完全教祖マニュアルを目次ごとにレビューまとめ!憧れの「サロンオーナーになるために」

50歳で何者でもない人生

そんな人生終わってる。

昭和世代の会社員は糞だ!

 

かの国内№1ブロガーである氏はこのような言葉を動画内で発していた。

どの動画か忘れるくらい無意識にそう発言していた。ごく自然に、、。

 

同感だ、

 

たしかに私もそう思う。

男50歳にして金もない、

社会的地位もなければ、

自身の教えるオンラインサロンなどという高貴なものもない。

 

真面目に暮らしてきただけで何者でもない人間、昭和の教育を受け、洗脳してくれた国家のため、せっせと労働するしか脳の無い私達世代

そんな私達世代は、現代の若者からみれば、カス同然

若くして財を成すネット界隈の人間からみれば、カスそのもの。

 

50歳にして、いや

 

40過ぎて何者でもない人なんてカスですよ

某人気ブロガー

 

 

無意識に発せられたあの台詞が忘れられない。

彼の信者であるがゆえに、心に刺さりすぎた。。

カスどもよ立ち上げれ!

さて、そんなカスでもこの先、人として生きていくわけです。

 

もう人生やり直しなんて効かない

このまま100歳までただただ衰えていくだけ。

 

そんな不安を抱えるあなた(同志)へ

50歳からでも何者かになるために役立つ書籍を案内します。

 

これを読めば、

今流行りのオンラインサロンで教祖になれますよ。

そして、毎月がっぽり♡不労所得が(*´ω`*)

 

なんて夢も見れますね。

 

完全教祖マニュアル

今から約9年ほど前に発売された書籍で、非常に面白いということで当時話題になりました。

2009年当時の20代30代起業家や情報商材を売りまくる起業家そして、SEOだ、WEB2.0だ!と人をひきつけて離さない当時のインフルエンサーが好んで読んでいた本です。

 

今や30代、40代になった彼らは宗教家ではないにせよ、大企業や企業グループを束ねる資産家となり、我々の住むラットレースな社会を天空から見下ろす生活をしているそうです。

 

羨ましい限りです。

もっと早くに読んでおけば、、、チッ!

 

あ、

お金持ちに対して

舌打ちはダメですね。

 

はい、

では、

50歳を迎えるに当たって読んでおきたい

40歳でもいいんですが、

やっぱ50年くらい生きてきたほうが教祖になりやすいと思いますよ。

 

どんなに何者でもない

「ごくごく普通にダメ人間」

そんな私でも

 

お、こりゃオレでも行けるな!

 

と思えるほどわかりやすく、教祖になる方法

日本国民が忌み嫌う宗教を企て自分自身を神格化させる手引きがここにあります。

 

  • そりゃ売れるわけだ「あの商材」
  • そりゃみんな入るわ「あのサロン」
  • そりゃみんなお布施するわ「ブロガーに」

 

という理論が面白おかしく理解できる書籍

それがこの

完全教祖マニュアル

なのです。

 

では、以下にこの書籍の目次をまとめておきます。

 

何度も読みながら書評を追記していこうと思いますが、お急ぎで内容を知りたい方はぜひKindle版もあるのでこの完全教祖マニュアルをあなたのライブラリへ追加することをオススメします。

 

完全教祖マニュアルの目次

 

 

目次に沿いながら短い書評を書いていきます。

 

序章 キミも教祖になろう!

教祖ってなに?
教祖はこんなに素晴らしい!
教祖って怪しくないの?
ホントに信者はできるの?

 

序章を軽く目で流すだけで自分も教祖になれる!オンラインサロンやれそうな気がする!ってなりますよ。

第一部 思想編

第一章 教義を作ろう
神を生み出そう
既存の宗教を焼き直そう
【コラム】宗教の硬直化
反社会的な教えを作ろう
【コラム】反社会的なチベット仏教
高度な哲学を備えよう

 

反社会的な教えを作る。

まだサラリーマンで消耗してるの?みたいな発言とかがそうですね。

 

私ならこういう

女が社会で活躍しすぎるから男の働く場所がなくなるんだ!

そういう事例がるカルト宗教inロシア

 

このロシアの宗教観は

  • 男性はこの世の創生主であり
  • 女性は男のためのセックス相手

そういう表現があります。

 

ちよー反社会的ですよね。

こういうのが教祖になりやすいんだとわかる動画。

書籍とセットで見るとハマりそうです。

 

 

第二章 大衆に迎合しよう
教えを簡略化しよう
葬式をしよう
現世利益をうたおう
【コラム】創価学会と現世利益
偶像崇拝しよう

 

 

 

第三章 信者を保持しよう
怪力乱神を語ろう
【コラム】ハードコア無宗教
不安を煽ろう
救済を与えよう
食物を規制しよう
【コラム】お肉だいすき
断食をしよう
暦を作ろう
【コラム】異常な宗教

 

 

 

第四章 教義を進化させよう
義務を与えよう
【コラム】悪人正機
権威を振りかざそう
セックスをしよう
【コラム】ゆるゆる教祖生活
科学的体裁をとろう
【コラム】宗教としての「水からの伝言」
悟りをひらこう

 

 

セックス教団は存在する

 

すごいでしょ。

 

第二部 実践編

 

 

 

第五章 布教しよう
弱っている人を探そう
金持ちを狙おう
【コラム】お金を巻き上げる宗教
親族を勧誘しよう
人々の家を回ろう
コミュニティを作ろう
【コラム】いろんな宗教のコミュニティ
【コラム】イベントを開こう
宗教建築をしよう

 

 

 

第六章 困難に打ち克とう
他教をこきおろそう
他教を認めよう
異端を追放しよう
迫害に対処しよう

 

 

 

第七章 甘い汁を吸おう
出版しよう
不用品を売りつけよう
免罪符を売ろう
【コラム】免罪符でキミもマリアを犯そう!
喜捨を受け付けよう
あえて寄付をしよう
【コラム】イスラム教の喜捨

 

 

 

第八章 後世に名を残そう
国教化を企てよう
【コラム】国教化の功罪
奇跡を起こそう
神に祈ろう

 

 

 

 

感謝の手紙

あとがき
「信仰」についての筆者なりの捉え方

 

 

とにかくこれを読めば、自分こそ何者かになれるような、そんな気さえ起こる

一歩前へ踏み出せないあなたの

そんなあなたの背中押してくれる書籍です。