おすすめ自撮り棒YUN TENG三脚にもなるBluetoothリモコン付きセルフィスタンド

自撮りがしたいわけではないのですが、自撮り棒を買いました。

そして自撮りしましたw

いいアクションカメラを買ったので、こんな感じのVLOGという動画ブログをやってみたいという理由もあり、延長できる棒がほしかったんです。

Amazonでも物色してみつけました。

アクションカメラFDR-X3000を超ローアングルやハイアングルで使う際に便利な伸びる自撮り棒を選びました。

アクションカメラで使う場合、これ、かなりオススメです。

めちゃくちゃいい品です。




YUN TENG三脚自撮り棒がデジカメ使いに良いところ

三脚穴がついている

まずは、デジカメなどの三脚穴に1/4ネジでクルクル固定できる雲台がついているところが良い。これ、ものによっては別売でアタッチメント買わないと使えないことになるので要注意ポイントです。

もちろんスマホもガッチリホールド

このスマホホルダー、かなりガッチリつかめる、金属ネジで締め付ける仕様です。かなり締め込めるので個人的には別用途で使用も考えたいレベル。三脚ネジ穴つきスマホホルダーです。

スマホならBluetoothリモコンで撮影OK

Bluetoothで繋げば写真も動画も遠隔撮影OK。ズームボタンもついてます。

充電はマイクロUSBで内蔵バッテリーへ。

自撮り棒で最も大切なネジレ防止機能完全装備

これが今回、購入前の説明や画像で確認できなかったポイント。

しかし、商品が届いて感動した。

自撮り棒の柄の部分、伸びる部分すべての節に回転止めの溝が装備されています。

おかげで、少々動き回ってもカメラがクルン♪とズレ落ちない。

最高です。

普通の自撮り棒はこうです。

これも、三脚穴付きでお気に入りなのですが、スマホ載せて動き回ると軸が回転してしまいすぐにカメラの向きが変わってしまう。

自撮り棒買うときの決め手はここです。

延長部分の軸が固定されているものを選ぶと使いやすい。

雲台は自由雲台で使いやすい

RX100M5を普段使う際、時にはジンバル代わりに、基本は三脚としてマンフロットのミニ三脚を常用しています。

これで自由雲台の便利さに慣れてしまったので今回の自撮り棒にも自由雲台がついたもので、かつしっかり固定できるものはないか?と探しました。

プラスティック製の自由雲台ですが、スマホやコンデジ程度ならかなりガッツリ固定できます。

軽量コンパクトで持ち歩きやすい

ちょうど手に持ちやすい大きさで、歩き撮りの動画などの手ブレも収まりやすい大きさです。

電動のジンバルほどではないですが、こうやって小型の三脚を装着してスマホやアクションカメラを使えばブレはかなり軽減されるので気に入ってます。

三脚としてかなり使える

ミニ三脚として持ち歩きたい軽量コンパクトな自撮り棒。

自撮り棒なので伸びます。

最大90センチ程度の伸びしろです。

これだけ伸びてくれるとメインの三脚としても活躍しそうです。

ただし、

ミラーレス一眼など大きく重たいレンズを使用するカメラでは安定度に欠けます。

一応このNEX-6程度なら無風状態では使えるのですが、基本的に300グラム以下のカメラやスマホで使用するほうが安定感は高まります。

YUN TENG YT-9928という自撮り棒です

この中国製のメーカーはよく知りませんが、他にも同様の製品をAmazonで見かけます。ただ、ブランド名が違うと「大事な機能」が省かれていたりすることもあり、注意が必要です。

三脚部のゴム足もしっかりしてマンフロット風なので良い感じです。

この値段(1800円程度)で買えるなんてスゴイことだと思う。

僕が買ったのはこの2018年の改良版

めちゃ使いやすい軽量コンパクトタイプです。