50歳からの無職に備えてプログラミングを勉強しておくほうがいい(私の場合)

初めてプログラミングを学ぼうと思う時

プログラミングスクールはちょっと金額が。。

 

でも、プロに直接教わりたい

そんな要望に答えるのが

今、流行の個人対個人のスクール

仕事になりやすい言語なら先生が多いので試す価値アリです。

プログラミング勉強 Ruby入門

 

Ruby on Rails4入門(Rubyから学べる)プログラミング初心者向けオンラインスクール井上 博樹氏
昨年末から少しずつプログラミングの勉強をしています。 ただし、 アラフィフの頭の固いおじさんなので覚えが悪いです。 Progateで練習しつつ音声で勉強 勉強方法は Progateで少しずつ覚える ...
スポンサーリンク

プログラミング勉強したほうが良い

私は37歳から自営業で、かれこれ12年ほどになります。

職業がアフィリエイトなので多少のWEB制作スキルはあります。

しかし、数年に一度の割合で売上がなくなります。

 

Googleという検索エンジンに依存したSEOというテクニックを多用した収益モデルが主体なので本当に売上がなくなり、そのたびに生きるか死ぬか?の深い悩みゾーンへ突入します。

アフィリエイトなんて競争激しすぎるので今さらやるもんではないです。。

50歳無職気味の悩みは深い

自営業で売上無くす状態はどんだけ苦しいか説明します。

マズローの5段階欲求で言うと、

売上が安定している時というのは5段目の自己実現の欲求という最高レベルにあります。毎日が余裕ありまくりで好きなことを追求する日々。

しかし、売上が落ちるとそんな安定した精神状態から一気にオチます。

どこまで落ちるかというと、最下層欲求から一つ上がったところまで落ちます。下から2番めの「安全性への欲求」「生活するための最低限の経済ほしい」が満たされないという状況に陥り、精神的にはグラグラの状態になるのです。

いつ死んでもおかしくない状態です。

 

さて、

そんな暗い話が大好きな「めだか(@medaka45)」です。

 

今回、私自身が50歳を迎えるに当たり、またマズロー5段階のレベル2「生命のピンチ」ゾーンへ下落したため、生きるために欲しいスキル「プログラミング」について考えを書いておきます。

 

過去、30代後半、40代前半、40代後半で3度、生命のピンチに至りながら、学び始めたのに頓挫したプログラミング学習。50歳を迎える今、人生100年時代になる今こそ、真剣に学ぶべきではないか?と考えている次第です。

50歳からプログラミングは覚えられるのか

50歳からでもプログラミングは覚えられるのか?

結論からいえば、覚えられます。

実際、私は今、少しずつではありますが、独学で勉強を継続しています。

2018年の今だと、無料でも独学でスムーズに勉強しやすいサービスがいくつかあります。

それらを活用すれば、全くの未経験の50歳中年オヤジでも、40歳にして頭がカチンコチンに固まった私のような頑固者でも「わりとスイスイ」勉強ができます。

 

独学で学べるプログラミングレッスン

まずプログラミングを始めると言っても、どんな言語から学べばいいのかすらわかりませんよね。実際、私も何から学べばいいのか?すらわかりません。今はRubyを勉強したいと思ってますが、過去にはPython、PHP、Swiftなどそのときそのときで自分が作りたいものが揺れ動くので学びたい言語がイメージできませんでした。

しかしですね、

そんなこと気にするより、まずはここを使うといいんです。

Progate

ProgateはHTML、CSS、JavaScriptというWEBで使うフロントエンド(私達が普段目にするこういうページとかを構成する)言語からしっかりと学ぶレッスンがあります。

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

 

私はHTMLとCSSはそこそこ知ってるのですが、それでも基礎から再度見つめ直すことでタイピングの上達にもなるし、苦手なタグを再学習できるので今後のプログラミングでの入力スキル向上に貢献します。

学習順序についてもProgateで上位に表示されるものから学べばいい。

個人的にはこの勉強を終えたら、クラウドソーシングで仕事を受注してみたいと思ってるので下記の順番で勉強したいと思ってます。

 

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. JQuery
  5. PHP
  6. Git
  7. Ruby
  8. Ruby on Rails

この順番で学べれば理想かなと思ってます。

PHPを覚えたあたりでWordPressで細かなカスタマイズをしてみたり、自分でいろいろテストしたらWEBサイト構築案件とかわりと受注しやすいと思うんです。

私、もともとそういう仕事発注してたこともあるので、まずはHTMLとCSS,PHP、あとはJavaScriptを基礎的に理解してればすぐにでも仕事は出来るなというのはイメージが湧く。

 

自分で何をやりたいのか?をイメージする

生きるためにプログラミングを勉強しているのですが、こういうふうにイメージすると学習が継続しやすいです。

  • 実際に何を作りたいか
  • どんな仕事をしてみたいか?

この2つですかね

 

私の場合、以下のような欲しい機能があります。アフィリエイトを本業とする人ならどれも使用経験はある、そんな一般的なものです。

 

  • リスティング広告の入札とHTML自動生成時を自分で作りたい。
  • TwitterAPIを使ってみ遊べるウェブサービスを作ってみたい。
  • AmazonAPIを使ってアフィリエイト用のツールを作りたい。

 

どれも市販品でそこそこ使えるものもあるのですが、少しだけ調整したい機能なんかがあるものの、自分でプログラミング言語が読めないので調整出来ない。

調整を依頼したくてもそれが出来るものか無理なものか?すら判断できない。

 

ということでプログラミング言語というのはまさに言語

その言語知ってるだけでも仕事の幅は広がるんですよね。

 

無職になっても安心できるスキル「プログラミング」

現在、売上なくして、仕事もない。

一般的な言葉でいうと無職。

50歳で無職な状態です。

 

そんな無職状態でもプログラミングスキルさえあれば、、と妄想していまいます。

プログラミング覚えたらクラウドワークスで仕事受注したいなと画策してるところです。

ここが一番単価いいほうなので参考までに

CrowdWorks(クラウドワークス)

 

今はライティングくらいしか出来ない

ネットで仕事の受発注が出来るクラウドソーシングが今や当たり前になりましたが、今の自分がそこで受注出来る仕事はなにか?

いいとこライティングくらいです。

WEBライティングのお仕事

3000文字以上で美容健康など実際に使ってレビューしてください

SEOを意識した書き方を指示しますのでそれに沿ってライティングお願いします。指示書を用意しますので、仕事覚えるまでは報酬は500円です。

みたいなのです。

永遠に500円しか払わないクライアントも多いライティングの闇。。

 

さすがに、その仕事をやるくらいなら自分のブログ書いてるほうがお金になるんですよね(笑)

 

でも、プログラミングが出来ると話は違います

 

クラウドソーシングで受注出来る案件は低価格なものが多いのはライティングと同様ですが、低価格ゆえに発注者もその作業の軽さや重さを理解してない人が多いんです。

なので、

ライティングなら4時間かけて1000円貰えるかどうか?みたいな仕事になりがちでも、プログラミングできれば4時間作業で20,000円は貰えるような仕事がゴロゴロしてるんです。

 

つまり時間あたりの稼ぎが圧倒的によくなる。

 

あと、年齢不問のお仕事です。

 

年齢はほんとうに関係ない。

 

眼の前にある仕事に手を上げて受注する

納期までに納品する。

 

そこに年齢は関係ありません。

 

50歳から先の人生考えると手に職が欲しい

40代でずいぶん衰えた体力

50歳になりさらに弱っていきそうな自分の体力を考えると、肉体労働は絶対に無理。それこそ若い人たちがする仕事であって、私達は手や頭を使う仕事のほうが向いてると思うのです。

 

今から学ぶにはプログラミングはやや難しい気もしますが、少しずつでも身につけていくつもりで勉強を継続したい。

早い人なら3ヶ月ほどの勉強で実施に仕事受けまくってる人もいます。

自分は本業の立て直しと並行なので勉強が後回しになったりしがちですが、今度こそ継続しようと思ってここに宣言している次第です。

 

プログラミング出来れば、いざというとき、飯を食うのに困ることはない。

50歳以降の人生で不安を無くす唯一のスキルではないか?

だから勉強しようと思う。

 

それでもサボるようなら

今はそんな気持ちで勉強を継続させてますが、ついついサボりがちです。

そんなときは優れたスケジュールでプログラミングが学べるスクールへ行くといい。

学費払ってる以上頑張るしか無い!

となりやすいですからね(笑)

 

40代、50代向けでいいスクールも調べはついてます。

ちゃんといいスクールも知ってます。

 

最近はプログラミングスクールも本当にいいところが増えてきました。私達のような40代以降の人間は普通の職種で考えると転職や再就職が厳しい世の中です。

しかしIT業界は別です。

特にプログラミング出来る人は不足してるので売り手市場が続きます。

 

さらに、就職支援付きのプログラミングスクールを経由すればこの年齢でも卒業後すぐに仕事を受注したり常駐の仕事もらえたりと、伸びてる産業、業界では就職すら年齢制限のない状況なんですよね。

私が選んだプログラミングスクールはこれ

就職支援のあるプログラミングスクール

 

侍エンジニア塾

未来のキャリアを作るプログラミングスクール【tech boost】

 

我々の年代から学ぶなら、就職支援の無いスクールはわざわざ行く必要はないです。独学でサボりぐせがあるのに将来が不安、、そんな人は就職支援付きのスクールへすぐ行きましょう。若いほど有利なのは事実なので迷ってる時間は無いです。

※通えるエリアがあるので詳細はよく確認してくださいね!

 

もっと手軽に学びたい

 

プログラミングスクールはちょっと金額が。。

でも、プロに直接教わりたい

そんな要望に答えるのが

今、流行の個人対個人のスクール

仕事になりやすい言語なら先生が多いので試す価値アリです。

プログラミング勉強 Ruby入門