美味しい水クリスタルガイザー48本を買い続ける理由(水道水との味の比較レベルでw)

我が家では飲料水をいつの頃からか「ミネラルウォーター」を買って飲むようになった。

大阪市内なので水道水を飲んでも問題ないところなのですが、何故か一度買ったミネラルウォーターを買い続けています。

その買い続けている水がこれ




クリスタルガイザー48本入り500ml

自宅でも仕事場でもこの1本500mlの水を飲んでいます。
最近知ったのですが楽天のほうが安いみたいです。。

いつからクリスタルガイザー買ってるのか?

ちょっと気になったので調べてみました。

画像が縦長なので縮小しておきます。

最初に買ったのは2015年8月2日

そこから直近の2018年1月11日の注文までに合計9回発注しています。

なので

48本 × 9回 = 合計432本

今まで500mlのクリスタルガイザーを合計432本買っていたんですね。

こういうのがわかるAmazon便利です。

なんでこういうことを調べたかというと

こんなのを目にしたんです。

クリスタルガイザーに発がん性があるってホント?

え、?水に発がん性物質なんてあるのか?

と何の恐怖も感じなかったのですが、

Googleでクリスタルガイザーって検索すると、

「クリスタルガイザー 発がん性」

とかいうのが検索候補に出たんですよ。。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

まあ、知恵袋見て一発解決です。

質問

ミネラルウォーターの「クリスタルカイザー」に発がん性があると一部で指摘されていますが、本当ですか ?

回答ベストアンサー

ミネラルウォーターに関しては、賛美派、アンチ派双方から意見が出ており、確実な事は
言えない所です。

クリスタルカイザーがどうこうではなく、ミネラルウォーター全般の問題として

1.ホルムアルデヒドなどが含有している商品がある(ごく微量ながら)
2.ヒ素などの重金属が含まれている商品がある(ごくごく微量ながら)

と言う事で、それをひっかけて発ガン性があるように語っている方がいる
と言う事です。欧米基準ではミネラルウォーターは成分を替えたり、殺菌
するなどの処置が原則禁止されており、そのまま飲めない水はミネラルウォーター
にあらずと言うことになっています。従って、地下水からこの種の成分が出てくる
訳ですが、人体に影響が出るレベルからは遙かに遠いのが現状です。

逆に水道水のトリハロメタンなども発ガン性が疑われており、どちらが確実に
安全とは一概に言えないのです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1027371520

発がん性とか聞くとビビりまくる年齢ではあるのですが、非常にわかりやすい知恵袋の回答に感謝です。

あれですわ、

発がん性とか言い出したらキリがない!

というやつですね。

クリスタルガイザーはここ3年飲み続けてますが、我が家では誰も健康に悪影響が出たとかは無いですね。

まあ、ヤマト運輸の配達を受け取った際に僕が腰を激しく痛めたくらいです。

腰弱い人は48本の箱を持つのは控えましょう

まあまあ重たいです。

こんな重たいものを部屋の前まで運んでくれる運送会社の配達員さん、本当に感謝です。

インターネットと運送屋さんあっての現代物流ですね、。

クリスタルガイザーは水源が数か所ある

クリスタルガイザーの水源については別途調べました。

どうも正規輸入品と並行輸入品で採水される水源が違うんですね。

水源はシャスタ水源とオランチャ水源がある。

そして水源によって硬度も違います。

  • シャスタ産クリスタルガイザーの硬度(1リットル当たり)   38mg/L
  • オランチャ産クリスタルガイザーの硬度(1リットル当たり)  67mg/L

Amazonやネット通販で価格が安いオランチャさんはやや高度が高いミネラルウォーターです。

シャスタ水源のクリスタルガイザーは青キャプで正規輸入品です。

バナジウムが含まれます。バナジウムは富士山から採れる天然水にも含まれることで有名です。

硬度 38mg/リットル

オランチャ水源のクリスタルガイザーは白キャップで並行輸入品です。

シャスタ水源と同じくメリカのカリフォルニア州北部にあるのですが、こちらで採水された水には微量なヒ素が検出されたことがあるそうです。

硬度 67mg/リットル

これが原因で発がん性があると言われたそうですが、上記知恵袋にあるとおり、人体への影響は考える必要はないレベルです。

正規品も通販でありますが、若干お値段が高めです。

※個人的には産地はどちらも本当は、、なんて思ってます。。

クリスタルガイザーのシャスタ、オランチャ水源、正規輸入品と並行輸入品の違いについて

クリスタルガイザー正規品(大塚食品)

さて、

そんなオランチャ産の安い方のクリスタルガイザーですが、なんで買い続けているかというと、、。

クリスタルカイザーは美味しい

水の味なんてわかるのか?

と言われると、正直僕はそんなにわからないです。

ウイスキーのバーボンとスコッチとジャパニーズとアイリッシュ、あとカナディアンくらいは利き酒できるレベルです。(ちょっと自慢)

ただし、舌はアホです。

若い頃に味の濃いものばかり好んでいたので水の味がわかるレベル、いわゆる「利き水」なんてことが出来るレベルではありません。

それでもこのクリスタルカイザーは美味しいと思います。

何と比べて美味しいのか?

このへんは生活してきた環境の影響が大きいです。

僕は兵庫県の尼崎市北部という水道水が非常に美味しいと有名なところで育ちました。

神戸に近いということもあり、湧き水で有名な神戸、淀川の上流からの水を水道に使う尼崎市。そういう環境だったので神戸方面の学校に通ったり、尼崎周辺で水分補給して育ったため、水の味はこのエリアの水道水の味が基準になります。

尼崎の浄水場から近かったこともあるのか美味しかったと記憶しています。水道水はその辺の公園でもいつもがぶ飲みして育ちました。

まずい水道水も知ってる

社会人になって、大阪府の江坂というところに配属された際、尼崎のスグお隣の大阪の街なのに、そこのエリアの水道水がクサイことクサイこと。。

どういうクサさか?というと

水道水を沸騰させ、インスタントコーヒーを入れる。

しかしそのコーヒーはどこかトイレの配管のサビのようなニオイがする。

トイレの配管のサビのニオイは知りませんが、そんな印象でした。

とにかくクサイ。

そして、このクサい臭いはおいしい水の兵庫県で育った自分にはキビシイものだったので、その後大阪市内で生活するようになっても、あのニオイにビビって水道水を飲まなくなる。

もちろん、お米を炊いたり、食事作るのに水道水使ってますが、濾過してない水道水はいつの頃からか、、成人してからは飲まなくなったように記憶しています。

で、何と比べてクリスタルカイザーは美味しいのか?

と言いますと、

一般家庭の浄水器で濾過した水道水より美味しい

この表現が自分には一番マッチします。

お米炊いたり、味噌汁作ったり、

炊事には水道水で十分なんです。

大阪市内でマンションの水道なので若干不安はありますが、メシ炊くくらいなら浄水器すら使わなくてもいい、そう感じています。

しかしですね、

普段からアクエリアスとかポカリスウェットなんかを飲んで水分補給していた僕の場合、年齢を重ねて40代になると、水分補給は水が一番!という状態になりました。

余計な糖分、よけいな味付け

そういうのが一切ない水が飲みたい

若い頃は好んで水を飲むことはなく、どちらかというと清涼飲料水しか飲まなかった自分

それが40代になると

ミネラルウォーター最高!

めちゃ美味い!

ゴクゴク飲める!行ける!

そう感じるようになりました。

水を飲むようになってから美味しい水を買うように

そんな自身の生活環境での飲料水との関係。

40代になったからはいろんなミネラルウォーターを買いました。

コンビニに売ってるもの全種類。

なんか有名でパッケージがオシャレなもの数種類。

お値段は安いものからそこそこ高めのものまで色んな種類を飲みました。

しかし、

ミネラルウォーターは全部同じ味に感じる

僕は水道水とミネラルウォーターの味の違いはわかったのですが、ミネラルウォーター同志の味の違いはわからないんです。

多少違うものもありますよ、フランスの硬水クリスタルガイザーの違いとか。

で、その僅かなミネラルウォーターの違いの中で僕はクリスタルガイザーの軽い飲み心地が好きになったようです。

大塚食品クリスタルガイザーより

http://www.crystalgeyser.jp/products/ingredient.html

日本人の味覚にあった おいしい軟水

クリスタルガイザーはくせのないまろやかな味が特長です。
ミネラルウォーターは、硬度によって「軟水」と「硬水」に分けられます。硬度とは水の中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表す指標です。岩波理化学辞典では、
178mg/L未満が軟水、178以上357mg/L未満が中間の水、357mg/L以上が硬水と分けられています。
クリスタルガイザーは軟水で、日本人にとってなじみやすい美味しさで渇きを癒します。

バナジウム含有

バナジウムは天然ミネラル成分です。身近な食品ではひじきやあさりなどに多く含まれています。
火山にみられる玄武岩層を長い年月をかけて通過したクリスタルガイザーにはこのバナジウムが含まれています。

低カリウム量

クリスタルガイザーはカリウムの量が少ないのも特長で、調乳などにも安心してお使いいただけます。

これは大塚食品が販売するクリスタルガイザーなのでシャスタ水源の採水による正規輸入品。

なので硬度は低め(だそう)です。

一方、Amazonで安く変える並行輸入品はこちらよりもやや硬度が高め(だそうです)。

僕はエビアンをゴクゴク飲めないんです。

たぶん、ミネラル多すぎる硬水が苦手なんです。

しかし、何も気にせずAmazonでいつも買ってるクリスタルガイザーはオランチャ水源のミネラルウォーターで、とても軽やかな水です。

硬すぎず柔らかすぎずといったところでしょうか。。

すごい浄水所の近くで育ったせいか、軟水が一番飲み心地がいいと感じるんです。

大阪だけかな?

日本人は軟水のほうが身体に合うとか聞きますが、個人的にはそんなの興味ないです。

ただただ、美味しい!と感じる水はこうやって調べてみると軟水に分類されている。

この事実から、

僕はクリスタルガイザー好きなんだわ、、。

となったっわけです。

あと、

ネットで買えるミネラルウォーターではこのクリスタルカイザーが1本あたりの価格は一番安いですよね。

価格が一番安いミネラルウォーターが一番美味しい

要は、あれですよ

ミネラルの含有率が高いものほど価格も高め。

でも僕の身体、舌には合わない。

水道水でもがぶ飲みできるけど、普段安心して気持ちよく飲める500mlを持ち歩きたい。

そうなると、出来るだけ低価格で500mlペットボトルに入った飲み物が欲しい。

現状、水以外の飲み物と比較してもこのクリスタルカイザーより安い500mlペットボトルの飲み物は他にない。

ということで、

最終的にはお財布に優しい!という理由でクリスタルカイザーをいつも持ち歩いています。

1本 48円ですよ!

500mlで1本48円はやはり安いです。

定期便で買わない理由

では、そんなにお気に入りのクリスタルカイザー、

定期便で買わない理由はなぜか?

これはね、

貧乏性だからです。

定期で買うのって「払えなくなったら怖い、、」という恐怖症があるので、毎回単品で注文しています。

あと、実際、我が家4人家族では36ヶ月で9回しか買ってないので、4ヶ月に1セット買えば間に合います。

なので、2ヶ月ペースで無くなるようなら定期便で買うほうがお得です。

(今は定期便なくなってますね)

でも、一番安い500mlの飲み物としてのポジションは変わりません。

コスパ最強ドリンクです!

Amazonプライムならではの安さなんですね。