Google検索がより便利に!ナレッジグラフ日本語実装で検索結果が百科事典に

2012-12-06 12-40-19.jpgGoogleの検索システムが歴史的な変更を行ったというお話です。

検索の内部そのものは変わった感じじゃないのですが、その検索結果の表示パターンがよりユーザーライクになった。

そんな感じです。Googleナレッジグラフ 検索結果に知識を、、。




すごく便利!ナレッジグラフが適応された検索結果を見てみましょう

まあ、ググることに何の違いもないので

とりあえずググる!

2012-12-06 12-34-48.jpgGoogleナレッジの説明にあるように固有名詞を検索してみます

ゴッホと検索するとWikipediaのゴッホページから一部引用が検索結果の右側に表示されます。

さらに、

2012-12-06 12-35-12.jpgゴッホ 作品 と検索すると、従来の画像検索の結果に加え、ページ上部にWikipediaから引用された作品画像が一覧で表示されます。

なるほど、

百科事典で探すような情報は百科事典のページにある情報を検索結果に目立つように返せば、検索ユーザーにとってもスピーディーに目的を達成できるわけですね。

まさに百科事典のようです、今のGoogle。

余談ですが、、

百科事典は僕の人生の宝物

子供の頃、ウチの家庭に、当時(昭和50年代)

押し売りさんが来たそうです。

昭和のこの頃って、押し売りという商売がありまして、今で言う飛び込み営業ですね、

この押し売りさんから母が百科事典を購入したんです。

そんなに裕福ではない家庭だったのですが、数十万円する百科事典全17巻を僕のためにと母が買ってくれた。

安月給の父に母はえらく怒られたそうですが、

「しんごが勉強好きやから、、。」

と買ってくれたそうです。

僕、たいして勉強は好きではないんですけどね、、。

後にで聞いた話ですが、ウチへきた押し売りさん、

鹿児島の実家に一人暮らしの年老いた母親をひとり残して大阪へ出稼ぎに来てたそうで、

そんな苦労話を聞いたうちの母は

なんらかの共感を受けて百科事典を購入したのです、、、w

といった過去がありまして、

高価な百科事典でしか探せなかった情報が

今ではGoogleやWikipediaでいつでも手にとって調べられる。

僕にとっては検索エンジンとネット上の情報は本当にありがたく宝物のようなものなのです。

だからGoogleが便利になることは毎回とても嬉しいのです。

ではそんな

百科事典ライクなナレッジグラフの検索結果をさらに見てみましょう

2012-12-06 12-36-04.jpgホワイトハウスの検索結果

米国の中枢ですね、SEOとかやってる古い人なら知ってるかもですがかつてページランク10を世界で最初に記録したWEBサイトと記憶しております。(W3C?日本では慶応大学だったかな?)

ホワイトハウスの場合、道順案内が優先して表示されてるようです。

検索でホワイトハウス探す人はホワイトハウスへ行く人が多いのでしょうか、、。(米国ではそうなのかもね)

2012-12-06 12-36-26.jpg少しスクロールすると右側下の方に

他の人はこちらも検索

というのが出てますね。ペンタゴンとか国会議事堂とか、、。

こういう検索候補出ると僕は見たくなります。

その下にちゃんと広告も出てますね、レゴブロックのホワイトハウス、、、、。うん、欲しいw.

では、続いて

2012-12-06 12-37-12.jpg大阪って検索してみました、

地図、説明、さらに深く入った候補

みたいなのが表示されます。

さらに 大阪 名所と検索すると、、

2012-12-06 12-33-15.jpg

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが右側に表示されます。

大阪の名所といえば

USJなんですかね、、、。通天閣やとおもてましたw

じゃあ、

東京の名所ってどんなだろう??

2012-12-06 12-34-17.jpg東京ディズニーランド、東京タワーなど、いっぱい出てきます。

基本的に固有名詞に言及した検索結果を返すGoogleナレッジ

芸能人とかだと

2012-12-06 12-37-37.jpgAKB48 の検索結果

こんな感じでWikipediaにある画像が表示されて、情報も一部抜粋で出ますね。

スクロールしてみると下の方には

2012-12-06 12-38-02.jpgAKBのメンバー、大島優子、篠田麻里子といった顔写真が、、。

他の人はこちらも検索には前田敦子、指原莉乃といった顔写真が、、。

これってAKB出ていった人たちなんですかね、、??

AKBじゃない人かな、。

よく知らないんで

大島優子さんの顔写真をクリックしてみました

2012-12-06 12-38-41.jpgすると、大島優子の検索結果と

AKB48 メンバー という検索結果が最上部に出ます。

AKBをあまり知らない僕でも、ここまで親切に出していただけるとメンバーが誰なのか、少し覚えれそうです。

Googleはやっぱすごい

こうやって、いろんな検索をしていくと、Googleナレッジってのが

検索結果そのものを情報ページとして価値付けする

という動きを感じるのは僕だけでしょうか。

多くの人が、いつもWikipediaをクリックするような検索ワードに対してはナレッジの検索結果になる感じなんですかね。

おかげでAKB48のメンバーを少し覚えれました、

ナレッジですね、まさに知識を得ました。

英会話とか焼肉とか、、商売じみたワードはこんなナレッジ出ないですね、今のところは、、。

とにかく、Googleが便利になることは大歓迎

僕らの百科事典はこれからも便利になっていくんでしょうね。

Google先生 いつもありがとう!

Googleナレッジグラフについて詳しくはこちら

今回、ご紹介したナレッジグラフは著名人(ミュージシャン・グループ、俳優、歴史的人物、スポーツ選手・チームなど)、エンターテイメント(映画・テレビ 番組、芸術作品など)、場所(有名な建物や観光地、国内外の自治体など)、自然科学(生物や天体、化学物質など)等のキーワードに対応しています。今後、 表示できるカテゴリも拡充していきますので、ご期待ください。

http://googlejapan.blogspot.jp/2012/12/blog-post.html