今なら無料で使えるAmazonオーディブル評価はこちら

ぎっくり腰の痛みレベルとロキソニン|仕事休めない病院にも行けない時の応急処置法

ぎっくり腰に効く鎮痛剤ロキソニン

ぎっくり腰は一度患うと再発する

そう聞くので

今度自分に再発したときのためにブログに書き残しておきます。

※本日(2014年1月27日)本記事投稿後、

毎年ぎっくり腰になったので経験談をいろいろ追記しました。

これが一番言いたい!

病院や整骨院が書いてるネットの情報は患者の立場ではなく痛みを知らない第三者の言葉にしか見えません。医療機関は弱りきった人間を集客して国からお金をむしり取る、、そんな考えの経営者も多いものです。

ネットでみつかる情報を鵜呑みにしてはいけません。

今日ぎっくり腰になられた方へ

残念ながら今日中には治りません。

しかしながら痛みをごまかすことは出来ます。

医者や整骨院がネットで書いてる変なポーズ、あんなのやっちゃうと大怪我しますよ。ああいうのは本物のぎっくり腰になったこと無い金儲け主義の人間が書いたものです。

ネット検索で「ぎっくり腰」で集客してる整骨院だけは絶対に行ってはいけません。

変なポーズ書いてるとこは危なすぎる。

2,3日で治るわけ無いやろ!

こいつぎっくり腰なったことあるんか?と疑問しかありません。

2014年から3年連続でぎっくり腰を患った私が言えることは

「無理して病院行こうが整骨院行こうが今日明日には治りません

ということ。

とにかく安静にお過ごしください。

ロキソニンはぎっくり腰の痛みを抑えてくれます。

しかし、効くときもあるけど効かない時もあります。

服用に際しての注意点もあります。

以下は私の個人的な経験談です。




人生初のぎっくり腰

2014年1月27日月曜日の出来事から始まります。

年齢44歳 男性 自営業 運動不足の体験談です。

週の始まり、

朝起きて、

「さぁー頑張るぞー!」

と屈伸した瞬間、腰から異音が

ポキっ!

みたいなw

小さい音が骨伝導で耳に届きます。

その音は周囲には聞こえるほどのものでもありません。

同時に、その場へしゃがみ込むように

私は倒れ込みました。。

そのまま立ち上がることも寝転ぶことも出来ない

そんな痛みが腰を襲う、

腰から下の両足には力が入らない。

あー、これがうわさに聞くぎっくり腰かぁwww

くらいの印象だった。

痛みはありますが、なんとかなりそう。

一撃の直後はそんな感触です。

うーん、痛みは知れてるけど、なんだか動けないぞ??

みたいな感触です。

生まれて初めての感触です。

そういえば昨日、

誰かが書いた一晩で治せるという記事をみたとこだった。

たった一晩でギックリ腰を治せる方法なんて無い

ぎっくり腰を体験するまでは

他人が語る「その痛さ、辛さ

にはあまり興味も持てないし、その痛みをイメージすることも出来なかった。

ぎっくり腰が治せる系の記事を見た時もなるほどねーくらいの印象だった。

「そんな大袈裟な痛さかぁ?」

くらいの印象でした。

しかし、まさかの翌日朝、

自分がそのぎっくり腰になるとは、、。

ポキっ!というかブチッ!というか、

そんな擬音が似合う衝撃が出た直後、痛みは知れてるけど、動けない感触

しかし、

その衝撃から数秒後に来る本番の痛み

動かずに

じっとしてたら治るやろ。。

と安静状態にしてたら痛みも消えるだろう。。

くらいに思っていたその魔女の一撃は想像を絶する痛みへと変貌します。

軽い痛みを抑えるため静止していたのですが、そこから試しに動こうとすると今までの人生で経験したことのない痛みが腰を襲います。

その痛みを例えるのは難しいですが、決して一晩で治るようなものではございません。

ぎっくり腰の痛みはどれくらいか

私がこれまでの人生で経験した痛みはたかが知れてます。

出産ほどの痛みは経験してません。

それでもこのぎっくり腰の痛みを自分の痛みの経験値で言い表すなら

  • 鉄筋で頭のつむじをぶつけてパックリ大量出血を伴う打撲した時
  • その打撲の傷を麻酔なしで5分間12針縫い続けられたとき
  • バイクが転倒して下に足挟まってくるぶしが270度ねじれた時
  • 親知らずに絡まる神経ごと力ずくでちぎられて気を失った時
  • 副鼻腔炎の顔面痛

これくらいの軽い痛みしか経験したことない私です。

こんなの知れてます。

ぜんぶ自力で歩けたし。

ぎっくり腰は歩けないほど痛いのです。

私にとってはこの初めてのぎっくり腰の痛みを言葉にすると

ぎっくり腰の本番が来た瞬間の痛さは

人生史上最強に痛い

歩けないほどの痛さでした。

なんせ歩くどころか動くことが出来ない。

マジで動けないレベルの痛みです

その痛みは歩けないレベル

そういう表現しかできません。

  • なんせ動けない
  • トイレ行けない
  • 水も飲めない
  • 唾飲み込むのも痛い
  • 寝返りなんて絶対無理

そんな感じです。

しかし、初めてのぎっくり腰発症、

その日は絶対に行かないといけない2ヶ月ぶりのMTGもあるし仕事休めない状況。

朝から病院行くにしてもこの激痛を背負って病院まで行くのは不可能。

一晩で治せるという記事に書いてあった短時間で痛みを無くすポーズをとるにも痛すぎてそんな体勢になることは出来ないし。。

痛すぎて何もかも無理!

人生初の悲しいほどの腰の痛み。

動かれへんやんけ。。。。

声も出しにくい痛さやんけ。。。

と涙が出そうです。

かつてサラリーマン時代に

上司がわずらったぎっくり腰

「今日休むわ、、ぎっくり腰やってしもた。。」

ある朝、上司からそんな連絡があった際

「腰くらい、抑えといたら行けるでしょ、根性ないなあ」

なんてことを言った自分を思い出す。

今、自分が誰かにそんなこと言われたら

こいつゼッタイどっかで地獄へ落ちて欲しい

(いや落としたる。。)

そう思うに違いない。

前置きは以上です。

本題へ移ります

やっぱ痛みをスグ収めるなら鎮痛剤がいいらしい

とりあえず応急処置を探しネットでググる。

歯痛、中耳炎、筋肉痛など痛い時は鎮痛剤。

朝から焦りながらネットで調べると、ぎっくり腰にも鎮痛剤は効果的な様子。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1088566520

Q:ぎっくり腰とロキソニン。
恥ずかしながら、ぎっくり腰になってしまいました。
本当に痛過ぎて何をするにも激痛が走ります。
家に以前歯科で処方していただいたロキソニンがあるのですが、
これは腰痛にも効くのでしょうか?

A:痛いですよね、お察しします。
ロキソニンは消炎鎮痛剤なので、ぎっくり腰でも痛みが和らぐと思います。
痛み止めは胃を荒らすこともあるので、食後でなければ牛乳など胃を保護してくれるものを先に飲まれることをお勧めします。
ご家族の協力やタクシーなどで少しでも動けるようなら、なるべく早く整形外科を受診されることをお勧めします。
鎮痛効果の強い湿布(ロキソニンもテープがありますよ)た患部に塗る処方薬は接骨院などでは出してもらえませんので。

ぎっくり腰 鎮痛剤などと検索すると

どうやらロキソニンという鎮静剤が効果的な様子。

このQ&Aを見てとりあえず家族に頼んでロキソニンを購入してきてもらった。

なんせ歩けないので嫁さんも急遽仕事休んでスギ薬局へ行ってもらった。

そして声もろくに出せずトイレにもいけない

ただ寝転がるだけの私のもとへ希望の光が届いた。

ロキソニンS

バファリンしか飲んだこと無いけど、

ロキソニンて何が違うんだろか?

ロキソニンとは

ロキソニン使用説明書第一三共ヘルスケアのロキソニンS公式サイトより

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/products/details/loxonin-s/index.jsp

特長

「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。

胃への負担が少ないプロドラッグ製剤です。

眠くなる成分を含みません。

1回1錠でよく効きます。

のみやすいピンクの小型錠です。

※プロドラッグ製剤とは、成分が体内で吸収されてから活性型に変化し、効果を発揮 する仕組みの製剤です。

効能・効果

○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛
○悪寒・発熱時の解熱

とりあえず効能効果を見ても腰痛ねんざ、骨折痛などぎっくり腰に関係しそうな痛みを緩和してくれそう。

※服用してはいけない方もいるので注意事項はしっかりと確認が必要です!

とりあえず自分は薬で何か異変が置きたことはないので飲みます。

これで痛みが和らぐなら。。

藁をもつかむ思いです。

実際に服用してみた

ぎっくり腰ロキソニン注意事項を見る限り自分は15歳以上でアレルギーや腎臓病、心臓病なども患ってないので摂取すること自体問題ない。

ロキソニン飲んで30分ほどで出る効果は

とりあえず水で錠剤を飲んだ。

説明書にある通り水で飲んだ。

飲み込む時も

ゴクリ♪

ぐぁぁゔあぅぅ(T_T)

と腰が痛む状態です。

しかし、

それから30分経過すると

あの激痛がかなり軽くなり

すこし歩けるようになった。

やはり鎮痛剤というのはぎっくり腰にも効く(痛みを和らげる効果はある)ようです。

買いに行けない人はネットでどうぞ。。

届くのは明日以降になりますが。。

ただし、あくまでも応急処置です

鎮痛剤はあくまでも応急処置です。

緊急で痛みを和らげるための方法と考えるべきです。

これで得るわずかな痛みの軽減。

これに乗じて歩いたり動いたりすると大変なことになる。

ぎっくり腰のことを人に聞いたりググったりするほど、

このぎっくり腰(急性腰痛症)というものは場合によっては恐ろしい病気の可能性もあることに気づきます。

Wikipediaを見ると

【概要】
急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう、英: Low back pain)は、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいう。

【原因】
腰痛とは腰背部に疼痛が起こることである。一般に腰背部痛の場合は後腹膜臓器の障害、運動器、皮膚の障害、椎間関節の捻挫などが考えられる。後腹膜臓器の内科的な疾患の場合は重篤な場合が多く、腰痛の患者を見たらまずは内科的な疾患の否定を行うべきである。目安として視診で異常がない皮膚の疾患はほとんどない。後腹膜臓器の疾患の場合は安静時痛であり、体動で痛みが軽減しない(例外が膵炎で丸まった方が楽になる)のが特徴である。運動器の疾患の場合は運動痛がメインになるのが特徴である。整形外科に腰痛を主訴に外来受診をする患者は非常に多い。しかし発症時の症状が強烈なわりに予後が良好であり1週間で約半数が、2週間から1か月で約9割が回復してしまうのが特徴である。家庭医を受診した急性腰痛患者の70%が診断不能で予後が良好でありヘルニアや圧迫骨折などの疾患が約15%であり癌や感染症が原因となるのは1%以下であるという統計がある。すなわち、腰痛のみで運動器の疾患であろうと考えられたら急性腰痛症という診断でNSAIDsを2週間ほど処方し経過観察をするのが一般的である。

整形外科領域で腰痛を起こす疾患

椎間板ヘルニア
脊椎圧迫骨折
腰部脊柱管狭窄症
脊椎すべり症
悪性腫瘍
化膿性脊椎炎

などとあります。

椎間板ヘルニアとか脊椎すべり症、悪性腫瘍の可能性もあるようですので、

ぎっくり腰になったら基本は病院へ行くべし!

なのです。

ただし後述しますが、病院へ行くのは痛みが落ち着いてからにするほうがいい。

下手に動くとヤバイです。

椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、、そんな恐ろしい腰の病に発展したらその先の人生が。。

ぎっくり腰になったこと無い方へ

実際にぎっくり腰になると痛すぎて病院へ自力で行くことはおろか、人に助けてもらっても移動出来ないものです。

痛すぎて寝返りもうてず動けるような状態ではないので病院へスグ行くのすら困難に思えます。

なので私は

ロキソニンを使って

わすかに痛みを抑えて

わずかに痛みが薄れた状態で

病院まで担いでいってもらう。

そういう使い方をしました。

それがギリギリです。

痛みの限界です。

出来る限り早くぎっくり腰を治療するため

  1. ぎっくり腰発生
  2. すぐに鎮痛剤(ロキソニン)を入手
  3. ロキソニン飲んで鎮静する
  4. 痛みが収まり次第病院へ

実際にこの痛みを体験すると、

早く治すにもこの順番がベストなのかなと思います。

そもそも病院なんて行けないレベルの痛さです。

会社来い!根性ないのか!オラ!

とか言う人は間違いなく地獄へ落ちます。

閻魔様が見てるはずです。

どうか、この痛みをお察しくださいませ。。

病院(整形外科へ行きました)

病院へ言って医師からちゃんとした対処法を聞きました。

西洋医学の範囲なんで

「安静」

これが答えです。

家でじっとしときや」と言われるだけ。。

病院なんて何もしてくれません。

ただ、病院ではコルセット貰えます。

同時に鎮痛剤ももらいます。

そのために激痛抱えて混雑した待合で死ぬ思いで待ち続けるだけです。

この病院で貰える鎮痛剤はロキソニンと同じようなものです。

ロキソニン飲んできたと伝えると、同じ成分の薬を処方して貰えます。

貰ったコルセットだけが気休めです。

病院へも行けない方へ

お気持ちお察しいたします。

想像するだけで可哀想で涙が出そうです。。

でも、病院行っても整骨院行っても今日中には痛みは取れません。

とりあえず自宅で安静が一番です。

鎮痛剤があるなら飲むのもいいでしょう。

しかし、

一時的に鎮痛剤で痛みを抑えてるだけでは治りにくいので、しばらくは病院でもらうようなコルセットを巻いて過ごすほうが良いそうです。どうしても病院へ行けない方は今後に備えてコルセットを常備しておくのもいいでしょう。

私はこの2014年のぎっくり腰以降、繰り返してるのでこういうのを買いました。

ぎっくり腰とその後の腰痛に「お医者さんのコルセット 」

生まれて初めてギックリ腰になり、初めてコルセットなるものを購入しました。
とにかくAmazonプライムで即日届くものを、という観点で選びました。

というレビューを見たので一応念のために買いました。

コルセットはスギ薬局とかにも売ってる場合があります。

家族がいる方は探してもらうといいでしょう。

そっちのほうが安いです。構造も同じっぽいし。。

ぎっくり腰が治る期間

いろんな体験談を見てますと、

  • 若い方で2〜3日で激痛は収まり、痛いけど動ける状態へ
  • 中高年40代以降では1週間動けないとか2〜3日で動けた

などの声が見受けられました。

自分は中高年なので

とりあえず1週間動けないの覚悟で

ロキソニン飲んで病院いって、

どうしても休めない仕事や抜けられない用事があればロキソニンを追加で飲んで対応。

というスタンスでぎっくり腰二日目を過ごしております。

原文は、ぎっくり腰発症2日目の日記です)

ちなみに

2014年の最初のぎっくり腰事件では

当日東京から来られたお客様のために天王寺から心斎橋の事務所まで車で行きました。

死ぬほど痛いけど、ロキソニンで誤魔化して行きました。

それが良くなかったのか?以降毎年ぎっくり腰になります。。(原因は不明です)

初めてのぎっくり腰はこんな感じでした

ロキソニンで痛みが薄れたので移動して歩いて(杖持って)、

しかし動かない方がいいです。

病院も整骨院も両方行きましたが

病院の待合で死ぬほど待たされて

「家で寝説いてね♪」と言われるだけです。。

行かなければよかった。。

結局、医者からしても何も出来ないので

基本は安静(横になったまま)がいいそうです。

薬だけくれます。

整骨院もただの気休めです。

整骨院行っても、寝転がって1時間無駄に時間取られるだけです。

痛い思いして無理していく必要はありません。

ぎっくり腰になられた方へ、

お痛み、お察し申し上げます。

お大事に。。

ロキソニンはあくまでも緊急の応急処置。

しかしそれはただの痛みを和らげる誤魔化しです。

痛みを和らげて動く行為は絶対にオススメはしません。

下手に動くとどうなるか?はまともな医者が書いたページにはちゃんと書いてます。「安静にしてなさい」と書いてます。危ないのでぎっくり腰になったら動かないことが大事です。

とりあえず緊急で痛み止めして近くに整骨院や整体師さんがあれば気力を振り絞って行ってみるのもいいと思います。行ってもその日には治りませんがアドバイスくらいは聞けます。

痛みを抑えるための行動や痛み止めを貰うことで今後の再発防止の予防程度にはなります。

ただし絶対に治りません。

追記:その後の経過を書いておきます。

1週間ほど寝たきりの生活が続きました。

翌日届いたコルセットを巻いても痛いものは痛いです。

4日後、痛みが収まってきたので近所の整骨院探して行ったけどスグには治らなかったです。

多少マシにもなりません。。やっぱ整骨院は行っても無駄だった。。

発症から1週間の間に、どうしても休めない仕事があったので一度だけコルセット巻いて泣きながら出向きました(笑)。

本当に泣きました。

人間は涙を流すと痛みを緩和できる潜在能力を持っていると聞きます。

なのでホンマに泣くしか無かった。。

発症後2週間ほど腰の曲げ方とか気をつけながら生活しました。

コルセットも冬なので苦にはならなかったですがやはり違和感はあります。

3週間ほどコルセットで守りつつ生活してサポートなしの生活になりました。

こういうのも近所で売ってるならそれを買うほうがいいです。

1000円位で売ってます。

1000円のも5000円のも個人的には同じようなものに感じます。

以下、

2016年4月27日 追記分

再発する悪夢編