RX100M5の画質チェック用EXIFデータなど千日前周辺のお散歩写真~大阪

2月の3連休、特に用事もなく、自宅でダラダラしていた。

デジカメで写真でも撮りたいなあ、、とおもむをにRX100M5を取り出す。

※ 以下、写真クリックでFlickrへジャンプExifデータ見れます。ろくに構えることもなくパシャパシャ撮影しやだけのスナップ写真です。ブレ具合なども参考に。

DSC01723

家で退屈してたので、手元にあるものに向けてシャッターを押す。

購入後半年たつも、あまり使ってないSONYRX100M5。

どうしてもFUJIFILM XQ1の軽さとタフさから抜け出せず、壊れやすいSONYデジカメをもい歩くのが億劫だった。

とはいえ、高級コンデジゆえ使わないともったいない。

つかいみちはないものか?とシャッターを押す

DSC01724

テキトーにその辺にあるものを写真に収めてみる。

こうやって観ると、画質はすごくいい。

なんでこのカメラ買ってしまったのか?

と日々悩んでいたが思い出した。

「そうや、画質がめちゃくちゃいいんだった」

外で写真でも撮るか、、、と




RX100M5をポケットになんばへ

DSC01725

午後2時、昼食摂らずに出てきたので腹ごしらえ

千日前のカウンター焼肉店へ入り、

煙にまみれてみる。

※このへんの写真は雑に撮ってるのでブレてます。(ブレやすいカメラなんです)

DSC01726

ハラミ 1080円 上ハラミ1580円

まあまあ、エエ値段する。

DSC01731

けど、美味しい。

ここのハラミは鶴橋の焼肉店が使ってるのと同じタイプのハラミだ。

DSC01734

肉の味がわかりやすいハラミを食すと酒が進む。

なかなか煙が激しい炭火焼きの焼肉店

DSC01736

とりあえず、妻と娘3人で腹いっぱい、ハラミを食べ尽し、散歩へ。

行きつけの焼肉店 千日前 南一園

ビックカメラなんばにて

近所まできたらとりあえず覗いてみる中国人向けの家電量販店。

DSC01739

最近は小型のミニコンポもかなり小型になってる。

とてつもなく可愛いコンポを眺める。

DSC01741

こんなに小さいスピーカーでミニコンポを構成するJVC。

ユニットのサイズは4センチ程度。エンクロージャー背面にも同程度の振動板が装着されている。

デジタルアンプのボリュームを最大にするまでもなく途中で音割れする。

DSC01742

低音周波数を盛大に含む音源だと早々に音割れする。

根本的に振動板の面積が足りてないよなあ、、。

などと独り言を言いながら、、。

DSC01743

価格を観ると、なかなかのお値段。

コンパクトでオシャレという観点で評価すれば妥当な価格だと思う。

スピーカーの脚とか金かかってるし。

大好物のデザート

DSC01754

ここのたい焼きが大好きで、看板みかけるとかならず買う。

天神橋筋商店街、この千日前と大阪市内にはあちこちにあるたいやき屋。

DSC01756

このたい焼きをたべたのは4年ほど前に姫路で散歩していた時駅前商店街で食べたのが最初。

DSC01763

薄皮パリパリで

ぎっしり詰まったアンコが魅力の鳴門たい焼き

RX100M5のF4絞りでの画質が美しすぎて痺れる

DSC01766

この相合橋店は中国人観光客で行列。

待ち時間長い。

散歩のつもりが、飯食って、デザート食べて、、と

DSC01772

ただただ食欲を満たしに来ただけだった。

とりあえずRX100M5の画質確認用に写真だけ適当に撮る。

このたい焼きは尻尾までぎっしりアンコ詰まってる

DSC01773

RX100M5の画質比較

帰り際、駐車場で待合の間にとった写真。

これはオートで撮影

自動でF4.0のボケ具合

DSC01781

ついでに撮影した、AvモードF1.8開放のボケ具合

DSC01782

どちらも広角端で25m相当。

このカールツァイスレンズはボケが大きい。

1インチセンサーでも背景の抜けがあればここまで大きなボケを表現できる。

助手席にて

だいぶ焼肉屋で飲んでしまった休日

DSC01797

助手席でムービー撮影などしながらRX100M5の性能を理解するべく、カメラを回す。

写真は全部Flickrにアップしました。

Exif情報が写真クリックで全部見れるので、あとで自分でチェックしようと思う。

ほとんどAvモードで撮影してますが、一部フルオート撮影が混ざっております。

酔った。。

これを3杯飲んだのでしまったので助手席で寝ます。

2018年2月11日 建国記念日の日記