ちょっと設定方法がややこしかったので簡単に書き残しておきます。

Eye-Fiダイレクトモード設定方法

公式ページに説明書いてるのですが、少しわかりにくかったので雰囲気だけ設定方法書いておきます。

Eye-Fi公式 サポートページ

2011-04-20_13-56-45.jpg

Eye-fi Centerという専用ソフトを開いてeye-fiカードを繋ぐと、こういうアップデートのポップアップが出ます。

そのままカードのアップデートを行いました。

2011-04-20_13-57-44.jpg

あっという間にアップデート完了。

イヤッホー!

eye-fiの日本語ソフトは、なんともゆるい感じのメッセージが多いです。

アップデートが完了したらメニューバーにある設定→Eye-Fi Cardを選択。

2011-04-20_14-40-34.jpg

すると、ネットワークやジオタグなんかの設定画面が出てくるのでここでネットワーク→ダイレクトモードを選択

eye-fi_card.jpg

上記の図のようにダイレクトモードを起動するという下のボタンをクリックすれば設定完了。

あとはiPhoneのEye-FiアプリをインストールしてEye-Fiアカウント設定をすませれば自動でデジカメで撮影した写真がiPhoneに転送されます。

iPhone側のアプリの設定

2011-04-20_15-06-27.jpg

Eye-Fiアプリを開いて画面左上の歯車みたいなマークをタッチして設定画面を開きます。

英語なのでわかりにくいですが

Eye-Fi Card settings → Eye-Fi Cardを開いて

Receive Mediaをオンにすれば受け取れるようになった。

その他設定すればPCへの転送も可能。

iPhoneへ写真転送するときの注意事項

Eye-fiで撮った写真のサイズに注意した方がいいです。

iPhoneのHDDは小さめなのでデジカメのLサイズ(1000万画素オーバー)なんかの写真が連続でばんばん転送されるとiPhoneがお腹いっぱいで死んでしまいます。

iPhoneアプリの画像編集ソフトなんかも大きな写真(ファイルサイズが大きいもの)を扱うとすぐ落ちるものが多いです。(代表例 instagram)

あとは位置情報を付加したくないのであればEye-fi Center(PCソフト上)でジオタグ設定も変えておいた方がいいでしょう。

僕はデジカメの位置情報欲しさにEye-Fi買ったのになぜか自宅で写真を撮ると

Photo 4月 20, 2 33 27 午後.jpg

ナーンタイ王国

どこや?これ。

また設定いじってみます。

後記:

対応カメラに問題があるのかeye-fi対応のNEX-5からだとNEX本体でも転送の可否設定ができるのですが、どっちに設定してもiPhoneへもiPadへも転送できないエラーが発生。

非対応デジカメのPowershot G11だと位置情報までついてちゃんと転送できる。

この辺もまだまだアップデート直後はよくわからない状態です。

スポンサーリンク