acer Swift5 SF515-51T-H58Y/B分解バッテリー交換用メモ(互換バッテリーと純正バッテリー型番)

acer Swift5 SF515-51T-H58Y/B

こちらのバッテリー交換に向けた裏蓋はずし方の備忘録です。

スポンサーリンク

acer Swift5 SF515-51T 裏蓋はずし方

ネジが12本あります。

ネジはトルクスネジなのでトルクスドライバーが必要です。

必要な工具

トルクスドライバー

T5 × 40

これですべてのネジがはずせます。

 

ネジ止め12箇所

ネジは12箇所です

緩み防止剤がついてる箇所もあるので少し押し込みながらネジを回さないとすぐに舐めます。

舐めると終わりなので要注意

 

 

バッテリー交換する際は

こちらのバッテリー リセットボタンを4秒長押し

が必要とのこと。

 

2017年~の手持ちの

acerノートパソコンでは

このリセット穴があるモデルが多いです。

 

 

ネジは12本すべて同じ長さでした

 

裏蓋のツメ

素人作業で一番困るのがこの裏蓋のツメはずし

 

ツメの位置、大きさは不明ですが数十箇所のツメでフタが閉まってます

 

12本のネジをはずしたら

 

指の爪をこのあたり(液晶と本体の境目辺り)

に突っ込んで一部のツメをバキバキっと外します。

 

あとは少しずつ、ツメをはずしていく

指を突っ込んでパキパキさせていく感じです。

最終、パソコンの手前側が残っていくようなイメージで外せました。

 

裏蓋がとれたところ(中身底面から)

大きく黒い長方形のものがバッテリー

バッテリー交換の際はこれをはずして入れ替える作業となります。

 

バッテリー型番 AP1505L

 

 

 

 

交換用バッテリー

このあたりのモデルが純正タイプで互換バッテリー

 

 

 

 

 

 

バッテリー交換作業

バッテリーのコネクタ(赤枠)をはずす

(黒いテープを剥がして、コネクタを抜く)

 

大きなバッテリーをPC本体からはずして交換

交換後コネクタを差し込んで完了

 

メモリー増設はできない

基盤に固定されてるモデルなのでメモリー増設はできない

 

 

 

 

以上、

近い将来のバッテリー交換用に備忘録です