Pentax K-rピンク白買ったんでちょいレビュー書いときます

公開日: : デジカメ ,

 

2011-05-08_21-38-30.jpg

 

諸事情でPentaxのカメラ女子に大人気のK-rを入手。

しかもボディカラーはピンク、グリップ色は白という完全女子仕様。

なんでこの色なのかはさておき、デジオタの個人的レビューを書いておきます。

ハイスペックAPS-C初心者用デジイチとしてどんなもんなのか興味津々です。

K-rピンク白 レビュー 見た目以上に楽しめるかもね

では、レビューするつもりもなかったのですが本日到着後公園に持ち出してたのでちょいと借りてみて(僕のじゃないから)試せるだけいろいろ撮影機能を試してみました。

レンズは付属のDAL18-55mm F3.5-5.6という入門向け一般的なレンズっす。

撮影サンプル

通常撮影 ワイド側

Pentax K-r Test ワイド

とりあえずテキトーにプログラムオートとかフルオートで撮ってます。

詳細はFlickrのExiffデータでも見てください。

K-rの液晶って数値ほど詳細な表示が出来てない感じなのでちゃんと撮れてないと思ってたけど、こうやってみると一応ピントも合って撮れてる。

望遠側

Pentax K-r Test ボケ2

18-55mmズーム側

レンズ内手ぶれ補正じゃないのでブレ度合いがわかりにくい。ソニーのαシリーズみたいにブレセンサーみたいな表示があればシャッター押すタイミングも選べるんだけど。。

解像度 PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL II

Pentax K-r Test wide

標準ズームの隅の方もなかなか解像度高いんじゃないでしょうか。

えーっと、撮影モードはPですがデジタルフィルターとかかけてません。

ピクチャスタイルはナチュラル。

ぼけ具合と逆行の雰囲気

Pentax K-r Test ボケ 逆行

逆光でも個人的にはこれくらいゴースト出るのが好みだけど、一般的にはここまで派手だとダメだとよく言われる。

個人的にはいい感じだと思うけど。どんなもんでしょ?

HDR性能は?

Pentax K-r Test HDRマックス

HDRサンプル。使い慣れたNEX-5と比較するとかなり写真ぽさが足りない。

これは露出幅最大のプラスマイナス6EV。絵画っぽい。やりすぎHDR。

オートにすると普通の写真とあまり変化が出ないシーンもあったりでHDRに関しては少し使いづらい。

アートフィルター クロスプロセス効果

Pentax K-r Test クロスプロセス

デジタルフィルターとかアートフィルターのような機能が豊富なPentax。

このK-rにもこのような遊び心が搭載されている。

上の写真はクロスプロセス効果(緑、紫などある)をかけたもの。

デジタルエフェクト トイカメラ

Pentax K-r Test トイカメラ

デジタルフィルターのトイカメラ風。

コントラストが高くて彩度を下げて周辺光量が落ちたようなエフェクトがかかる。

けっこう面白そう。ちゃんと使うと楽しいかも。

これは普通に撮った写真をあとからK-rのカメラ内で再生時に変更や調整が出来る。

ほかにもハイコントラストとか白黒とかいろいろあります。

助手席で遊べる機能だと思いますよ。

Pentax最新の高感度ISO25600

Pentax K-r Test ISO25600

個人的に一番興味深い機能。拡張ISO感度25600でも夜景。

ノイズが目立つのは当然としても、これ、ノイズ使って新たな絵作りとか出来そうな雰囲気がある。

愛機EOS5DMK2のISO25600は使わないけど、こっちのは使ってみたいと思う「いい雰囲気が出るノイズ」かもしれない。

ちなみにかなり暗いところでもシャキっとシャッタースピード稼げます。

これすごいわ。

手持ちHDR (おまけ)

Pentax K-r Test 夜HDR

手持ち夜景モードと手持ち夜景HDRというモードがある。

こちらは手持ちHDR夜景ですが、ISO6400で3枚撮って合成してノイズ減らしてる感じ。

NEX-5の手持ち夜景モードは7枚連写してノイズを限界まで削るのであれと比べるとノイズが目立つけど。

手持ち夜景のHDRって必要かな?

夜景HDRは三脚使ってレンズ絞ったほうが楽しいですよ。

 

以上K−rのインプレッションを部分的に書いてみました。

 

総評:いいカメラだと思いますよ。数値だけみるとプロ機といってもいいくらいの数値を持っている最近のエントリー機種はスゴイ。個人的に自分のものにしたいくらい。

ホームショッピング

ここで買いました。全色揃っていて、受注生産カラーも2週間で商品到着と早かったです。
レンズキットにカメラバッグ付きで45,500円

中古よりも安くて、なんか得した気分。

 

後記:

基本的に女子カメラというかママさん人気になりそうなカメラなのでフルオートで撮ってきれいに撮れるという印象。

便利なんだけど、ウレタン?プラスチックボディは衝撃に弱そう(精密機器部分へ衝撃を的確に伝えそうな雰囲気)なので持ち運びにめちゃくちゃ神経使う。以前使ってたα300とかも同じサイズで同じような材質だったけど少しぶつけただけでボディ内手ぶれ補正機能が壊れた×2回で修理代かかって泣いた。

なのでこの手のボディ内手ぶれ補正一眼は持ち運びに気をつけた方がいいですよ。

ピンクボディはキツイなあ

なんで、ピンクボディに白グリップやねん。

オッサンがこれ持ち歩くの怖いんだけどw。

一応ママさんカメラで僕は選ぶ権利なしなので。。

お父さんの写真散歩に付き合う娘の練習用カメラとしても使えるかなという感じです。

本当は黒ボディに白グリップとか青ボディがよかったな〜。

個人的にもK-rのかわいらしさはK-xのころから魅力的に感じていたので誰も使わないときは存分に使わせてもらいたいけど、

色がなぁ。

スポンサーリンク



関連記事

no image

SONY NEX-5フルHD動画|オートフォーカスの速さが際立つデジタル一眼

NEX-5噂のデジイチ動画オートフォーカスをチェックしてみた。他のサイトなどにあるレビューなどと見

記事を読む

RX100M5用互換バッテリーENEGONレビュー

ENEGON のSONY RX100M5用NP-BX1互換バッテリー2個同時充電器が賢いのでオススメ使用感レビュー

最近は常時持ち歩きカメラとしてSONYのRX100M5を使ってます。 デジカメはUSB充電

記事を読む

XQ1レビュー

XQ1レビュー1ヶ月使用してみると慣れてきて手放せなくなった

最近このコンデジを持ってない日は無いといっていいほどいかなるシーンでも携帯しているデジカメXQ1.小

記事を読む

愛用のデジカメ年季入ったXQ1のネジ注文した

自分で忘れないように書き残しておきます。 愛用のコンデジ FUJIFILMのXQ1 これ

記事を読む

no image

TAMRONが好き 28-75mm F2.8 A09と28-300mm VC A20でズームレンズの二刀流

  ズームレンズってやっぱり便利。画質を追求すると単焦点レンズを求めがちですが、街角スナ

記事を読む

no image

EF50mm F2.5コンパクトマクロは便利で安くて僕の初恋のレンズ

  インスタグラムを始めてから眠っていたレンズを掘り起こして使いまくってます。iPhon

記事を読む

no image

PEN E-P1とM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8に決めた

お散歩カメラという位置づけに近いかもしれないけど、オリンパスのPEN E-P1が中古で手頃になって

記事を読む

no image

NEX-7連写シャッター音 12枚/s速い

NEX-7の連写はNEX-5より大幅に性能アップして秒間12枚(最高)となっている。 ちょっ

記事を読む

no image

SONY NEX-5レビュー3|操作方法とボディ仕様で個人的に気に入らないところ

NEX-5のセット内容や操作性の中でデジタル一眼レフに慣れた目線から気に入らないポイントを洗い出し

記事を読む

no image

Pentax K-rデジタルフィルターを試す

Pentax K-rのピンクで遊ばせてもらってます。 このK-rにはデジタルフィルターという機能が

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



iTunesのイコライザーについて
最強iTunesのイコライザー設定は部屋次第スピーカーユニットの性能グラフを見て決める

久しぶりのオーディオ日記です。 最近、問い合わせフォームや知人か

お尻が痛くならない椅子を求めてDXRACER ゲーミングチェアのレビュー車のシートをイメージするなら期待しない方がいい

普段はソファとかテキトーなところに座ったり寝転んだりしてノートPCを開

NorthCrownゲーミングキーボードレビュー
NorthCrownゲーミングキーボードのレビューと青軸に静音ゴムリングWASDキー交換など日記

最近PCゲームにハマっておます。 ゲーミングデバイスがい

RX100M5用互換バッテリーENEGONレビュー
ENEGON のSONY RX100M5用NP-BX1互換バッテリー2個同時充電器が賢いのでオススメ使用感レビュー

最近は常時持ち歩きカメラとしてSONYのRX100M5を使ってます。

Logicool M570tレビュー初めてのトラックボール
初めてのトラックボールLogicool M570tマウスから乗り換え体験と使用感レビュー

2011年にMacBook Proと出会ってから、今後の人生でマウスな

→もっと見る

PAGE TOP ↑