Youtube活用法〜ブログに動画使うのもアクセス増やすのにはいいですよ

2011-04-15_15-25-02.jpg

youtubeって使ってますか?

2年くらい前にはネットのコンサルとかしてる人がこぞって動画マーケティングだ!Youtubeを使ったSEOだ!とか騒いでいたけど、最近はそういう人たちもめっきり少なくなって、どっちかというとSNSマーケティングだ!Facebookだ!とか騒いでる人が増えましたね。

まあ、新しいサービスにのっかるほうがスタートラインが皆同じになるので早い者勝ち商売(ネットコンサルとかw)にはちょうどいいんでしょう。

だいたい敏感な人たちが騒いだ2年後というのがそのサービスが一番ノリにのってる時期と考えていいですよ。一般的には株価の世界と現実のブームとかも同じような動きしてるしね。

まあ、どれもやるに超したことはないです。はい。

で、Youtubeなんすけど、

見るだけじゃなくて自分でもアップする楽しみは持ってますか?




Youtubeで楽しく、アクセスも呼び込む活用法

YoutubeってGoogleの動画検索でスカっと上位表示されることが多いのでやましいビジネスとかじゃなければどんどん使うべきですよ。動画撮るのは面倒だけど後で見ると楽しいし、そんなにプロっぽくないほうがリアリティがあってアクセスも充実しやすいんですよ。動画制作会社の作ったムービーって基本的にアクセス少ないですから。

ただし、アクセスが少なくてもいい結果に結びつきやすいのがYoutube動画なんです。

仕事にも役立つし

個人のブログなら、時がたって動画を含んだ自分の日記を見ると感慨深いものがあります。

そうなれば楽しいもんです。

では、アクセスとかビジネス臭い話ですが、、

僕はこのブログとか…で実験してますが1年分のデータがそろったのでそろそろ中身を公開しましょう。

2011-04-15_15-24-08.jpg

Youtubeのアクセス数はブログより多かったりすることもww

上記グラフはここ1年間のこのブログが使ってるyoutubeアカウントのインサイト(アクセス解析)です。

突発的なアクセスを生み出している2010年5月頃のview数を見るとブログ本体のアクセス数(当時月間数千PVだった)をはるかに上回るviewになってます。

このようにテキストベースのブログ記事単体で検索エンジンベースのアクセスを稼ぐよりも動画ベースで目立たせてアクセスを作る。

そしてそこからブログへ誘導するという考え方(ブログじゃなくてホームページとかでもOK)が以前から言われていた基本的な考え方です。

動画へのアクセス内訳から

Youtubeムービーのアクセス内訳は

  • Youtube内の関連動画 30.7%
  • Youtube検索 15.1%
  • 埋め込みプレーヤー 14.2%

といった具合で45%以上がYoutube内部での誘導となっています。

続いて埋め込みでのアクセス数となってますが、この1年でいうと後半はブログのアクセス数が10倍以上になっているのでこっちに埋め込んだ動画での表示回数が増えてきているためこのような結果になってます。

埋め込まれるようなバイラルな動画だとここが爆発的にのびます。

で、続いてGoogleでの検索結果からの誘導が9.5%。

ここでは8800件となってます。

月ベースで考えると700件くらい

1日平均20件以上の閲覧があるようです。

動画マーケティングという言葉は嫌いですが

このようにYoutubeの動画を使うことでウェブサイト単体の集客とは異なる導線のアクセスが集まります。

動画経由でランディングした人やブログやHPに動画があることで信用度を感じた人などは商売用のサイトの場合かなり申し込みや問い合わせの確率があがります。(たくさんの事例見たので本当です)

実際、僕はWEB上でコンサル業の集客は一切しませんが、他方面での問い合わせが増えてしまって困ってます。

ブログの記事特性もあってかiPhoneの修理や写真撮影の依頼がめっぽう増えてしまい、困ってるくらいです。(電話出るのが嫌いなのでたまにしか出ませんが。。なお、iPhone修理とかパーツ販売は今のところやってません)

電話申し込みや、簡単な問い合わせをコンバージョンとするサービス環境を持っている人なら、

動画を活用した

「中身の濃いアクセス」

を誘導する導線を作りやすいと考えられます。

こういったネット集客に関するサービスとのマッチングや手法の選別、優先度合いの選定など、考え方次第でいろんな活用ができますよYoutube。

個人がブログで使う場合

写真の代わり程度というスタンスでいいと思います。

カッコイイとか面白い動画に超したことはないですが、デジカメでまわしっぱなしの動画でもこれだけアクセスもってこれるのですから普通のムービーで問題ないです。

自分の趣味写真と一緒で趣味動画なので楽しいと感じれればそれでいいんじゃないでしょうか。

問題はキーワードと動画の内容のマッチングくらいでしょうね。

動画制作会社なんかは活用法を知らない場合が多いのでクライアントにあったプロモーションは何なのか?知らないというか考えれられないころが多いです。

動画のコンテンツを考える→動画を作る→掲載するページor誘導するページを制作する→Youtubeへ適切なアップロード手順を行う

こういった手順が必要です。

自分で出来る人のほうが多いはずです。

僕のインサイトサンプルも個人の日記ブログなので適当にキーワード選定して実験してる動画ばかりなので商売のためではないです。

では、最後に

集客用にyoutubeにアップする動画はこうやっとけ!

  1. 動画の長さは30秒以内(長くても45秒以内くらい)がベスト。
  2. 動画のタイトルと説明文には気を使え。
  3. 関連動画になりうる動画をよく調べておけ。
  4. Google検索の競合ページもよく調べておけ。

以上

あ、撮影のときはVGAサイズのほうが関連作業が楽になりますよ。

米スターバックスのソーシャルメディア戦略【ループス斉藤徹】 : TechWave 米スターバックスのソーシャルメディア戦略【ループス斉藤徹】 : TechWave ソーシャルメディア活用ランキング1位、スターバックス徹底研究:In the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ ソーシャルメディア活用ランキング1位、スターバックス徹底研究:In the looop:ITmedia オルタナティブ・ブログ