ハイセンス55インチ液晶テレビ 55U7Fを1人で搬入して設置する~無線LAN化して4K画質や音質のレビュー

テレビを買い替えました。

ハイセンスという中国製の液晶テレビで

日本の山善という会社が販売してる

 

低価格の中では画質が良いと人気のモデルです

型番は55U7F

最上モデルはULED液晶の55U8F、

55インチの一番安いモデルがこの55U7Fです。

スポンサーリンク

55U7Fを選んだ理由

今回テレビを買い換えるにあたって

Amazonのタイムセールでアイリスオーヤマの55インチテレビが5万円前後で売ってた。

 

それを見て、

「うちも、そろそろ4Kにしないとな、、」

となり、

 

※これ見てほしくなった

 

飛びつき買いしそうになったけど

一旦落ち着いて

いろいろAmazonレビュー読んで判断して

 

最終的にこのハイセンスという中華ブランド?

このモデルを選びました。

実質9万円弱の値段になり、

当初の5万円予算を大幅に超えましたが、

 

このモデルを選んだ主な理由は

  • 低価格4Kテレビの中では画質がいい
  • 音質も調整幅がそこそこある(イコライザー)
  • スピーカーのワット数が左右10W以上
  • フルHDを4Kにアップコンバート

と後付でサウンドバーとかアンプつないだりせずに

高画質で4K動画見れるかな、

と思ったのでこれを選びました。

 

YouTubeの4K動画がめちゃ美しいです

 

 

他の安いモデルは無駄にTVチューナーが3つついてたり

時代遅れなテレビ放送重視の機能が強め。

 

こちらのモデルはNetflix、AmazonPrimeVideo、Hulu、YouTube

といったVODが付属のリモコンでワンボタンで見れる便利なモデルなので

使用目的に合致して丁度いいと思った。

 

4Kチューナー2個内蔵で十分です。

同時録画対応です。

我が家の大型テレビ使用目的

 

  • テレビはほぼ見ない(朝のニュースくらい)
  • テレビ録画することは無い
  • YouTubeで4K視聴
  • Netflixで4K視聴
  • Hulu視聴
  • Amazon Prime Video視聴

というほぼVODで視聴が使用目的なので

TVチューナーは1個でもOKなくらい。

 

 

背面端子も必要なものが揃ってる

 

 

画質は良い

商品説明にもありますが、この価格帯で東芝共同開発の画像処理エンジン搭載。

この価格帯で2K画質も4Kへアップコンバートするのはこのモデルくらい。

フルHDのテレビ放送もめちゃくちゃキレイになります。

 

東芝映像ソリューションとの共同開発による、さらに進化した「NEOエンジン2020」搭載。 3840×2160画素/829万画素、極上の4K画質。2K信号の映像も4K画質にアップコンバートして、いつもの番組もより美しく。

 

 

マンションは4K非対応

あと、マンションが4K対応アンテナが無いマンションなので(1998年築)地デジの4KやCSBSの4K放送を受信することが出来ない建物です。テレビ放送の4KはJCOM契約しないと見れない状況なので、将来JCOM契約することを想定してもこのモデルで十分かなと思います。

 

2010年以前の新築マンションは4Kアンテナが付けられない場合が多いみたいです。数千万円レベルの工事費をかけてアンテナ引き回す工事をするという議決が必要で、マンション理事会でその議決とって工事申請するという流れにはなかなか進みにくいのが現実でしょう。

 

うちはネットでVODの4K動画見るんで問題なし。

というかYouTubeで無料の4K動画みれるし、2021年時点ではクオリティ高すぎな無料4K動画が大量にアップされてるので画質チェックでも楽しめるくらいです。

 

設置とリサイクルについて

さて、こんな55インチテレビですが

Amazonでは設置代行まで付属して注文できるようになってます。

しかも1,870円出すだけ

と非常に低価格です。

 

なので、女性の場合は設置を頼むといいと思います。

古いテレビのリサイクルは設置業者が来た際に現金で別途リサイクル料3,800円ほど支払う必要があります。

でもこのリサイクル料払うだけで持っていってもらうのって、非常にお得でコスパいいです。

僕は自分でリサイクル料払ってリサイクルセンターへ持ち込んだけど、死ぬほどダルいんで^^;

 

自分でリサイクルする方は参考までに以下の地獄絵図を^^;

壊れたテレビをリサイクル券買って持ち込んでみたブログ

【大阪】壊れたテレビをリサイクル券の発行して持ち込み処分する方法~大型テレビを回収業者ではなく自分で処分する
55インチの大型液晶テレビと32インチの大型液晶テレビが壊れたまま自宅にあります。 この2台を処分します。 料金は1台につき2,970円でした。 (16インチ以上は大型テ...

 

テレビのリサイクルは

ほんと、業者さんに任せたほうが得ですよ^^

 

 

で、

うちは今回、古いテレビはハードオフへ持ち込んで処分しました。

 

なので、

 

単純に

買ったテレビを1人で搬入して設置できる状況となり

 

頑張って設置してみた

 

55インチ液晶テレビを1人で設置

Amazonで注文して

翌日に届いた巨大な荷物w

 

 

 

我が家にはサブウーファーの防音対策として導入した重量物移動用の小さいキャスター付きの荷台があるので、それを使った。

サブウーファーの防音対策と移動式キャスター

サブウーファーの手軽な防音対策!床下振動や壁伝いの近所迷惑とお別れ♪壁から離す移動式という選択肢
愛用して売るサブウーファー。ヤマハのSW300というもの。 音楽鑑賞用のサブウーファーですが、メインスピーカーが13センチユニットなので低音弱い感じです。 メインスピーカーとウーファーの音をクロスオーバーさせる際、サブウーファー...

 

 

さて、リビングまで移動したけど

 

52歳、腰痛持ち

たいした腕力もないジジイが

どうやってこの箱から

薄くて割れやすい

液晶テレビを取り出すか?

 

それが問題です。

 

 

まず箱に入れたままの状態で

テーブルの上に置きました。

テーブルはあらかじめ掃除しておいた。

 

 

 

箱の上下をよく確認して

箱の上部から箱を開け

本体を覗き見る

 

 

 

手前にある発泡スチロールを引っこ抜き

液晶画面側ではなく、

テレビの背面に手を差し伸べる

 

 

液晶画面側にはダンボールと発泡スチロールで

丁寧な保護が施されています。

しかし、55インチサイズで非常に割れやすいはずです。

 

なので液晶画面には絶対に触れない

 

という強い意志をもって

本体を裏側から持ち上げ

 

テレビ本体を

箱から引っこ抜きます

 

 

 

テレビ本体を引っこ抜いたら

すぐに箱の上にのせます。

 

テレビ本体の重さは14Kgほどです。

なんとか両手で持ち上げ

箱の上へ移動。

 

箱の上にのせたらすぐに

最初にひっこぬいた発泡スチロールを箱の中へ戻す

 

 

 

箱の中に発泡スチロールを戻したので

箱自体がいい感じの作業台へと早変わり

 

あとは付属の脚を取り付けていきます。

これが脚とりつけ穴

 

付属の脚は樹脂製の軽量タイプ

でも強度はしっかりしてます。

 

 

脚取付が完了するまで

液晶画面の保護シールははがさない

 

 

付属の取り付けネジで

脚をとりつけていきます

 

 

ネジ4本でとめるだけ

プラスドライバー1本で完成です。

 

 

本体裏面

本体裏面にジョイスティックがあります。

ここで電源ONOFFできて

音量の上げ下げも可能。

 

基本操作はリモコンです。

なので、ここは使うことは無い。

 

 

背面端子

付属の端子は先に書いてある

商品説明画像のとおりです。

 

 

VESA対応

壁掛けやTVスタンドに設置するためのVESA対応です。

 

このあと、TVスタンドが届くので

TVスタンドへの設置はこの作業の後行います。

 

 

この作業台があるので

TVスタンドへの設置も楽にできました

 

 

 

電源ケーブルはこちらから

メガネタイプのものです

 

 

脚を取り付け完了

 

元箱が作業台として大活躍します。

このあと、TVスタンドが届くのですが、

この作業台(元箱)があってとても助かります。

 

 

動作確認

Bcasカードは付属してません。

BcasAという内蔵タイプになってるので、

一昔前のテレビみたいなカードは不要です。

 

 

アンテナを差し込み

有線LANケーブルを繋げば

あとは電源ケーブルを繋ぐだけ

これでケーブル類の接続は完了です。

 

 

無線LAN化する

テレビの設置場所とインターネットのルーターの位置って

けっこう遠かったりしますよね。

 

テレビ本体は無線LANは付属してませんが

有線LANの差し込み口はあります。

 

なので、

これを使う

 

 

これはTP-linkの無線LAN子機ですが

有線のケーブル差込口がついたモデルなので

液晶テレビやアップルMusic対応のオーディオ機器なんかの有線LANを無線化するのに役立ちます。

 

つなぎ方のイメージを参考程度に

有線LAN機器を無線化するTP-link RE200のレビュー

有線LAN機器を無線化するWi-Fi中継機TP-Link RE200でネットワークプレーヤーを5GHzでつなぐ
音楽を聴く際、 音源はずっとApple Musicを聴いているのですが、 iTunesをAirPlayで再生する際、ずっと愛用しているネットワークプレーヤーYAMAHA CD-N301が有線LANで接続し...

 

 

以上で

本体取り出しと

アンテナ、ネット接続

電源ONの準備が完了です。

 

画質チェック

電源ONすると画面に指示が出ます

 

アンテナ繋いで

 

 

チャンネルサーチして

 

ネットにつながってたらOK

 

ネットはあとでも設定できますよ。

 

 

 

早速YouTubeで4K画質をチェック

このへんの画像見るとわかります。

 

 

 

このテレビ

価格のわりに画質いいかも!!

10万円未満で買える4Kテレビで

2Kから4Kへアップコンバートがついてるからキレイ

 

 

 

おまけ

Netflixの一番安いプランだと画質がSD画質(480P)となります。

フルHDプランならまだしも、480Pってかなり画質荒いです。

 

しかし、このテレビ

アップコンバート機能ついてるからか?

SD画質のNetflixが

フルHDのアップコンバート後の画質みたいに

えらい綺麗になる

なんか、得した気分

Netflixの月額最安プランで良い画質で見れるのでいいかんじです(笑)

 

 

音質は?

音質は全般的に高音よりです。

でも、低音もそこそこ出る。

イコライザーで調整できる最低周波数は150Hzです。

なので、低音強めることも出来ますが、

低音強くすると普段の音声(人の声)が聞き取りにくくなるので

やはり、スタンダードでやや低音強め設定くらいが一番リアルな音に近いかなと思う。

 

3万円程度のサウンドバーなどと比較すると、こちらのほうがずいぶん人の声は聞きやすいはずです。

サウンドバーは基本的に低音寄りなので人の声は聞き取りにくい。

テレビの純正スピーカーは5センチユニットとかを使うことが多く、基本的に人の声が聞き取りやすい設計になっています。

 

なので、NetflixやHuluなどでドラマや海外ものの作品を見る限り

人の声メインで聴くことが多いため音質は問題無しと言えます。

 

まとめ

10万円未満で買える55インチ4K液晶テレビでは部類のアップコンバート機能を搭載。

自動的にSD画質ですらハイビジョンレベルまで画質がアップしてる。

4K非対応マンションでもインターネット接続でYouTubeなどの4Kを思う存分楽しめます。

 

Amazonレビューでは

運搬時に液晶画面割れたとか、画質悪いとか書き込みがありますが

そもそも、書き込んでる人のマンションの構造やアンテナ契約も不明

なにの映像を持ってレビューしてるのかも不明です。

 

先に上げたヨーロッパなどの4K映像(YouTube)でチェックしてみてください。

高精細な映像を低価格ながらも忠実に再現するこの画面はなかなか素晴らしいのではないでしょうか。

 

ひとつ不満があるのは

リモコンの反応遅い。

電源ON 4秒くらいかかる

これが気に入らない。

(3日ほど使って最近慣れてきたけどw)

 

そういう面もありますが

 

個人的には

コスパの良いとてもいいテレビだったので良かったです。

星4つあげる

 

 

4K動画もフルHDもめちゃキレイです

 

【55V型 BS/CS4Kチューナー内蔵液晶テレビ】 東芝映像ソリューションとの共同開発による、さらに進化した「NEOエンジン2020」搭載。 3840×2160画素/829万画素、極上の4K画質。2K信号の映像も4K画質にアップコンバートして、いつもの番組もより美しく。 BS/CS 4K高画質処理、地デジ高画質処理、「2画面機能」「画面静止画機能」「ゲームモード」搭載。 高精度信号処理、高精細ノイズ処理、エリア別高精細復元、テクスチャー復元。 【SMART TV】 Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/hulu/Abema TV/U-NEXT/スカパー! on demand/DMM.com/acTVila/ひかりTV 4K/TSUTAYA TV/Dtv 【HDR対応】 ハイダイナミックレンジ規格対応で、明暗部の輝度情報が拡大、より現実の明るさの世界へ。 そしてHDR10のみならず、HLGにも対応しています。 【バックライトブーストフィルム】 バックライト光を効率的に取り出して輝度アップ。