「 オーディオ 」 一覧

RCAライン入力切替器にマスプロAVセレクターVSW41を導入してアンプ&スピーカーを好みのジャンルで聞き分ける

LUXMAN L-590AXが来てその価値を見極めるべく今手元にあるデジタルアンプ、真空管アンプ、アナログアンプ2台を瞬時に切り替えて音の違いなどを確かめたいとRCAライン入力の切替器を探して

続きを見る

Lepy LP-2024A+初めての中華デジタルアンプと純A級LUXMAN L-590AXのレビューどちらも素晴らしい高音質で驚いた

オーディオにハマり、 高級なアンプってどうなの? 何かいい音に変わるの? という疑問があり、だいぶ無理してラックスマン(LUXMAN)の純A級アンプL-590AXを購入した。

続きを見る

SHURE SE215レビューJAZZにマッチするオススメのカナル型イヤホンと散歩の話

日本橋の電気街が近所なので散歩しながら音響屋で高級アンプやスピーカーの音合せチェックをしまくって最終的に見積もり出したのがこれ。 スピーカーJBL4429ペアとアンプはマッキンMA-67

続きを見る

JBL4312B MK2分解メンテナンスとウーファーホワイトニングとダンピング材塗布

JBLの4312の白いウーファーがあまり白くないので塗装しなおすために一度分解してダンピング材も塗り直そうという計画でいろいろやってみた。 ※ ※接着剤塗るのは絶対に真似しないでくださいね

続きを見る

JBL4312B MKⅡ中古を入手かるくメンテ~30センチウーファーをホームシアター用に

どうしても30センチウーファーついたスピーカーが欲しくて家電量販店でJBLの4312D、4319あたりを何度も音出ししてもらってたけど、どうも音が気に入らなくて家に持ち帰ってもエージングで相当

続きを見る

PSVANE真空管300Bを交換用にストック音質レビュー少々

真空管アンプの楽しみといえば管球交換 と勝手に思い込んでるけど、手頃に交換できる予備管球をもっておこうと用意したのがPSVANE300B。 真空管の王様と呼ばれる300Bなんで安く

続きを見る

CM5分解チューニング4KHzクロスオーバーが気になって吸音材詰め込んでみた

オーディオにハマると機材に不満が出るもので、限られた予算の中でいろいろ試したくもなるもので。。金が無いなら知恵を絞れといろいろ調べたりするもので。。 手軽に音質替えてみたいと思ったりする

続きを見る

ソフトン真空管アンプModel-8 300Bで暖かく聴きやすい音へ~初心者にも優しいTubeアンプ

アナログアンプで十分きれいな音を楽しんでる毎日。 だけどこのスピーカーどうだろう?とかこのアンプでどうだろう? みたいな欲求はどこからともなく出てくるもので、極端にデジアンと真空管アンプの

続きを見る

オヤイデ電源タップOCB-1 DXsレビューかなり低音が太くなるので諸所やり直し

電源タップを交換するとどうなるのか? 結論からいうと これほど大きく音が変わるとは、、 という感じ。。 電源交換→アンプの性能120%へアップ→スピーカー性能の懐の深さ

続きを見る

開放型と密閉型の違いオーバーイヤーの心地よさ【レビュー】audio-technicaオープン型ヘッドホン ATH-AD900X

娘の電子ピアノ練習用に開放型のヘッドフォンがいいなとオーディオテクニカのオープン型ヘッドホン ATH-AD900Xを。 というか本当は自分用。 前回入手したゼンハイザーのMOMEN

続きを見る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



USキーボードで@マークと¥マークを入力する方法Google日本語入力
USキーボードで@マークと¥マークを入力する方法Google日本語入力アンダーバーだけちょい面倒

忘れないようにメモしておきます。 辞書登録とかいろいろ試したけど

中国製激安1,000円未満イヤホン聴き比べ評価バランス音質VStudioJP他全3種比較

1,000円未満のイヤホン聴き比べ企画第二弾です。 前回のパナソ

パナソニックRP-HJE150-Gイヤホン音質比較カナル型【1000円未満】おすすめ
イヤホン音質比較カナル型【1000円未満】パナソニックRP-HJE150-Gおすすめポイントはバランスされた音質

今愛用しているイヤホンはSHURE 535SE LTDです。父ちゃんは

Rock with Youカバー曲まとめ
Rock with Youカバー楽曲まとめ4曲厳選クインシー・ジョーンズ他

中学生の頃からマイケル・ジャクソンが好きで洋楽にハマり、当時お気に入り

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章 書評レビュー
ネットで「女性」に売る谷本 理恵子 (著)の書評と参考になるレビュー

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則 K

→もっと見る


PAGE TOP ↑