断舎離する理由~売れそうなものは売れるうちに処分しないと大変なことに

自分自身で考えが変わったり、すぐに行動が停止したり

そんな傾向があるので、ここでは私が断捨離する理由を書き残しておきます。

 

断舎離しながら最終的には持ち家も手放そうかといろいろ調べています。
【持ち家が売れない】もうすぐ売れなくなる上に売却で500万円も損をするの?3つの事例で見る不動産査定術

 

スポンサーリンク

50歳から断捨離する理由

世間では40代から断捨離を開始するのが一般的なようです。

我が家ではやや遅れてる感じはするものの、断捨離する理由は以下のとおり。

 

  • 家が散らかっていると貧乏になるは本当だから
  • 無駄なものが多く部屋が汚い
  • 老後への不安
  • 親の生活習慣で子供に悪影響
  • 売れそうなものは売れるうちに売る

 

だいたいこんな理由です。

 

まず、一番の理由

家が散らかっていると貧乏になる

これ、本当だと思う。

うち、今現在、本当に経済的にピンチになってますから。

自営業なので過去にも何度もピンチになってます。

その都度、物売ったりして切り抜けてました(笑)。

 

結果、家が片付く

そして売上好転

また余裕出る

無駄にモノ買う。

 

という悪循環がありましたが、今回は年齢的にも限界を感じているので本気で断捨離です。

もう必要なもの意外は買いたくない。

これは何年も前から本心で思っていること。

散らかってる家から福はさる。

 

我が家の場合は経験上間違いない。

 

無駄なものが多く家が汚い

ここ10年ほどでしょうか?

なんでも物が安くて、「買えばいいやん」的な行動が多かった。

買わなくても代用できるものがあるのに物が安いから買う。

しかし、そんな無駄買い物を長年続けた結果、物を捨てるにもお金が必要という地獄に陥る。

大型ゴミとかに該当すると引取業者呼ぶのにゴミチケットが必要ですからね、

ゴミを捨てるにもお金は出ていく。

これが原因で捨てれなくなる→悪循環

 

老後への不安

ゴミを出すにもお金がかかります。

老後というか、50代、60代になるとさらに使えるお金に余裕はなくなる。

親族の病気や自分たちの健康上の理由でお金は自由がききにくくなる。

これを最近実感し始めたので、余裕があるうちに処分できるモノは処分。

 

物を処分するにも時間とお金がかかるから、せめてもの元気な50代前半で済ませておきたいと思ってます。

 

子供に悪影響で始めた

高校生と中学生の子どもたち。

親がそんな無駄遣いしてモノ増やす生活パターンをもっていたせいで、彼らも無駄遣いをする傾向がある、

これはイカン

 

子どもたちはこんなバカ親みたいな大人になってほしくない。

と本気で思えたので改善する。

 

売れるものは売れるうちに売るべし

リサイクル事業者が多い時代。

 

ものはいくらでも売れる。

 

そう思っていられるのは今のうちじゃないかな?

 

あまりにも物の価値が下がれば買取業者も毛糸れないものが増えるだけ。

 

現にハードオフとか最近、買い取りしんどいような話を聴くし。。

ということは我が家の余り物たちも、ハードオフで買取対象のものがあれば早めに処分せねば。。

 

買い取りしてもらえないものは大型ゴミでゴミチケット(有料)での処分となり大幅な赤字になる。

 

最近そんな不安に駆られるほど、お金に対してシビアに考えられるようになった。

 

売れるうちに売る。

ヤフオクへ出せるものなら出して早く流通させる。

 

こういう行動を早く進めたいので妻や子どもたちにも協力してもらってます。

僕はヤフオク派

娘はメルカリ

 

不思議と娘が大活躍してくれてるので助かります。

メルカリって売れるのめちゃ早い

 

てか娘すごい。

 

子供はいずれ自立していなくなります。

 

なので手伝ってもらえるうちに断捨離進めるのもいい機会なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました