サンタクロースはいるの?いないの?僕とクリスマスプレゼントの話

公開日: : 最終更新日:2014/03/16 独り言 ,

PAK88_ohanatoshirobak500

サンタクロースはいるの?いないの?僕とクリスマスプレゼントの話

小学生の息子がクリスマスプレゼントにDSのソフトを欲しがっていた。
クリスマスやからサンタさんに頼んでおきや。
こう伝えてサンタへの伝言を受け取り2週間。

今日、東京出張から帰ると、サンタがクリスマスイブの夜にプレゼントするはずのDSソフトを息子が使っているではないですか。

「なんや?それ、オマエ…」

若干錯乱したお父さんのお話です。

クリスマスプレゼンターが3組いる子供たち

今の僕の家庭環境にはクリスマスプレゼントを子供たちに与えたい人が3組。

自分(子供たちの両親)、妻の親(祖父母)、僕の親(祖父母)が存在する。

ここで子供たちはクリスマスシーズンにほしい物を買ってもらえる環境が揃っている。

ただし、両親はクリスマスに何も買ってくれないと思っている。

我が家はサンタクロースがプレゼントを運んでくれるとの教育方針で子供たちの物心がついたころからほしい物をお父さんに伝えなさいというサンタ業運営をしてきた。

しかし、今年のクリスマスプレゼントは何を頼むのかを聞いたとき小学3年生の息子が一言、
「サンタさんておらんねやろ?」
と言った。

僕は思わず
「あほかwikipediaで調べろ」
と返答に困ってしまった。

サンタがその正体をバラすとき

今年が自分にとってその年になるようです。
サンタクロースのプレゼント用に購入していたDSのソフトを祖父母がクリスマス直前に買い与えてしまい、サンタさんは今更買い替えに行く時間もありません。

状況的にも同級生たちとサンタ存在議論が発生する年頃。

ここはひとつ
「オマエのサンタはお父さんや」
ということを教えようと思います。

こういうのを知ったときの気持ちは自分でもよくわかってますが、ビミョーに寂しく微妙に嬉しい気持ちだったと覚えています。
サンタさんて本当はいないのか…
お、じゃあ一緒に買いに行けるということか…

こんな感じの気分でした。僕の場合は。

30数年前のクリスマスの話

僕がサンタクロース=両親
と知ったのは小学校3年生のクリスマスイブの昼ごろだった。

1歳年上の姉が終業式から帰ってきて一言。
「アンタ、サンタクロースってお父さんやで」
と何も悪びれることなく口にしたのでした。

「え?なんで?」

小学校の2学期を終え、通信簿を父親に見られてゴチャゴチャ言われるのを恐れて、こたつの中にくるまっていた僕にとっては寝耳に水でした。

「嘘や!」
姉に向かってそういうと
姉は両親の部屋の押入れを開けて
「ほら、この阪急百貨店の包装紙、何やと思う?」

押入れの中には姉が頼んだと思われる編み物セットのような印刷がうっすら透けて見える40cm四方の箱と、僕が欲しいと思っていたランボルギーニカウンタックのプラモデルの箱にしては若干サイズダウンしたBMWという文字がうっすら透けて見える阪急百貨店の包装紙に包まれた箱があったのです。

ショックでした。

なんでBMWやねん!

僕は姉に言った。

「サンタさんじゃないやんか!カウンタックちゃうもんこれ」
姉はこう返しました。
「売り切れとったんちゃう?」

僕はトイレに閉じこもりました。

何がなにやらわからず涙を流した。

そういえば僕がお父さんにサンタさんへのプレゼントを伝言したとき、カウンタックのLP500のプラモデルが欲しいと伝えているのにベーエンベーのことか?と意味不明な返答をされていた2週間前の出来事を思い出したのです。

今から30数年前は今ほどモノをさがすのが簡単ではなかった時代。スーパーカーブームの真っ只中で僕ら小学生にとってはランボルギーニカウンタックは常識的な言葉だったが父にとっては聴いたことのない言葉で、おもちゃ屋さんでその不明瞭な響きのプラモデルをさがすのが困難だったのだろう。

まあ、この3年生のクリスマスに限らず、僕個人のクリスマスプレゼントは指定したものをもらった記憶がない。

毎年、少し違う物だった。

父へ欲しい物を伝えきれなかったのだろうか、それとも父が探しきれなかったのだろうか?

僕の子供時代のサンタクロースの記憶はそんな感じだった。

自分が父親(サンタクロース)になったら

自分が子どもを持ち、クリスマスが来たのなら、ちゃんと子どもが欲しがっているモノを正確に間違えずに枕元へおいてやろう。

そう誓ったのもこのころだったと思います。

子どもの教育上サンタありのクリスマスかサンタがいないクリスマスにするのか夫婦でよく相談したものです。

しかし、最終的にはこういった出来事や思い入れもあってサンタがいるクリスマスを我が家では推進してきました。

今年のクリスマス

僕はサンタとして息子が欲しがるカセキホリダーかホルダーというよく聞き取れなかったDSソフトを用意していた。

しかし、祖父母が同じものを買い与えてしまっていた。

明後日のクリスマスイブ

僕はサンタを引退します。

オマエみたいにサンタに頼んだモノを他の人に買ってもらうヤツにはサンタさんも来ない。

サンタって誰や?

オレや!

そう伝えてあげようと思う。

子供たちがクリスマスの朝、喜ぶ顔が見れなくなるけど。

とばっちりを受ける5歳の妹は意味がわかるのだろうか。

メリークリスマス♪

スポンサーリンク



関連記事

no image

ペプシバオバブ pepsi BAOBAB~黄金色の炭酸飲料

※ペプシバオバブ すいません。飲み干してしまいました。 ペプシバオバブ なんとなく関西在住の自分

記事を読む

no image

使わなくなったおもちゃを処分|バランスwiiボードとタタコン(太鼓の達人)

ニンテンドーwii専用のゲーム周辺機器、 太鼓の達人用のタタコン。 こういうのは使わなくなったら

記事を読む

no image

410円なう。|たばこ辞めない宣言 値上げに最後の抵抗を…

※twitterで10月最初の一言 410円なう。 10月になりましたね。 昨日のうちに少しでも買

記事を読む

no image

景気が悪いように見えたクリスマスの写真~大阪心斎橋

2009年12月24日クリスマスイブ 街は華やかな電飾に彩られてさぞかし活気あふれるのだろうと思い

記事を読む

no image

ねこじゃらし|正式名称エノコログサ

ねこじゃらしって年中生えてるような気がする。 暑い真夏も寒い冬も… ねこじゃらし

記事を読む

no image

ビジネス用のブログならこう書け!

タイトルにあるような有識者のブログなどを見ているとつくづく反省する次第です。ビジネスや集客のためのブ

記事を読む

no image

twitterしていたらブログを大事にしたくなった|実名文化に踊らされたプライベートな理由

    いや~。よくつぶやいたものです。twitterのツイート数などを自動的

記事を読む

no image

頭文字D 42巻発売日は1月6日の予定らしい

  頭文字D(イニシャルD)というコミックを読み続けているのですがこれがコミックになると

記事を読む

no image

今ありのままの自分~2010年に向けて独り言

今年も残すところ3週ほど。 温暖化って本当に進んでいるのかな?なんとなく暖かい日が多いように感じます

記事を読む

no image

めちゃくちゃやりたくなる子供のおもちゃ|思わず大人が遊びたくなる夏祭りの景品

最近は子供のお祭りで景品なんかにも電気で光る電飾おもちゃが増えたように思う。 動くと光ったり、音に

記事を読む

スポンサーリンク



スポンサーリンク



iTunesのイコライザーについて
最強iTunesのイコライザー設定は部屋次第スピーカーユニットの性能グラフを見て決める

久しぶりのオーディオ日記です。 最近、問い合わせフォームや知人か

お尻が痛くならない椅子を求めてDXRACER ゲーミングチェアのレビュー車のシートをイメージするなら期待しない方がいい

普段はソファとかテキトーなところに座ったり寝転んだりしてノートPCを開

NorthCrownゲーミングキーボードレビュー
NorthCrownゲーミングキーボードのレビューと青軸に静音ゴムリングWASDキー交換など日記

最近PCゲームにハマっておます。 ゲーミングデバイスがい

RX100M5用互換バッテリーENEGONレビュー
ENEGON のSONY RX100M5用NP-BX1互換バッテリー2個同時充電器が賢いのでオススメ使用感レビュー

最近は常時持ち歩きカメラとしてSONYのRX100M5を使ってます。

Logicool M570tレビュー初めてのトラックボール
初めてのトラックボールLogicool M570tマウスから乗り換え体験と使用感レビュー

2011年にMacBook Proと出会ってから、今後の人生でマウスな

→もっと見る

PAGE TOP ↑