セキュリティソフト比較2011永久保存版|ウィルスバスターとその仲間たち高性能ウイルス対策ソフト評価

ウイルス対策ソフトの2011年度版が各社からリリースされました。僕のパソコンも期限切れでおかしな広告や更新案内のメールがわんさか届いています。年に1回の更新時期にクラウド化したウィルスバスターから乗り換えるべきかそのまま継続するべきか最強アンチウィルスソフト4社で乗換に際して比較してみる。

スポンサーリンク

ウィルス対策ソフト日本で人気の高性能4社を比較

ウィルスバスター2011クラウド

2010-09-18 9-29-06.jpg

ウィルス対策といえばこれ、というほど有名なウィルスバスター。実はウチで使っているデスクトップPCにはウィルスバスターがインストールされている。期限が近づくと不要なポップアップとおかしなメール通知が多く乗り換えしようとしていた気持ちが萎える。

この2011年度版からはクラウドというネーミングが加えられた。これは従来版で評価が悪かった動作が重いという悪評を覆すためウィルスバスターそのものの地力では実現できなかった「軽い動作」を擬似的に表現するための設計変更というものだろう。

ウィルス検知の定義ファイル更新などをインターネット接続によってクラウド側で実施するという試み。以前から無料版でやってたアンチウィルスチェックの有料版ということになるのか。詳細は公式サイトで描いているけど分かりにくい。

ウィルスバスター2011を評価

更新に向けて一言

インターネットに繋がらないと使えないというセキュリティソフトには若干疑問を感じる。

Eset Smart Security(イーセットスマートセキュリティ)

eset_smart_security2011.jpg

ウチのPCは3台がEset Smart Securityを採用している。1本はもう2年ほどメインマシンを死守してくれている。実はこのメインPC(レッツノート)の有効期限も切れかけている。乗り換えるか更新するべきか?

元祖、PC動作が軽いセキュリティソフトとして日本中で騒がれた2年前、早速ウィルスバスターから乗り換えてあまりのPC性能アップに感動したのが継続しているきっかけ。今だにPCが調子悪いとか重たいといった出来事もなく「ごく自然に」パソコンライフを送っている。

一番お気に入りなのは圧倒的な軽さはもう当たり前として、外出先の公衆無線LANなどをwindows側が自動で検出した際にオフィスならオフィス設定、完全に公衆の場であれば厳密に保護を設定できるところ。これがワンクリック設定でその場で完了するため、僕のように外出が多いモバイルPC派にはこの上なくありがたい機能なのです。余計な通信とかもなくメモリーリソースも使わないのでバッテリーの持ちも圧倒的にいいです。

知らない人は無料体験版を試すとすぐに分かります。

Eset Smart Securityを評価

更新に向けて一言

まあ、メインのモバイルノートPCはネットつなぎっぱなしなのでコイツじゃないと守れないよなぁ。というか今3本ライセンスで一番安いタイミングなのでありがたい。

ノートンインターネットセキュリティ2011

norton_2011.jpg

ノートーンってなんとなく印象がいいんですよ。僕黄色が好きだから。でもなあ、子供用のパソコンに購入時からインストールされているノートンもかれこれ2年使っている。あのDELLのPCが元々動作が遅いのか、ノートンが遅くさせているのか完全な理由はわからないけど子供専用のPCゆえ放置して使っているだけ。ただ、ノートンからウィルスバスターに乗り換えた旧メインPCだったデスクトップでは軽くなったけどウィルスバスターのweb閲覧制限がウザイという状況に陥った記憶がある。

各社セキュリティソフトにはweb閲覧制限があるが基本的に僕はその機能を解除している。閲覧制限機能はブラウジングを遅くさせるので軽快なインターネットサーフィンを好む人には不要だ。あとメインマシンではEset Smart Securityがガンブラー感染サイトなどをごく自然に発見し接続をシャットアウトしてくれており、そもそも他社で言うところのWEB閲覧制限機能の必要性を感じ無いのです。子供用パソコンで必要な機能ということかもしれませんね。

管理画面は2010年からかっこいい。まあ、個人的趣味の問題か…。

ノートンインターネットセキュリティ2011を評価

更新に向けて一言

軽さでいえばEsetに続くセキュリティソフト。アンチウィルス性能も高いし管理画面が好き。

マカフィーインターネットセキュリティ2011

macafee2011.jpg

マカフィーはAdobeリーダーをインストールした際に勝手にインストールされることがあるため個人的には印象が悪い。本来のアンチウィルス性能は非常に高いので上記3社同様日本国内でのシェアは大きい(Esetに抜かれるまでは3位だった)。

ただし、噂に違わぬ動作の重さがあるためウィルス検知実行時以外でもPCは少し重たくなると思っていたほうがいい。2年ほど使用しているPCはたまにしか使わない自動作業専用マシン。ここにマカフィーが入ったままだけどのんびり勝手に動かすPCには向いてるかな。正面向いて使うと重さでイライラすることもある。(あくまでも個人的な慣れからの感想)

こちらもクラウドに更新作業などを振り分けているところをみると根本的に軽くするのが難しいソフトということなのかもしれない。

マカフィーインターネットセキュリティを評価

更新に向けて一言

ここはひとつ、またゆっくり考えます。

個人的セキュリティソフトの評価ウィルス対策ソフト比較の結果

素人やパソコン初心者とさほど変わらない知識でウィルス対策ソフトを使っているけど種類だけはいろいろ使ってきた。

最終的にはEset Smart Securityを3本、ノートン1本、ウィルスバスターのクラウドを試しに1本という感じで購入を検討中。

細かい数値データとかいろんなところで見かけるけどああいうのは使用するPC環境によって全然変わってくるから参考にならない。

  • 実際に使っていてウィルスに感染したことがあるのか?
  • パソコンが軽いかどうか?

ここらへんに注意して試してみるといいかも。

どこのセキュリティソフトも1ヶ月程度の無料オタメシ期間があるから秋の夜長に自分のPCや利用環境にあったものを選んでみるといいですよ。

4社ともまず、一般家庭ではウィルス感染することはないです。

だって、それが有料のウィルス対策ソフトのメリットなんですから。

我が家の専属警備員はEset Smart Securityです。

あともう少し評価や人気を比較してみたい場合はウィルス対策比較のサイトなんかも参考になります。