LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm POWER O.I.S.動画撮影用に望遠レンズ使ってみた

望遠レンズは旅行に行ったときくらいしか使わないのですが、先日旅行先で手持ちのM.ZUIKO40-150mmとLUMIX G7の組み合わせで手ブレが酷かった。




M.ZUIKO40-150mmとLUMIX G7の動画

編集で手ブレの少ない箇所をカットすれば動画としてはなんとなくまとまります。

こんな感じ

こちらの動画も後半はタモン湾にて夕暮れと妻を追いかけてG7と望遠レンズで撮ったものです。4Kで撮影しカラーグレーディングしてるものとなります。(2:20くらいから)

しかしながら、実際はもっとたくさん撮影してるのに、ほとんどが激しい小刻みなブレブレ感満載で使える動画が少なかった。

三脚使っても風でグラグラ映像はぶれます。

望遠の動画ってカッコいいなあ、、

と思いつつも手持ちのレンズやボディでは同しようもない問題がありました。

そこから悩みました。

なんとか金額的に手頃な範囲で手ブレを抑えられないものか?と考え、ボディをG8に買い換えることも考慮しましたが、そもそも手ぶれ補正付きレンズを持ってなかったため、低価格でPOWER OIS搭載のXレンズを使ってみることにしました。

レンズは買ったのですが、まだ旅行などには行けてないので近所でサンプルの動画だけ撮ってみました。

※ブログ用の限定公開映像ですので検索しても出てきません。

LUMIX G X VARIO PZ 45-175mm POWER O.I.S.動画 ボディG7

ボディ内手ぶれ補正のあるカメラ本体を持ってないのでレンズのみでの手ぶれ補正の雰囲気を動画で撮影してみました。

この動画でわかること

なんとなくですが以下

  1. フォーカスの動き
  2. 映像のシャープさ
  3. ボケ具合
  4. 色合い(撮って出し)

くらいは自分で見てわかるように撮っておきました。

最近動画編集にハマりすぎてブログも全く更新できず、カメラの沼というのは本当に恐ろしい限りですね(苦笑)