【書評】新世界キンコン西野氏の新著は20代30代の人こそ読むべき「貯信時代」の道標

 

面白すぎて一気に読み終えた良い本を紹介します。

 

まさに、地名「新世界」の情景かあら始まるこの書籍

スポンサーリンク

新世界 書評

 

ベランダ の 目 の 前 には 通天閣 が あっ て、 下 を 見れ ば ヤクザ と ホームレス と、 身体 を 売っ て いる 年齢 性別 不詳 の 何者 かが 立っ て いる。   道端 では、 折り目 が つい た 先週 の 週刊誌 が 売ら れ て い たり、 靴 が 片方 だけ 売ら れ て い たり。

西野 亮廣. 新世界 (単行本) (Kindle の位置No.7-9). 株式会社KADOKAWA. Kindle 版.

 

西野さんは若かりし頃、新世界に住んでいたそうで、西成と浪速区のドヤ街周辺の柄悪い情景(当時)をなんとも風情ある表現で書き表している。

 

あらすじ

 

 

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、本書の主な内容はこれ

貯金ではなく貯信

 

お金の概念が変わりつつある21世紀の現代

信用を積み重ねた人はいつでもその信用を換金できる機会がある。

 

この時代、信用を重ねて、普段はお金など持たなくても必要なときにいくらでも換金し必要な金額以上のお金を集めることができる事例。

 

貯信と換金を上手に繰り返しさらなる信用の上積みが出来ている事例。

 

そんなことを非常にわかり易い言葉で書き綴られています。

 

インフルエンサーと無名な人

著名なインフルエンサーの事例や無名でも信用を高めている人の事例

これからの時代を生きる上であなた自身の行動が信用を生み続けるための物事の捉え方。

そんな生きるために必要な考え方をわかりやすく散りばめられた本書

 

「炎上」 には 4 種類 ある。   その 4 種類 とは、 「収益 化 でき て いる・収益 化 でき て い ない」 「信用 を 得 て いる・信用 を 失っ て いる」   この 組み合わせ だ。   順番 に 見 て いく ね。

西野 亮廣. 新世界 (単行本) (Kindle の位置No.782-784). 株式会社KADOKAWA. Kindle 版.

 

買って損はない良書ではないかと思います。

 

特に私のように何者でもない40代には勉強になることが多い本ですが、できれば30代、いや20代のうちにこういう考え方を身につけるべきだった。。

 

そんな思いがあふれるかも知れない書籍です。

 

タイトルとURLをコピーしました