味仙カップラーメン矢場い辛さと旨さ「台湾ラーメン味仙」のインスタントラーメン本店監修が出たので食べた感想

いやあ、すごいインスタントラーメンがファミマに登場しましたよ。

朝からファミマに陳列されてたので早速買ってみた。

 

そして食べたので

作るところから一部始終を紹介します。

スポンサーリンク

味仙カップラーメンの作り方

お湯を入れて5分です。

 

味仙カップラーメン

 

 

中身は液体スープとかやく

 

麺は日清製粉が本気のときに使う製麺所で作られるタイプ(知らんけど)

 

かやくが本気度高い香り

このかやくの香り

袋開けた瞬間、そこは味仙の矢場店内のように香る。

 

矢場店しか行ったこと無いので。。

 

かやくを入れると

かなりの完成度を期待させるフリーズドライの具だくさん

 

お湯を丁寧に注ぐ

 

丁寧に注いだ

 

 

ニラの香りが「ふわっ」と広がります。

ヤバイです。

 

本物ですわこれ。。

 

ここからが大変

 

5分待つ

 

 

3分ラーメンしか食べない私には5分のラーメン制作は苦行です。

 

5分も待てるかぁ、、

とか思いながらも

しっかり待ちます。

 

待ち時間に「もみほぐし」

液体スープをもみほぐします。

 

この液体スープ

本店監修だけあって、すごいですよ。

これが大量にあればお店出せるレベルの濃縮味仙ダシです

 

5分経過

本当はまだ3分しか経ってないけど、、

ブログなんでバレへんやろ。。

 

濃厚「台湾ラーメンの素」を入れる

真っ赤でどす黒いやつです。

こういう感じなんですかね、

本当の味仙のタレも。。

 

出来上がり

 

見た目はアメリカン

見た目はアメリカンですよね。

 

ミンチの量、ネギ、ニラの量はインスタントラーメンにしては頑張ってるほうだと思いませんか?

けっこう香ってますよ。

 

さて、味見します。

 

味の感想

 

まだ3分しかたってないけど、、

 

腹の中で柔らかくなるやろ。。

いつもカップラーメンを食べるときと同じように味わった。

 

うん、美味しい

味仙の香りはする

しかし、

やはりどこかインスタントラーメンの「麺の味」が抜けきらない。

インスタントラーメンの味だ。

 

しかし、なんだこれ?

めちゃくちゃ美味しいぞ。。

大阪からわざわざ味仙まで行かなくてもこれで十分堪能できるレベルやな。。

 

うん、本店監修は伊達じゃない。

そこそこ味仙の味だわ。。

 

じゃあ、この

アメリカンぽいスープはどんなもんだ?

 

すすってみた

 

うん、美味しい。

 

実際の味仙のスープに例えると

 

 

アメリカンそのものです。

 

まあまあ辛いです。

 

韓国辛ラーメンと辛さ比較

韓国の辛ラーメンをからさ5とすれば

味仙カップラーメン本店監修の辛さは3

まあまあ辛いという感じ。

 

全汁難易度

ミスター全汁マン的に評価すると

辛ラーメンの全汁難易度を難易度5点満点中の3点とすると

味仙のカップラーメン全汁難易度は2点

そんなに困難ではないレベル。

辛さは良い感じで飲みやすいが、量がそこそこあるので胃袋容量足りてないときはしんどいかなという感じ。

 

カップラーメンの底面

 

含有成分

 

まとめ

とても美味しいカップラーメンです。

インスタントラーメンで名店の味を再現できている製品が少ない中、味仙のこのカップラーメンは完成度が10段階で4くらい。

以前出た味仙のカップラーメン(細長いカップのやつ)よりはさらにリアリティが増したが、どこかインスタント麺の香りが残る。

 

麺まで独自開発すればよりリアリティが上がるんだろうけど、詳しいことはわからない。

ただひとつ言えることは

 

大阪から名古屋まで食べに行くような味仙ファンにとっては、この商品を定番化して、常時販売してほしいと強く願うくらい、わりと味仙の台湾ラーメンに似たカップラーメンであることは間違いない。

 

しばらくカップラーメン生活が続くのでまた買いたいと思う。

中年男の一人暮らしは食だけが楽しみ。。

 

より本格的な味仙インスタントラーメンはこれ

お店で売ってるこっちのほうはマジで味仙の味なので

よりリアリティを求めるならこちらがおすすめです。

 

タイトルとURLをコピーしました