お尻が痛くならないサドルカバーをママチャリに装着マルト(MARUTO) GEL入りサドルカバーのレビュー

GEL入りサドルカバー

 

10年ぶりくらいに自転車に乗り始めて気分よくなって通勤にも自転車を使うようになりました。

 

しかし、走行距離5kmほどなのにケツが痛いこと痛いこと。ロードバイクではなくママチャリなのに痛い。サドルの形状は横に広い一般的なサドルなのに尻が痛い。

 

この10年で体重が増えたことも影響してるのか?

身体的に老化してて尻の筋肉が弱ってるのか?

 

とにかく自転車を漕げばこぐほどケツが痛い。

スポンサーリンク

とにかくサドルでお尻(ケツ)が痛い!

おそらく自転車に乗るときに担いでるバッグの中身(パソコン、デジカメ、ルーター、財布などなど)の重さ2~3kgがお尻に大きな負担をかけているはず。

カゴなしでポーターバッグを斜めがけにして乗る自分の場合、この数キロの重量負担を克服するにはサドルを交換するしかないと思い対策方法を探してみた。

 

お尻が痛くならないサドルと検索すると

探せばあるものでお尻が痛くならないサドルやお尻への衝撃を軽減するためのGEL入りサドルカバーがたくさんリリースされている。

 

とりあえず、

一番安くて、肉厚のあるこれにしました。

 

 

 

交換用サドルもあるけど実用的にはカバーのほうが使いまわし出来るし安いし今回は試しにサドルカバーを選択してみた。

 

一番安くてレビューもイケてるMARUTOの防水仕様GEL入りサドルカバー

2014-05-11 11-23-06

 

人気の衝撃吸収材入りサドルカバーはGIANTとマルトのものが目立っていた。

GIANTはロードバイクやスポーツ向きのデザインで防水ではないため雨に弱く、日常使いの自分には合わないのでマルト(MARUTO) GEL入りサドルカバー(防水)を選んだ。

 

決め手になったAmazonのレビュー

ALINCO エアロマグネティックバイクAF6200を使用しています。初めの内は良かったのですが、毎日AF6200を使用しているうちにお尻(骨盤?)が痛く成り出しまして一緒に紹介してあったこのサドルカバーが気になっていました。

 

しかし、サイズが気になり注文を躊躇していましたらピッタリのレビュー、思わずポチットしてしまいました。

 

結果はサイズに関しては言えば、ピッタリと言うかギッチリと言うか余裕無し、お陰でサドルとは一体化して漕いでいてずれる事は有りません。お尻の痛さも付けて数日で無くなりました。

 

体型とか色々要因は有るかも知れませんが、AF6200等でお尻が痛い方々試してみてはいかがでしょう。

 

エアロバイクの横広な形状でも評価が高いなら、見た目はいまいちだけど近い将来自宅にエアロバイクも置きたい自分としては今後を考えると使い回しもできそうなのでこれがベストだと思った次第です。

 

ママチャリのサドルでお知りが痛い私はマルトMARUTOのカバー一択です

2014-05-11 11-23-34

 

柔らかいけどしっかり感もある。

サドルカバーの裏側を見るとウレタンと衝撃吸収用のGELが敷き詰められている。

 

実際に乗ってみてのレビュー

装着は簡単。市販のママチャリならほとんどがジャストフィットです。

紐も結ばなくていいくらいジャストフィットだと思う形状。

座った時の感触はノーマルのサドルが持つバネによる段差の衝撃吸収に加えて路面の小さな凸凹からの衝撃を抑える役割をGELが受け持つという感じ。

車のサスペンションシステムでいうと「サドル下のバネがサスペンションでダンパーの役割をGELが担う」みたいな印象かな。

 

とりあえず細かな衝撃はGELサドルカバーがけっこう拾ってくれるせいかお尻の痛みはかなり軽減されました。

 

安いけどイイモノです♪

 

2014-05-11 11-24-00

防水仕様なのでコンビニのアイスコーヒーから出る結露にも耐えれる。

普段自転車に乗らなかったから知らなかったけど、こういう安くて悩みを解決出来るアイテムは本当にありがたいなあと思う今日このごろです。

さあ、遠出するでー

 

 

タイトルとURLをコピーしました