【腕時計】ダニエル・ウェリントン電池交換方法(必要工具)と交換用電池の品番SR621SW「364」

ダニエル・ウェリントンの腕時計

薄型でスタイリッシュな腕時計の電池交換方法と必要な工具のまとめ

 

 

スポンサーリンク

電池交換に必要な工具

必要な工具で一番大事なのがこれ

 

腕時計の裏蓋閉める器具です。

 

 

これが無いと電池交換しないほうがいいです。

蓋を人間の手、指、力で閉めようとしても不可能です。

 

薄型腕時計なので、無理な締め方で力入れるとガラス風防が割れます。

専用の裏蓋締め器具を使いましょう。

 

 

 

あとは

ピンセット

裏蓋あける器具

 

これだけあればOK

 

Amazonでセットで売ってます。

 

 

これ、Amazonで何種類か売ってますが、いきなりハンドル折れるとか

中国製の不安な製品が多いのでこの同じもの買うと安心かもです。

めっちゃ握りやすく圧力かけやすいです。

 

E·Durable 腕時計工具 時計閉め器 時計裏蓋閉め器 裏蓋 ガラス 閉め 電池交換 時計の修理 裏蓋外し コマセット メンテナンス 腕時計用工具・清掃用品

 

 

交換用電池 SR621W 364

 

交換用電池はこの364番です

SR621SW

 

SONYの5個入りが安心です。

 

※5個あれば10年くらい持つはずです。

電池交換器具も買えば安心安心♪

 

 

 

交換方法

 

 

まずは裏蓋はずしで

裏蓋をはずします。

 

 

裏蓋外しのサキッチョを

時計の裏蓋の

時計のリュウズと反対方向に差し込みます

 

裏蓋外す

 

 

 

グイッと押し込む感じで力を入れます。

(裏蓋の外側から円の中心部へ向けて力を入れると外れやすい)

 

 

 

裏蓋をはずすと

ムーブメントと

ムーブメントをガードするショックガード(白いやつ)が見えます。

 

 

 

 

この白い樹脂製のものをとりはずすと電池交換が楽ちんです。

 

 

 

電池を外す

 

 

 

ピンセットで電池を取り外します。

 

電池がとれたら

指で電池を押し込んでハメ込みます

 

 

 

 

絶縁がどうのこうの、、

とかいう人いますが、

ボタン電池のクオーツなんで

そんなの気にしない。

 

 

気になる人は絶縁出袋とかしてもいいかも。

 

 

 

 

 

 

外した裏蓋を取り付ける

 

裏蓋のリュウズ側にはこの写真のような「切り欠き」があります

 

 

この切り欠きを

リュウズの棒に当たらないように裏蓋をハメ込みます

 

 

なお、指で押し込んでも絶対にハマりません。

 

 

 

 

裏蓋を閉める器具を使う

 

これを使って裏蓋を締めます

 

この白い円柱も付属してるので

 

土台側にはガラス面より大きく、時計ケースのフチと同等サイズのものを選び取り付ける

 

上の押さえつけ部分には、時計の裏蓋の直径サイズよりやや小さめのものを選び取り付ける

 

取り付けは簡単

くるくるまわしてつけるだけ♪

 

 

 

 

円柱の樹脂土台をとりつけたら

 

あとは

 

プッシュー

 

 

 

裏蓋締め器具のハンドルを握って

裏蓋を時計ケースへ圧着します

 

 

パチン!

 

といい感じの音が出たらOK

 

 

 

防水用のゴムパッキンがついてます

キッツキツで裏蓋をしめつつけてるっぽいです。

 

日常生活用防水程度の密着はしてそうな裏蓋です。

 

 

キツキツなので

こういう器具で密封するわけですね。

 

 

 

 

 

以上でダニエル・ウェリントンの薄型腕時計の電池交換作業はおわり。

 

 

余談)

 

裏蓋締め器具ナシで電池交換をはじめてしまった僕は

 

しばらくのあいだ、裏蓋をセロハンテープでとめたまま放置してました。

 

 

そういうことのないように。

 

 

これ、必須アイテムです。

裏蓋締め器具と裏蓋あける器具のセットです