白州の価格が高額すぎて買えない「ジャパニーズウイスキー価格高騰事件2018」メモ




お気に入りのウイスキーはジャパニーズウイスキー

サントリーの角瓶とか好んで飲んでます。

しかしながら、

同じウイスキーでも「いいことあったとき用」に、

1本くらいいいもの置いておこうと用意してるのがシングルモルトウイスキーです。

特にお気に入りはサントリーの白州

独特のピート香が大好きです。

さあ、そろそろ買い足さないとなくなりそう。。

と楽天をチェックしてみると

4月に買ったときは1本6000円

2ヶ月ほど前は頑張れば買えるな、、

という価格だったのに。。

そろそろ無くなりそうなので

急ぎで買おうと思ったら

エライ値上がりしてたのがこの価格。

2018年6月13日の最安価格 13,000円

2ヶ月前と比較して値上がり率200%以上!!!

2倍以上の値段に跳ね上がってるので買えません。。

12年は更に高額取引が

12年や18年はさらにエライことになってます。

中国人の買いあさりが原因

中国人バイヤーなどが買い漁って品薄状態になってるそうです。

迷惑なものですね。

最近またGショックも一部モデルが激しく高騰してるんですよね。。

時代はめぐり、30年前を彷彿とさせる出来事です。

これとか、定価の○倍ですからね。。

CASIO渾身のニューモデル。

2018年、初代モデルDW-5000Cの発売から35年の時を経て、「外装の進化」「構造の進化」「モジュールの進化」をコンセプトに、フルメタル化を実現

スピードDW5xシリーズのフルメタルバージョン(スクリューバック)

マーケットプライスって困りものです。。

白州は値下げされれるまでお預けに

残り少ないけど、変に高騰した価格で買いたくない。

仕方ないので

当面はテネシー飲んでおきます。。

速くマーケットが落ち着いてほしいな。

アメリカンウイスキーは若干値下がり中です。

3月に2920円だったのが6月には値下がりしてる。

今はアメリカンウイスキーがお得!!

マーケットに左右されながらも安い方で嗜む

これが大人の選択。