USキーボードで@マークと¥マークを入力する方法Google日本語入力アンダーバーだけちょい面倒

忘れないようにメモしておきます。

英語配列のキーボードでUS配列設定をしていない状態での@マークや¥マークなどの入力方法のメモ書きです。

基本的に英語配列(ASCII配列)キーボードはWindowsのコントロールパネルでキーボードの設定を済ませて使うのが王道です。

Windows10 キーボード設定の方法

 

以下は、そんなWindows側の設定をしていない状態で英語キーボードを使う場合の事例です。

辞書登録とかいろいろ試したけど、

結局これが一番簡単だと思うので書き残しておきます。

スポンサーリンク

環境条件 Windows10

  • Google日本語入力を使う※MSのIMEでは無理です
  • 接続はUS配列のキーボード
  • コントロールパネルの設定は日本語キーボードのときと同じ

 

確認用:コントロールパネルで>時刻と言語>地域と言語>日本語>オプション>レイアウトを変更する>日本語キーボード(106/109キー)

 

※普通にUSキーボードをUS配列英語キーボード(101/102キー)で使う場合はこちらのUSキーボード設定を行えばキーボードに刻印された記号がそのまま入力可能になります。

 

以下は日本語配列設定時(日本語キーボード(106/109キー)での入力例です。

この状態。

 

このキーボード設定は普段日本語キーボード使ってる時のままの設定。

OSはWindows10です。

なのでキーボード設定変更などは指定ない状態

そのまんまUSキーボード買って、パソコンへ繋ぎ変えた状態での記号の入力方法が以下。

 

US配列のキーボードで

 

  • アットマーク @半角 @全角
  • 円マーク ¥半角 ¥全角
  • アンダーバー _半角 _全角

これらを入力する方法

 

キーボードはUS配列だけど、Windows側の環境は以前使っていた日本語キーボード設定(109キー)のままです。

 

@全角 @半角

アットマークはPの1つ右隣キー

アットマーク

これは覚えればいいだけ。かな入力で変換すれば半角全角で切替可能。

「あっとまーく」と」日本語で入力して変換しても出て来る。

 

¥半角 ¥全角

円マークは 「えん」と日本語で入力して変換する(半角と全角候補が出る)

かな入力で変換するだけ。

 

_半角 _全角

アンダーバーは「きごう」と日本語で入力してたくさん出てくる変換候補の中から探す

かな入力で変換するだけ。

デフォルト時は丸数字の候補のあとくらいにアンダーラインという名称で現れます。

こんな○囲みの数字50まであるのでその後くらいにアンダーラインの半角と全角が出てきます。

何度か使えば「きごう」での変換で候補の優先順上位にアンダーラインが現れるので使い込んでおく。

 

 

 

 

個人的にはこれが一番いいかなと。。

絶対忘れるのでメモしておきました。

 

PS)結局、USキーボードはWindowsコントロールパネルでこう設定するほうが使いやすいです。

USキーボード変換メモWindows10コントロールパネルの設定と備忘録
USキーボードをメインで使い出すと、やっぱりWindows側の言語設定もちゃんとUSキーボードにしておくほうが便利っぽい。 先日、アンダーラインやアットマークの変換方法メモしたけど、あれはキーボード設定が日本語キーボードでの話。 ...

 

自分用検索語

ノースクラウンキーボード NORTHCROWN キーボード US配列

あっとまーく アットマーク えんまーく 円記号 アンダーバー アンダーライン

変換方法 老人用

 

要はこのキーボードをたまに使う際忘れるのでメモ。。